ZOZOTOWN新事業戦略,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

メジャーモール

ZOZOTOWN新事業戦略 独善的未来志向の日和り具合がガッカリな件 | BCラボ ブランドEC研究所

ZOZOARIGATOをきっかけにした大手ブランドの反旗は、事業収益自体の影響は軽微としても、株価はネガティブに反応しました。事業売上は伸びたが、営業利益は減益というあくまで自社内の事業構図が問題の決算において、新しいZOZOを印象付けさせるような方針転換に迫られる必要性とは。 ZOZOTOWN新事業戦略 を考察します。


ZOZOARIGATO triggered the anti-flag of a major brand, but the stock price reacted negatively, even though the impact of business profit itself was minor. Business sales increased, but operating profits declined, but the company’s business structure was just a matter of urgency. Let’s look at ZOZOTOWN’s new business strategy.





この10年で「服をネットで買う」という新たな消費動向を牽引・定着させ、圧倒的な「ファッションECモール」の地域を不動のものとしたZOZOTOWN。「ECで服が売れるハズがない」「試着もしないで売れるなんて眉唾、ファッションをわかっていない」という常識を見事に打ち破り、従来のファッションビジネスに対して「独善的」だけど「未来志向」な事業プランを貫いてきたからこその支持と成果だったはず。

事業売上的にはなんら影響もない一部の大手ブランドが撤退・非難したからといって、この10年を築き上げたビジョンを一転させる必要はあるのだろうか。しかも減益理由は、PB事業などの自社内構図の問題であって、チャレンジにおける負荷要因としては許容・想定範囲は存在したことと思われる。

そこまでしてZOZOTOWNが迫られた「変化」とは何なのでしょうか。終了・撤退事業と新事業プランを確認し、 今後のZOZOTOWNの姿を探ってみましょう。


In the last 10 years, ZOZOTOWN has driven and established a new consumer trend of “buying clothes online”, and has made the area of ​​the overwhelming “fashion EC mall” immovable. It breaks down the common sense that “I can’t sell clothes at EC” and “I don’t know fashion, I can’t sell without trying on” It must have been the support and achievements that came from sticking to the business plan.

Is it necessary to change the vision that has built up the last decade just because some major brands that have no impact on business sales have withdrawn or condemned? Moreover, the reason for the decrease in profits was the problem of the company’s internal composition, such as the private-brand business, and it seems that there were allowable and assumed ranges as load factors in the challenge.

So what is the “change” that ZOZOTOWN has been forced to do? Check the completed / withdrawn business and the new business plan, and explore the future of ZOZOTOWN.


ZOZOTOWN新事業戦略 を発表した「初減益」の決算内容

2019年4月25日公開「2019年3月期通期決算説明会資料」
売上高1184億円(前期比20.3%増)
商品取扱高3,231億円(前期比19.4%増)
営業利益256億円(同21.5%減)

やや強引な有料会員施策「ZOZOARIGATO」での離反も影響も結局は軽微でしかなく、売上も取扱高も伸びる始末。出店ブランドも1255から1245と、あの騒ぎの割に10ショップしか減っておらず、ファッションECモールとしての圧倒的な優位性は微動だにもしてないというのが結果である。

では何が20%以上のも営業利益を蝕んだのか。

ひとつはZOZOの独善性を象徴する「ARIGATO」施策の利用者数が想定よりも少なく、売上に対する割引原資の負担が大きくなったこと。施策により商品取扱高は25%前後の伸びを想定していたようだが、実際には20%を切っており、ブランドよりもユーザーの理解を得ることに失敗していたことを示している。だたしなんせ年間の有料会員だ。そうやすやすと年会費を払うユーザーが都合良く増えてくれるワケではない。想定が甘いと言わざるを得ない。

施策成果があまりに短期で短絡的である。それは未来志向である「PB事業」にも表面化され、計測精度はそのままに、Tシャツやらデニムやら挙句にスーツまでラインナップを広げたため、余計な販管費やら雑費やらが、修正毎に積み重なり、不評のテキストがウェブログに大量に残す始末に。結果、200億というアパレル事業としては空前絶後の売上計画は当然のごとく未達で、26.7億程度の結果ってあくまでも計画だからねと開き直る他ない散々たる状態に。でもザックリいっても30億ですよ。たった3ラインナップ程度の取り止めもないベーシックなデザインで。しかもあんなに悪評が蔓延したにも関わらず。

実際、PBのデニムがアイテムとしてはZOZOTOWN史上最も売れたアイテムであり、リピート率も通常商品の2.5倍だという。極めて可能性の高いアイテムであるハズだが、以前から計測スーツの配布はやめちゃおう、スーツ自体を無くしちゃうかもと、世間の風評か株価に操られるかのように指針はフラフラ。結局、自前のPBというよりは、人気ブランドにデータも可能性も開放しちゃう経過を見るに、「なぜにこうも日和るの?」と疑問を抱かずにはいられません。



In the end, the departure and impact of the somewhat brute-force paid membership policy “ZOZOARIGATO” were only minor, and both sales and transaction volume grew. The number of new store brands has decreased from 1255 to 1245, and only 10 shops have decreased in spite of the turmoil. The result is that the overwhelming superiority as a fashion e-commerce mall has not been insignificant.

So what eroded operating income by more than 20%?

One is that the number of users of the “ARIGATO” program, which symbolizes ZOZO’s self-righteousness, was smaller than expected, and the burden of discount resources on sales increased. It seems that the measures were expected to increase product transaction volume by around 25%, but it was actually less than 20%, indicating that it failed to gain users’ understanding over brands. However, it is a paid member for a year. It is not a reason that the number of users who pay the annual fee easily increases. I have to say that the assumption is sweet.

The outcomes of the measures are too short and short-circuited. It was also surfaced in the future-oriented “ PB business ”, and the lineup was expanded to suits such as T-shirts, denim, etc., while maintaining the measurement accuracy, so extra SG & A expenses and miscellaneous expenses piled up for each revision, unpopular After leaving a large amount of text in the weblog. As a result, the unprecedented sales plan of the apparel business of 20 billion has never been achieved, and the result of about 2.67 billion is a plan that can only be achieved. But it’s 3 billion even if it’s Zachri. With a basic design with no cancellation of only about 3 lineups. And despite the popularity of such bad reviews.

In fact, PB denim is the best-selling item in the history of ZOZOTOWN, and the repeat rate is 2.5 times that of regular items. Although it is an item with extremely high possibility, we will stop distributing measurement suits from before, and the guidelines will be fluctuated as if the suit itself was lost or if it was manipulated by public rumors or stock prices. In the end, rather than using your own private brand, you can’t help but ask the question, “Why are you so cool?”




ZOZOTOWN新事業戦略 ヤメること、変わること、始めること

・有料会員施策「ZOZO ARIGATO」はSAYONARAに

・おまかせ定期便は決算発表前から終了を告知

・PB事業をヤメちゃうとはいってないけど計画数値は17億程度から細々とね

・実際は、人気ブランドと組んで「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業化
 でも他社を巻き込んで無理強いは、また炎上しちゃうから計画は控えめに10億よ

・一度やからした中国に再進出アルよ。11月の独身の日に間に合わせて爆売れさせるから、株価急上昇の見通しアルね

・ツイッター再開しますけど、役員制度を導入したのでチェックしろよお前ら

・出店企業の自社ECのフルフィルメント支援サービス「Fulfillment by ZOZO」の導入

・自社EC支援サービスの運営手数料15%(自社ECで販売する商品の撮影、採寸、保管などのフルフィルメント業務にかかる手数料)を無料化。これでブランド支持も万全。
ただし「戦略的パートナー企業」に限るのでウチらで選ばせてもらうけど(多分)

・フィルフィメント導入出店社に限定して「ZOZO IDログイン」を開放
 決済、会員データなどの連携機能を自社ECサイトに導入できますよ。
 アマゾンログインペイメントのZOZO版ですが、あくまで限定先だけですあしからず。

ハイライトはZOZO IDログインなんですけど

待望のZOZO IDキタァーと、歓喜も一瞬で消沈しましたね、ガッカリですわマジで。だって「Fulfillment by ZOZO」導入した「戦略的パートナー企業」に限定ですよ。AmazonPayにようにアマゾンに出品していなくても導入できる太っ腹で文字通り開放的な施策ではないのですよ。どうせ大手サイトばかりでしょ、と思った通り、MARK STYLERの「RUNWAY channel」、ストライプインターナショナルの「STRIPE CLUB」、ラルフローレンの自社ECサイトなどの参加を表明。つまり「売れる商品でないと扱い気ナッシング」という宣言にも受け取れ、この施策が一体誰のためにどんなニーズを満たすためにリリースさせているのでしょう。

ZOZOは一体誰の顔色を見て事業プランを打ち立てているのでしょうかね。

ECで服は売れないという常識を打ち破ったのも、
その実績データをマトモに見ることもなく追い返された屈辱の日々も、
従来の商慣習の前に追放されたショールーミングアプリを無二のコーデ投稿アプリに成長させたのも、
全てはZOZOTOWNを利用し続けたユーザーがあってこそ。

服が売れない、店が潰れる、ファッション雑誌は効果がないと何十苦にも見舞われたファッション小売にあって、「服を買うユーザー」が集う場所であり、その期待に応える素地こそが最大評価と価値になっていたハズ。

ARIGATO施策も個人サイズオーダーも、ZOZOにしか成し得ない独善的で未来を感じさせてくれる「ZOZOらしい」従来の施策になんら違いはない。計画と見通しが甘かっただけだ。その価値が共有できない投資家ならウチの株は買わなくていいよ、とツィートするロックンロールな前澤節を期待する方が無理筋なんだろう。

あらゆる施策が、株価上昇の為だけのように思えてしまうほど稚拙で短絡的で短期収束してしまう様子を見るに、バッシング記事こそが「施策連発の本質」と納得してしまえるのは本当に残念でなりません。ARIGATOございました。


The long-awaited ZOZO ID kiter and delight were instantly disappointed, but it was disappointing. Because it is limited to “strategic partner companies” that introduced “Fulfillment by ZOZO”. It is not a bold and literally open measure that can be introduced even if it is not listed on Amazon like AmazonPay. As I thought, it was just a major site, so I announced the participation of MARK STYLER’s “RUNWAY channel”, Stripe International’s “STRIPE CLUB” and Ralph Lauren’s own EC site. In other words, we receive the declaration of “nothing is good unless it sells well”, and what exactly is this measure releasing for everyone and for what needs?

Who is ZOZO formulating a business plan based on his complexion?

Even breaking the common sense that clothes can not be sold at EC,
The days of humiliation that were turned away without seeing that performance data in Matomo,
The reason why the showrooming app that was expelled before the traditional business practice grew into a unique outfit posting app,
All because of the users who have continued to use ZOZOTOWN.

Clothes are not sold, stores are crushed, and fashion magazines have been hit by dozens of times when they are not effective. Has become value and value.

Both ARIGATO measures and individual size orders are no different from conventional “ZOZO-like” measures that can only be realized by ZOZO and give a sense of the future. The plans and prospects were just sweet. It would be more sensible to expect a rock-and-roll, Maezawa-bushi, tweeting that investors who cannot share their value should not buy their shares.

As you can see that all measures seem to be so childish, short-circuited and short-term that they seem to be just because of a rise in stock prices, it is really convinced that the bashing article is “ the essence of consecutive measures ” I’m sorry. Thank you ARIGATO.


BCラボ ソリューションラインナップ





Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 自社EC運営,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    自社EC運営 それはビジネスを決めるマーケティングであり経営でもある

    コロナによるECへの影響は、その利便性や社会性が、より多くの消費者に認…

  2. メディアビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    メディアビジネス DMPで実現するPV至上主義からの卒業

    PV数という数値は、雑誌でいえば発行部数でもあり、メディア査定には欠か…

  3. チャット接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    チャット接客 CVも満足度も引き上げる応対のポイント

    ふと思いついた疑問が即座に解消されるとわかれば、購入に関わる障壁は取り…

  4. 売れる商品画像,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    売れる商品画像 ブツ撮りを制するモノ、ECを制す

    白バック影イキな商品単体を写すシンプルなブツ撮り画像の価値が見直されて…

  5. Cookie規制,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    Cookie規制 リタゲから王座を奪う意外な伏兵、チャットコマース

    GDPRを象徴とする個人情報規制の流れは、Googleを筆頭にしたテッ…

  6. セカンドハンドマーケット,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    セカンドハンドマーケット C2Cで見直される新品市場活性化の源泉

    新品購入機会を奪う厄介者扱いの中古市場。実際のところ、中古品に市場価値…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 総合ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP