コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

コロナ禍のアパレル 供給不足と在庫過剰の両局を味わう地獄絵図だった

経営指標となるのは売上高ですが、その健全性や実態を掴むのは、消化率だったり、利益率だったりと、それは「在庫」に起因した指標までも読み解く方が正しいと言えます。 コロナ禍のアパレル は、それまでの不都合な指標を浮かび上がらせ、改善か撤退かを促すかのような無慈悲な現実を叩きつけるのです。