Yahoo!ショッピング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

Yahoo!ショッピング 楽天やアマゾンと同格に扱うのはもう無理なの

ECモールの動向を語るに、楽天市場とアマゾンの2大メジャーは外せませんが、何の慣例か忖度か、流通総額でも売上高でもレベルが違う Yahoo!ショッピング を「同格に扱う」趣にはいささか無理があるというもの。ジャパンのEC市場は2大メジャーに実効支配されるといっても過言ではないのです。

ブランドECの可能性,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

ブランドECの可能性 メジャーモールを選択しない消費者心理に迫る

ユーザーの大半はモール利用者であり、 ブランドECの可能性 は3割程度のユーザーを大中小でひしめき合うという構図にあります。その選択時自体が「有難くも希有な存在」なのですが、なかでもロイヤルティを醸成せよというLTV向上は、年末ジャンボと万馬券のコンボ並の奇跡と判って頂きたい。

総合ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

総合ECモール アフターコロナのECシーンはトップ2の実効支配へ

コロナ禍の外出行動自粛による影響は、ECにおける利用増加という結果を導きましたが、その恩恵の多くは、 総合ECモール のアマゾンと楽天市場の2つに注がれた感があります。限りある資本の有効活用先として、出店強化すべきモールと撤退検討すべきモールに2分されたとも言えるでしょう。

メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

メジャーモール 出店数におけるファッション通信簿

消費税増税の際もその恩恵は メジャーモール に集約された感がありますが、その総合性において、どこからの分野だけ苦手とか収益化が悪いなどの偏りは解消に努めるハズですが、どうやらことファッション商材に関しては、完成に左右されるだけあって、巨大モールの最大公倍数的なエッジの効かない施策は、成果に乏しいようです。

EC対実店舗,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

EC対実店舗 商品特性で異なる公式サイトを使う理由

自粛要請によって長期にわたって休業を強いられた実店舗という販売チャネル。デジタルファーストで、 EC対実店舗 という構図から解放されたD2Cブランドが勢力を広げる今、たとえ売上比率が10%程度だとしても、ECに活路を見出す以外に選択肢がないという現実を向き合う覚悟が必要なのです。