EC企業のSNS活用 、最多はInstagram。課題は「効果の実感がない」「運用人材不足」「ネタ不足」 | ネットショップ担当者フォーラム

EC企業のSNS活用,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

EC企業のSNS活用 | いつも.がEC事業を展開する企業に所属する205人に対して行ったSNS利用実態調査によると、過半数の企業が「今後SNSの取り組みを増やす」と考えている一方、51.9%が「効果を実感していない」と回答した。調査期間は2021年4月6日~4月21日。

情報源: EC企業のSNS活用、最多はInstagram。課題は「効果の実感がない」「運用人材不足」「ネタ不足」 | ネットショップ担当者フォーラム


調査実施概要
• 調査タイトル:「EC事業者のSNS活用状況調査」
• 調査方法:アンケート調査
• 調査期間:2021年4月6日(火)~2021年4月21日(水)
• 調査対象:いつも.のオンラインセミナー申込者・参加者205人


EC企業のSNS活用,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

たとえ効果がなくともやり続ける、それが EC企業のSNS活用 。でもお金を掛けずに持続可能なマーケティング活動だからこそ、犠牲も必要だったりします。

成果の可視化を数値として判断材料とするEC事業において、「自社サイトへの流入数は投稿数に比例する」という幻想をベースに行うマーケティング活動としては、金がなくとも効果が出るまでヤレる持久戦に持ち越せる唯一手段であるだけに、フォロワー獲得がアタマ打ちだろうが、ブロック率が3割に達しようが指したる問題ではありません。

認知獲得機会がSNS上にはないとは言いませんが、フォロワー規模のベースのほとんどは「SNS以外の他メディアで知り得た」ことが現実だったりしますので、投稿すればブランドを知ってもらえるという期待値が日々下落してゆくことへのネガティブ耐性の方がSNS運用の資質だったりします。

46%が効果が見えないというのは改善のしようもありますが、投稿ネタがないという46%には、「施しの手も満たされない」だろうことは想像に容易く、そもそものブランド活動を見直す必要がありますが、「お金をかけずにブランディング」などの魔術を知るには、それなりの講習費が掛かるという矛盾に苛まれるだけなので、自らの名を掲げたブランドを広めたいなら、それなりにプライベートまでもネタにする覚悟は必要というものです。



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,