YouTube広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

アドテク

YouTube広告ならYouTuberよりも稼げるかもしれない説

芸能人・各種タレントの参入により、1億総YouTuber化も現地味を帯びる具合のYouTube事情ですが、稼げる条件が年々厳しくなる一方、成果を拡大させているのが、 YouTube広告 です。広告が稼ぐ為の投資として不可欠なら、これほどリターン性の高い投資も見当たりません。


これからの時代必要不可欠な動画広告、その中でも最も代表的なYouTube広告の運用方法についてご紹介します。



YouTube広告 運用の3ポイント

なんといって国内6,200万人が利用しているメディアですから、マーケティングとしても無視できるワケがありません。単純に2人に一人が利用しているのですから、「YouTubeなんて子供向けでしょ」なんて解釈は、もう前世代的であり、そもそも近視的で短絡的な思考は、マーケターには向いてません。

モバイルスクリーンにおける検索広告の主役をショッピング広告にしたように、Googleの力の入れ具合はYouTubeでも、ショッピングが主体になることが予想されます。

つまり、圧倒的利用者数を背景にしたマス広告的利用だけでなく、コンテンツ接触履歴や登録チャンネルなどから興味関心を類推する細分化された精度の高いターゲティングによる獲得成果を目的としてマーケティングエリアに昇華することを意味しています。

目的

認知=表示回数、視聴回数、リーチ数
検討=視聴率、再生時間
獲得=クリック数

ターゲティング

商品やサービスに関連するキーワードやURLなどから、それに関心があると推測されるユーザーをGoogleが抽出し、YouTube上で、広告配信を実施。
現在Google検索広告は、検索結果からの直接的な刈り取りよりも、その検索行動移行でのメディア上での接触頻度や精度向上を目的にしているようです。
広告精度を引き上げるには、Googleに学習させるデータが大量にあった方が優位ということでしょうか。検索広告での入札キーワードはその基礎となるのですね。

クリエイティブ

動画品質とかカメラスペックとはほぼ関係ありません。だって肝心のメインコンテンツたちのほとんどがスマホで撮影されているんですもの。このでいうクリエティブは目的に応じたコンテンツジャンルがあるよとうことです。

認知=実写=タレント起用=インパクト・情緒情景的表現
検討=アニメ=キャラ・イラスト=説明・具体性
獲得=スライド=情報品質の担保や権威

Vtuberを使ったランディングページ要素を延々と喋らせる動画広告もありますが、ターゲティング段階にある活用初期段階では、まずは圧倒的リーチ環境を利用したマス広告的ヘビロテ出現とインパクトビジュアルで、検索行動を誘発されることが成果の近道かと思われます。

誘発されたその検索クリックをGoogleは機械学習よろしく習得し、次のクリエイティブ接触者を選定するワケです。これによる対象ユーザーが常に入れ替わり、常にユーザー鮮度を保つこととなるのです。

6秒が導く絶大な認知効果 バンパー広告

意図せず閲覧や視聴を強制させられるのは嫌なものです。目的の動画閲覧前のスキップ不可広告など嫌がらせとしか思えません。つまり嫌われるために広告を出しているワケで、お金出して嫌われるなんてなんて罰なんでしょうか。

しかしながら、一定数の広告が動画内に存在することは、お気に入りのチャンネルクリエーター支援の意味でも「仕方なし」との理解もあり、広告の存在自体は決して否定的ではありません。よって、YouTube内の広告は存在する意味が認識され、視聴を邪魔しない、動画自体の価値を損なわない広告であれば、広告であっても好意的に受け入れられる次第です。そう、たった6秒のマイクロ広告「バンパー広告」が、マス広告効果を引き出すYouTube閲覧者に適した広告メニューなのです。


YouTube,TrueView広告,バンパー広告,動画広告市場,Googleショッピング広告,再生履歴,登録チャンネル,目的,ターゲティング,クリエイティブ,カスタムインテント,Google機械学習,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


では、効果事例です。

「3ヶ月間バンパー広告出した結果、インプレション総数は1,932万に上り、578万UUを獲得。モバイルとPCでの重複リーチは10%内に抑えられ無駄がなく、結果ウェブサイト経由の申込は前年の2倍に」

そんな素敵なバンパー広告っていくらかかるの?

「料金形態はCPMとなり、表示回数1,000回ごとに広告費を支払う課金方法です。表示回数は保証され、仮にCPMが500円で10万回表示された場合の広告費用は5万円となります。」

ターゲティング設定をしっかり行えば、特定ジャンルに興味があるユーザーへの認知や刷り込みにかける広告コストとしては極めてリスクが低くく、認知後の売上獲得に向けたCVコスト、とりわけCPA高騰を抑制が見込まれます。

いやーバンパーってほんといいものですね。それは下記サイトから事例をご覧くださいませ。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. fsコマースクリエーター,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    fsコマースクリエーター スマホECが捗り平均124.65%の成長に貢献

    EC構築プラットフォームとして存在感を示すフューチャーショップ。スマホ…

  2. オムニ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    オムニに躍起なレガシーアパレルもEC全力のZOZOもブランドランク50圏外という現実に向き合おう

    オムニ チャンネル化で存在感を発揮する大手アパレルの動きと、それに反旗…

  3. 逆風下のアフィリエイト,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    逆風下のアフィリエイト LINEアンケート施策の新規効果でお役目御免

    Google検索規制、YDN広告出稿規制など 逆風下のアフィリエイト …

  4. ファッションテック,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. GoogleShopping,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    GoogleShopping 全面刷新で広告強化よりもモール化が進んでしまう | BCラボ ブランド…

    「売り買いの場」が変化劇的のプレイヤーシフトなECにおいて、小売広告の…

  6. クリテオ,Criteo,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    アドテク

    リタゲの Criteo 脱Cookieなフルファネル戦略を知ってトライ

    これはシツコイわとウンザリする具合だった クリテオ のリタゲも、App…




人気記事

  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. 主要SNS関連データ,SNS利用状況,Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,若年層のSNSの活用法,商品の認知に関する調査,休日と平日のSNS利用の違い,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,
  2. Googleモバイル検索アップデート,ゼロクリック,ショッピング検索,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,
  3. PayPay,全国チェーン飲食店,吉牛,吉野家,松屋,全国6500店舗以上,#BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. LINE活用,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP