WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS,WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

自社サイト分析

【ECおまとめ定期便】WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS | BCラボ ブランドEC研究所

令和最初の開催となった WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS から気になる記事をピックアップします。この春もEC界隈でのツールやサービスの進化はめざましく、最適な投資が利益の最大化につながることを予見させます。注目すべきは、位置情報と人工知能と動画なんですね。


We pick up interesting articles from WEB & Digital Marketing EXPO Exhibitor TOPICS, which was the first event in Reiwa. This spring, the evolution of tools and services in the e-commerce area is remarkable, and foretells that optimal investment will lead to maximization of profits. Notable are location information, artificial intelligence, and videos.



WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS | 日比谷花壇がYextのクラウドプラットフォームを導入 Web上に存在する複数の店舗情報を一元管理

国内消費者において、利用される位置情報はGoogleマップやアップル地図程度かも知れませんが、訪日観光客までも視野にすると、そう単純な話ではありません。自力でバイドゥに検索登録できますか?正しい情報で掲載されているか確認できますか?ってコトです。

ツールベンダーとして提供価値は「プラットフォームを跨いだ情報品質の均一化」にあるとの主張ですが、こと事業社にとっての導入メリットは、更新の手間よりも、店舗集客にや役立つか否かであり、キャシュレス対応など店舗自体のアップデートが求めらえる今、その対応に投資したなら十分な見返りが必要なのです。
WeChatで支払いできるけど百度検索には登録してませんとうチグハグな具合では、リターンは不十分ですよ。


For domestic consumers, the location information used may be as much as Google Maps or Apple Maps, but this is not a simple story for tourists visiting Japan. Can I search and register for Baidu on my own? Can you confirm that it is posted with the correct information? What is it.

It is claimed that the value offered as a tool vendor lies in “uniform information quality across platforms”, but the merit of introducing a company is that it is more useful to attract customers to stores than to updating it. Now that the store itself needs to be updated, such as cashless support, investing in that support requires a good return.
If you can pay with WeChat but have not registered for Baidu Search, the return is not enough if you do not like it.


yext:https://www.yext.co.jp


日比谷花壇は、全国約90の小売店舗の営業時間や所在地などの情報を一元管理するツールとして、Yext(イエクスト)が提供する「Yext Knowledge Manager」を導入した。

WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS | AIアナリストについて株式会社WACUL(ワカル)さんに聞いてきた

AI/人工知能への期待と未来感と万能感も、日常的な接触具体が増えるたびにありがたみが薄れる次第ですが、実際のところ様々なサービスやツールにも「シレッと」と採用されているワケで、EC界隈においてもPDCAに必要な「分析」のほとんどはAIが行なっている方が合理的です。必死に開発した商品への思い入れや感情も全く意に介さず、CVに寄与するものだけを、忖度なしに提示してきます。

あくまでも機械的な分析なので、すでに在庫がないとかの「事情」は加味してくれませんが、現場の実情などは人的にフォローすることで、改善要素を見落とすことなく、リアルに事情にあったPDCAが回せるってワケです。

身近になってAIとはいえ、それ自体を開発することは容易ではありまえん。AI自体は学習するので、頻度やデータ量に応じて進化するので、「使われていないAIは利口なバカ」なので、導入サイトや実績がツール精度や価値の担保という基準でみても、AIアナリストは「自社ECサイトに導入すべきAI」のひとつに挙げなければなりません。


Expectations for AI / artificial intelligence, a sense of the future, and a sense of versatility also depend on everyday contact details increasing, but in reality, various services and tools are also used as “ Shireto ” Most of the “analysis” required for PDCA in the EC area is reasonably done by AI. We do not care at all about the feelings and emotions of the desperately developed products, and we will only show what contributes to CV without confusion.

Because it is a mechanical analysis, it does not take into account the fact that there is no stock already. It’s a good idea that you can turn PDCA.

It’s not easy to develop AI itself, even though it’s familiar. Since the AI ​​itself learns, it evolves according to the frequency and the amount of data.Since unused AI is smart, it is an AI analyst. The list must be listed as one of the “AIs to be introduced on your EC site”.


COREKAEA GROUP :https://corekara.co.jp
AIアナリスト / 株式会社WACUL:https://wacul-ai.com


AIアナリストはECだけではなくWebサイトを分析することができるツールなため、 コンバージョンをさせることが必要なWebサイトの運営をしている方にとっては欠かせないツールだと思いました。 弊社でも実際にAI分析を行うコンサルサービスでは利用していますが、 毎月、効果的な施策の提案が出てくるので、 提案までにかかる作業工数も大幅に削減できるようになりました!

WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社 TOPICS |新会社『visumo』がスタート 動画マーケティングをツールで支援

インスタが「画像共有」というタイムレスな軸から、ストーリーズによる「リアルタイム性」を機能としたことで、動画というコンテンツの重要性は確固たるものとなりました。これにより画像を中心としていたブランディングコンテンツは、動画という「撮影と編集」、いわば「手間と手間を重ねる緻密な作業」への時間とスキルによって構成される「贅沢な代物」となります。いわれる高コストなコンテンツですね。

撮影コンテ、演出、テロップ入れ、音楽、時間という枠内への取り込む編集作業は「スキルとセンス」こそが、クオリティの担保となるため、直接的な売上要因に分類されないブランドコンテンツへのコスト投資は敬遠されガチでした。

センスは効率化できませんが、ことウェブコンテンツは一定質を更新量で補うことができます、更新という経験値の積み重ねこそが、大事とも思われます。

その積み重ねがしやすいのがvisumoなんですね。

画像は顧客たちから収集・表示するUGCマーケティングとなり、世界観を表現するブランドコンテンツは動画へとシフトするのです。ブランドのキーコンテンツは、高い制作費や著名なスタッフクレジット、膨大な編集作業時間を経た高品質性よりも、「とりあえずやってみた」を積み重ねる数の方が、表現の場を席巻することでしょう。


The importance of the content of video has been firmened by the fact that Instagram has switched from the timeless axis of “image sharing” to the function of “real time” by Stories. As a result, branding content that has been centered on images will become a “luxurious substitute” that consists of the time and skills required for “shooting and editing,” which is a video, and “sophisticated work that involves time and effort.” It’s expensive content.

For editing work to be taken within the frame of shooting storyboard, production, telop insertion, music, time, “ skill and sense ” is the quality assurance, so cost investment in brand content that is not classified as a direct sales factor is She was shunned.

Sense cannot be made more efficient, but web content can compensate for a certain level of quality with the amount of updates. It seems that the accumulation of experience value of updating is important.

Visumo is easy to stack.

Images become UGC marketing that is collected and displayed from customers, and brand content that expresses the world view shifts to video. The key content of the brand is that the number of “ trying for the time being ” will dominate the expression field, rather than the high quality after high production costs, famous staff credits, and huge editing time .


visumo :https://visumo.asia


ecbeing社は、ecbeingが持つ国内eコマース市場の知見と新しいテクノロジーを組み合わせて、デジタル施策におけるビジュアル活用支援に特化した「株式会社visumo(ビジュモ)」を設立した。


BCラボ ソリューションラインナップ





Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. チャットコマース,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    ソーシャルコマース

    【ソリューション傑作選】チャットコマースを切り開く会話広告fanp

    「2019年のECリアルトレンド」でも掲げた チャットコマース 。LI…

  2. 変革の小売ビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    変革の小売ビジネス コマースに押し寄せたスリーウェーブのノリ方

    Amazonのコマース支配が、 変革の小売ビジネス を顕著化してゆく次…

  3. 自社EC決済,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    自社EC決済 導入すべきお支払い方法選手権

    経済産業省発表の電子商取引に関する市場調査によれば、クレジットカード決…

  4. メディアビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    メディアビジネス DMPで実現するPV至上主義からの卒業

    PV数という数値は、雑誌でいえば発行部数でもあり、メディア査定には欠か…

  5. クリテオ,Criteo,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    アドテク

    リタゲの Criteo 脱Cookieなフルファネル戦略を知ってトライ

    これはシツコイわとウンザリする具合だった クリテオ のリタゲも、App…

  6. Amazonマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    Amazonマーケティング 競争市場を勝ち抜くタフネスブランドに鍛える

    ECの覇者であり、小売の帝王となったAmazon。商品購入のためだけで…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 総合ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP