二段階認証,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングトレンド

二段階認証 ソーシャルログインで利便と安全を両立も効果はユーザー次第 | BCラボ ブランドEC研究所

不正アクセスと情報漏えいが日常化した現在、アカウント乗っ取りや不正利用被害の実害も「今そこに確実に存在するリスク」ですが、リスクをゼロ化することは難しくとも、軽減することは実は誰にでも可能なのです。登録したID/PASSに加えて、もうひとつ本人認証プロセスを加える 二段階認証 の設定です。


Now that unauthorized access and information leakage have become commonplace, the actual harm of account hijacking and unauthorized use damage is “ the risk that definitely exists there ”, but it is difficult to zero the risk, but who can actually reduce it? But it is possible. In addition to the registered ID / PASS, this is a two-factor authentication setting that adds another authentication process.


日ごろ意識することなく利用しているアカウントは、個人に関わる様々な情報を保持しています。”認証=本人であることの確認”が正しく行われ、アカウントの不正利用を防止するためにも是非とも二段階認証を利用しましょう。未だ、二段階認証の設定をしていない方は是非、本記事を参考に設定してみてください。



二段階認証 の仕組み

代表的なプロセスとしては、
・ユーザー自身が登録したID/PASSでログインする
・ログインに応じて、登録番号のスマホのSMSに認証コードが送信され、
・その認証コードを入力する
という2プロセスを経て初めてログインし、サービスを利用することが可能となります。

ほとんどのソーシャルメディアアカウントやメジャーサービスでは、2段階認証の設定が用意されています。が、強制ではありません。セキュリティを強化する手段をサービス側が用意したとしても、それを行使するか否かは、ユーザー側に委ねられている、というのが現状です。


Typical processes include:
・ Log in with the ID / PASS registered by the user
・ In accordance with the login, the authentication code will be sent to the smartphone SMS of the registration number,
・ Enter the authentication code
After the two processes described above, you can log in and use the service for the first time.

Most social media accounts and major services have two-factor authentication settings. But it is not compulsory. At present, even if a service provides a means to enhance security, it is up to the user to decide whether or not to use it.


強固なセキュリィ利用となるソーシャルログイン

アプリを中心としたサービスでもゲームでも、その利用には、ユーザー登録とその都度のログインが必要となりますね。ログインによって「利用ユーザー」として認識され、利用レベルや履歴が継続され、場合によってサービスレベルがアップしたりするワケで、継続的な利用には、ログインという行為が必須なワケです。

ただ、星の数ほどあるサービスやゲームなどの利用に「その都度別々のログイン設定をして、それを記憶・記録しておく」というもの不便というか面倒で仕方ありません。

ファイスブックやツイッターなどのメジャーなソーシャルサービス自体が、ログイン情報となってくれれば、都度設定する必要もありません。フェイスブックを利用しているなら、ログインツールとしてフェイスブックが用意している認証プロセスやセキュリティ設定に従えばいいのです。

いわゆるソーシャルログインは、実装するサイトの事業者や利用するユーザーにとっても利便性が高く、安全性もあり、くわえてゆうならセキュリティ強化のための投資としては極めて軽微で済ませることとなります。ユーザー側からすれば、セキュリティコストはゼロといっていいでしょう。

ECという決済情報が紐づくべくなら、アマゾンや楽天などが提供するログインペイメントがセキュリティ強化にあたりますし、サービス提供サイトなら、フェイスブックやツイッターなどの登録アカウントでログインできるソーシャルログインが適切というワケです。

いずれにしても、セキュリティ強化を図るなら、自前で投資して開発して二段階認証プロセスを導入するよりも、遼に巨額投資と有能なエンジニアを抱えるメジャーサービスが提供するツールをサイトに実装して活用する判断の方が、セキュリィ意識としては有能ということです。

ただ、フェイスブックやLINEなどにおかれましては、不正アクセスや乗っ取りなどの事故に対する対応に不信感もあり、広告収益性の高い構造のソーシャルに関しては、不必要な個人情報や決済情報を登録する気も失せており、ことECに関しては、アマゾンと楽天のログインペイメントが実装も利用も劇的に拡大することを切に期待している次第ですので、認証のSMSを誤配信するようなお間抜けな事態は避けて頂かなければなりませんね楽天Payは。


Both application-based services and games require user registration and login each time. Recognition as a “user” by login, the usage level and history are continued, and the service level may be increased in some cases. For continuous use, the act of login is essential.

However, it is inconvenient or troublesome to use services and games with as many stars as “set up separate logins each time and remember and record them”.

If major social services such as Facebook and Twitter are used as login information, there is no need to set each time. If you use Facebook, follow the authentication process and security settings provided by Facebook as a login tool.

The so-called social login is very convenient and secure for the site operators and users of the site that implements it, and it will be an extremely negligible investment in enhancing security. From the user’s point of view, the security cost is zero.

If payment information is to be linked to EC, login payments provided by Amazon, Rakuten, etc. will enhance security, and if a service provider site, social login, which can log in with a registered account such as Facebook or Twitter, is appropriate.

In any case, if you want to enhance security, implement a tool provided by a major service with a huge investment and a talented engineer in Liao, rather than investing and developing it yourself and introducing a two-step verification process Judgment to use is more effective as a security consciousness.

However, Facebook and LINE, etc., have a distrust of responding to accidents such as unauthorized access and hijacking, and register unnecessary personal information and payment information for social advertising with a high profitable structure. As for EC, it is up to the expectation that Amazon and Rakuten’s login payment will dramatically expand implementation and use, so it is a goofy like mis-delivery of authentication SMS Things must be avoided, Rakuten Pay.





AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. アパレル市場,キャッシュレス社会,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    マーケティングトレンド

    スマホとおサイフは別よ キャッシュレス社会へのブレイクスルーは増税還元ポイント

    リアル店舗でのお支払い事情は依然として現金派が主流を占めているます、令…

  2. 緊急事態宣言,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    緊急事態宣言下での物流プライド 感染抑制と自粛を支える

    緊急事態宣言 によって、行動自粛が浸透し、各種デリバリー業務が社会生活…

  3. 転換率,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    転換率を引き上げろ 売上に貢献する3つの検索ユーザー体験とは

    ECサイトの売上は、「集客数」、「 転換率 」、「客単価」の3要素から…

  4. 急増するフィッシング詐欺,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    急増するフィッシング詐欺 ユーザー防衛策がメルマガに終止符を打つ

    不正アクセスによる情報漏洩にはそれなりの技術が伴いますが、 急増するフ…

  5. fsコマースクリエーター,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    fsコマースクリエーター スマホECが捗り平均124.65%の成長に貢献

    EC構築プラットフォームとして存在感を示すフューチャーショップ。スマホ…

  6. オムニ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    オムニに躍起なレガシーアパレルもEC全力のZOZOもブランドランク50圏外という現実に向き合おう

    オムニ チャンネル化で存在感を発揮する大手アパレルの動きと、それに反旗…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 送料コスト高騰,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP