IDマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

IDマーケティング データ規制時代で実現するパーソナライズへの架け橋

ウェブマーケティングにおけるマネタイズは、ユーザーデータの精度と活用を要因としていましたが、GDPRにはじまるデータ規制のトレンドによって、個人データは「承諾を前提」とした取得とその方法は「避けられないステップ」であり、 IDマーケティング の時代が幕を開けたのです。

変革の小売ビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

変革の小売ビジネス コマースに押し寄せたスリーウェーブのノリ方

Amazonのコマース支配が、 変革の小売ビジネス を顕著化してゆく次第ですが、その大きな波のすべてがAmazonを震源地とするものではありません。変革の波が外的要因であるのは、アナタのサイトもアマゾンも「同じ境遇」だったワケです。対応力こそがAmazonのポテンシャルなのです。

モバイル表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

モバイル表示速度 体感と判定を混同すると直帰率に泣かされる始末に | BCラボ ブランドEC研究所

モバイル表示速度 が検索結果に影響があることをGoogleが明言したことで、酷い遅延具合のサイトは減ったという印象です。ただ 閲覧数やPV増加などの要因でサイト速度は遅延化しやすく、「以下リピート」のような改善循環に陥るので、小手先よりも根本改善の方が最適解なのです。

インスタチェックアウト,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

インスタチェックアウトで加熱する ビジュアル衝動買いの背景と行方

圧倒的な待望感で開始されたインスタショップナウが「空砲のオーガニック」と残念感に包まれる最中に、アプリ内決済の インスタチェックアウト が登場します。ビジュアルコマース機能で先行するピンタレストに加え、グーグルも追走する模様。加熱する「画像からの衝動買い」の行先とは。

ソーシャルログイン,ソーシャルPLUS,LINE,Yahoo! JAPAN,Facebook,Twitter,Google,利用状況調査2019,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

ECサイトでのソーシャルログイン、利用率NO.1は納得のLINE | BCラボ ブランドEC研究所

様々な入力項目が必要となるECサイトにおいて、スマホ時代の会員登録は極力「手間を省く」ことが重要です。いつも使っているLINEのiDで利用できれば便利なのにというニーズが結果にコミットしたのが ソーシャルログイン であり、LINEでログインがECサイトでも有効ってことです。