Yahoo!ショッピング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

メジャーモール

Yahoo!ショッピング 楽天やアマゾンと同格に扱うのはもう無理なの

ECモールの動向を語るに、楽天市場とアマゾンの2大メジャーは外せませんが、何の慣例か忖度か、流通総額でも売上高でもレベルが違う Yahoo!ショッピング を「同格に扱う」趣にはいささか無理があるというもの。ジャパンのEC市場は2大メジャーに実効支配されるといっても過言ではないのです。

EC業界専門のメディアポータルサイト「ECのミカタ」を運営するMIKATAは12月1日、ECのミカタリサーチ「EC通販消費者動向調査2020」の調査結果を発表した。

情報源: 直近1年で使ったECモールは「楽天市場」が73.7%、「Amazon」は72.3%、「Yahoo!ショッピング」は46.4% | ネットショップ担当者フォーラム



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


楽天とアマゾンで実効支配されているジャパンのEC市場

ソフトバンクとヤフーの方々だけですよ3大モールなどと言っているのは。2強他大勢ですよ実際のところは。

モールが抱える直近1年間での購入経験者割合

1位:楽天市場:73.7%
2位:アマゾン:72.3%
3位:Yahoo!ショッピング:46.4%
4位:ヨドバシ・ドット・コム:17.3%
5位:PayPayモール:13.5%

結果的に、ジャパンのECユーザーは、楽天市場とアマゾンを「都合良く使い分けている」といもいえ、その選択肢にYahoo!ショッピングは組み込まれていないということです。また専門性の高いモールの方が選択価値があるそうですが、ZOZOTOWNというファッション専門モールの「オイシイところ」を摘まんだPayPayモールの存在の薄さをからも、ソフトバンク運営が圧倒的に強みを発揮したのは、野球のホークスだけという2020年でした。

ECで購入するきっかけは何?

1位:検索エンジンで見つけて:41.8%
2位:日常的に消費するため:28.7%
3位:WEBメディアで見て:19.9%
4位:テレビで見て:19.2%
5位:実店舗で見つけて:17.0%
6位:WEB広告で見て:16.1%
7位:友人知人が商品を使っているのを見て:13.5%
8位:YouTubeで見て:12.0%

購買のトリガー、つまり「買う気スイッチ」がどこにあるかは、実は本人でも気がつかないケースもあり、365日24時間小売なECがスタンダードとなった今、消費者のタッチポイントは、4マスなどに限定された「過去のマーケティング活動」とは比べモノにならないほど複雑で多岐化しています。
EC運用業務におけるトリガー発動の「トラップ」はひとつで事足りることはないのですから。

ネットショッピングに利用するデバイスは?

モバイル
全体:59.4%
男性:55.1%
女性:63.7%

デスクトップ
全体:64.4%
男性:71.2%
女性:55.6%

タブレット
全体:11.3%
男性:12.8%
女性:9.9%

なんでしょうね、やはり長年使い慣れたデバイスでの操作の方が「信用に値」するのでしょうか、アンケート結果に納得するも、男子たるもの、己の大事な情報を打ち込むには、メカニカルな物理キーボードが必要なのですよ。ソフトキーボードの打ち間違いの多さは、指が大きいというより、もうね、目のね、ピントがね、合わないのだよ、そう老眼ですから。


調査概要
• 調査期間:2020年10月27日(火)~2020年10月29日(木)
• 調査対象者:全国の10代~60代以上の男女4800人。性別・年代(10歳刻み)による均等割付
• 調査手法:インターネット調査


モールでもケータイでも鉄壁不動の3位ながらも業界盟主ツラな厚顔さ

それでこそソフトバンク、後追いで3位のポジションを確立する過程でのサービス革命こそが本領であり、3位の座を獲得すれば、それまで非難していた業界ナンバーワンと笑顔で握手して談合まで繰り広げて、安定した利益確保の構図を業界盟主ツラで保つワケです。その時点でもう「用済み」なのですが、ポイント還元だけで消費者を誘引できるかと錯覚しているようなPayPayを見るに、「3番手だからこそできる攻めの革新的サービス」って、もう4番手の猛追があって本気出すような仕様であって、それこそ音量MAXでソフトバンクユーザーに叫んでいる次第です、「楽天モバァァァイルゥ」って。




GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 大型セール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    大型セール ECイベントの恩恵は大手モールだけ説を検証

    EC界では恒例となった11月の 大型セール ですが、12月の年末商戦と…

  2. チャットコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    チャットコマース ユーザー行動と心理にアプローチしEC標準化の道へ

    B2CのECマーケティングにおいて、ユーザーのサイト内行動分析を軸にし…

  3. スマホだけ民,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    モールも動画もシニアも あらゆるサービスを支える「 スマホだけ民 」

    メジャーモールも動画もシニア向けも、あらゆるサービスがスマホファースト…

  4. サブスクEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    サブスクEC 若年層で利用増加も大人世代から厳しい現状

    スマホが全世代共通した「欠かせないデバイス」となった今、サービスの利用…

  5. LINE活用,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE活用 勝ち組アカウントが必ずやってるOne to One配信を会得せよ

    「LINEは企業が本気で向き合うべきプラットフォームだ」という提唱の通…

  6. LINE利用調査,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE利用調査 公式アカウントをブロックする通知頻度

    一方的で画一的で無配慮な波状通知なメルマガまがいの運用ではアプリ価値さ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ピンタレスト,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. ファッション検索トレンド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. インフルエンサーマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
PAGE TOP