サイト表示速度,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

自社サイト分析

Google表示速度測定ツール「TEST MY SITE」とその効果を考える | BCラボ ブランドEC研究所

業種問わず色々なサイトを「分析」して、その分析からどんな施策を打つべきかなどを模索しているワケですが、どんな効果が見込める施策を導入・実行したとしても成果が乏しいことがあります。理由は簡単でサイトの「基礎」がないがしろにされているからです。 サイト表示速度 ですね。


血糖値も脂肪分も高く体幹バンラスも崩れている初心者に、なんの準備もしないまま、いきなり高度なワザを練習させるコーチなど存在しませんね。
サイトの表示速度を知ることは、ある意味「基礎中の基礎」であり、どんな施策にも優先されるべき「診断」内容であるのです。


少し前に、某インテグレーターの方と話をした時に「Webサイトが速くて何の意味があるんですか?」という言葉を頂きました。この言葉を聞いて私はものすごく驚いたのですが、お客様にとってWebサイトは速いほうがいいに決まっていると思うのです。Webサイトのパフォーマンスが悪いとお客様は開発会社にクレームしますが、速いと喜ぶものです。少し古い情報ですが、米Amazon社が公表したデータでは表示速度が0.1秒遅れると、売り上げが1%減少するというデータも出ています。

情報源: 「営業ツールとしてのGoogle速度測定ツール「TEST MY SITE」とその効果を考える」 | Web担当者Forum



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


サイト表示速度 Googleのテストマイサイトで診断



ことモバイルファーストでマストな今、サイトの表示速度は通信環境という外部要因にも左右されますが、Google様が「遅い」というならそれは「遅い」のです。断じて「遅い」のです。
なにしろGoogle様が検索結果をお決めになるので、無論上位化にはGoogle様が「推奨に値する」サイトが優先されます。
つまりGoogle様が「遅い」とご判断されれば、それは致命的な欠陥と認識しなければなりません。

実は「遅い」判定ばかり

モバイルファーストインデックスとなり、Google様はPCサイトなんぞに興味はもっていません。ところが大概のサイトは「PCサイトのデザインをベースにモバイルサイトを作る」流れのため、実情的にはモバイルセカンドな次第です。

多く採用されるレスポンシブルもあくまでもPCサイトデザインをベースにした都合でしかありまえせん。
このため、テストマイサイトの診断結果は、大概のサイトで「オッセーヨ」とGoogle様憤怒な赤字で警告される始末。

またこの表示テストの基準速度は「3G環境」を前提にしています。よって自分のスマホで確かめてみても「表示が遅い」という実感に至ることはないでしょう。
もう一度言っておきます。

Google様が遅いといったら遅いんです。体感など関係ありません。実際のところ表示が早くても関係ないです。Goole様の判定が全てです。世界のあらゆる企業もサイトとなれば、Google様のご意見には「絶対服従」なのです。

言い換えれば、表示速度が早くなっても売上を劇的に改善することはありません。改善されるだろうことは売上ではなく検索順位になります。
表示スピード改善は、検索順位の上位化施策、つまりSEOに他なりません。

ただし、多くのサイトはSEOをないがしろにして見た目に走っているため、新規流入は増えず、広告打っても成果が乏しいという残念な結果になりやすいです。

見た目と結果を気にしているワリにメタボな体質なアスリート。
基礎から見直すべきサイト、多いですよ。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


BCLab.ソリューションラインナップ






この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. パルス消費行動,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティング用語大辞林

    パルス消費行動 見せてもらおうか衝動買いとの格の違いとやらを

    雑誌メディア持ち得たの最大の効力は、秀でた情報パッケージからの思いがけ…

  2. ProgressiveWebApp,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    ProgressiveWebApp  / PWA【知っトク?用語】 | BCラボブランドEC研究所

    大概のECアプリが「サイトブラウズしているだけ」という現状、サイト自体…

  3. 国内メジャーECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    国内メジャーECモール いまさら聞けないキホンの基

    国内メジャーECモール という括りに、アマゾン、楽天市場、ヤフーショ…

  4. Cookie規制,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    Cookie規制 リタゲから王座を奪う意外な伏兵、チャットコマース

    GDPRを象徴とする個人情報規制の流れは、Googleを筆頭にしたテッ…

  5. 新型コロナ危機,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    新型コロナ危機 非常時に見直すべき8つのEC戦略ポイント

    新型コロナ危機 によって、消費行動は大きな変化を強いられています。世…

  6. LINE公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 給付金10万円,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. EC対実店舗,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
PAGE TOP