ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

ソーシャルコマース

ソーシャルトリガー サイト流入と購入へ 売れるSNSはどれだ!?

コロナ禍による小売変革は、ECの社会的ポジションを引き上げましたが、検索以外の購買導線として確立が期待されるのがソーシャルメディアです。サイト流入と購買という消費行動を促す ソーシャルトリガー はいかように発生し、どのメディアで有効なのか。ソーシャルコマースの鐘を鳴らすのはアナタ。

スマートフォンに特化した若年層プロモーション・ネットリサーチ事業を展開する株式会社テスティーでは「EC×若者」をキーワードに若年層調査・分析を実施し、若者の意識や消費行動を読み解きます。日々のサービス運営やマーケティングなどにおいて少しでも読者の皆様のお役に立てたら幸いです。
今回は20〜30代男女637名(男性304名、女性333名)を対象に「SNSとEC」に関する調査をお送りします。調査の結果をご覧ください。

情報源: 〈20〜30代男女〉約7割がSNS広告きっかけで商品ページ/ブランドサイトを見た経験があると回答!ECとSNSに関する調査|ECのミカタ



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


SNS利用状況

情報収集メディアランク
1位:ウェブ:男性59.2% / 女性57.1% = 116.3ポイント
2位:テレビ:男性48.0% / 女性52.3% = 100.3ポイント
3位:SNS:男性37.5% / 女性59.5% = 97.0ポイント
4位:店頭:男性29.3% / 女性26.1% = 55.4ポイント
5位:アプリ:男性22.7% / 女性22.8% = 45.5ポイント
6位:家族・友人:男性17.8% / 女性24.3% = 42.1ポイント
7位:雑誌:男性10.2% / 女性10.8% = 21.0ポイント

サイトもレビューもあらゆるウェブ掲載情報を「ウェブ」と一括りにするだけあって、利用割合は、メディアの王者tレビを凌駕してきました。総合的にリアルよりもウェブ上で展開される情報にリーチしているワケで、従来のマスメディアが「レガシー」扱いされるのも納得の状況です。

メディアランク3位となったSNSのなかでは、一体どのプラットフォームが利用されているのでしょうか?

情報収集で利用しているソーシャルメディア
1位:Instagram:男性43.9% / 女性70.7% = 114.6ポイント
2位:Twitter:男性64.0% / 女性41.9% = 105.9ポイント
3位:YouTube:男性45.6% / 女性17.7% = 63.3ポイント
4位:LINE:男性36.0% / 女性20.7% = 56.7ポイント
5位:Facebook:男性20.0% / 女性6.1% = 26.1ポイント

国内最大8,400万人のMAUを誇るLINEにして、情報メディアとしての利用はそれほどのレベルには至らないようです。そもそもがメッセンジャーであり、企業の公式アカウントの発信内容も情報というよりは告知であり、情報として該当するタイムラインの利用率の低さを浮き彫りにします。

スーパーアプリを標榜するLINEとしては、情報コンテンツプラットフォームとしての地位は確立すべきであり、海外展開や決済機能に加え、抱える課題は思った以上に大きいというので実情のようです。

ソーシャルトリガー の消費行動について

サイト遷移
・SNS広告をきっかけにサイト遷移した経験がある/なし
 ある:男性65.1% / 女性76.9% = 142.0ポイント
 なし:男性34.9% / 女性23.1% = 58.0ポイント

・SNS投稿をきっかけにサイト遷移した経験がある/なし
 ある:男性53.9% / 女性66.7% = 120.6ポイント
 なし:男性46.1% / 女性33.3% = 79.4ポイント

投稿素材に関わらず、興味のある投稿にはアクションを実行することは、特別な行為でもないと思う具合です。気になるのは、オーガニック投稿よりも広告投稿の方が、行動遷移を促進しているようです。より接触的に消費行動を促すには、広告が有効であるといえます。そしてその行動は購入に紐づいていることが判明しました。

商品購入
・SNSきっかけで商品を購入した経験がある/なし
 ECで購入したことがある:男性35.9% / 女性49.2% = 85.1ポイント
 店頭で購入したことがある:男性29.9% / 女性32.4% = 62.3ポイント
 いずれも購入したことはない:男性39.8% / 女性27.0% = 66.8ポイント

企業アカウントフォローについて

・SNSで企業や店舗の公式アカウントのフォローしている/していない
 している:男性47.0% / 女性57.7% = 104.7ポイント
 していない:男性53.0% / 女性42.3% = 95.3ポイント

・公式アカウントをフォローする理由
 1位:新商品の情報をいち早くキャッチ
男性61.5% / 女性63.5% = 125.0ポイント
 2位:お得な情報や値引き情報のキャッチ
男性53.1% / 女性56.8% = 109.9ポイント
 3位:そのブランドや店舗が好きだから
男性28.7% / 女性41.7% = 70.4ポイント
 4位:SNS上のキャンペーンが気になる
男性18.9% / 女性16.1% = 35.0ポイント
 5位:投稿内容が好きだから
男性9.1% / 女性10.4% = 19.5ポイント



ユーザーは自分のあったソーシャルサービスを選択しながら、社会や企業が発信する情報を積極的に受け入れ、場合によっては、財布の紐を緩めて購入まで実施することを生活行動のひとつとして容認していると言えます。ソーシャルメディアの本質はコミュニケーションにあるならば、企業活動の本質である販売行為は同一線上では、ニーズギャップが発生しているハズですが、そのギャップを克服する手段としての ソーシャルトリガー は、インセンティブの提供から、ブランディングまで様々です。いずれにしても企業とユーザーが「対等の関係」である前提を認識しておくべきですね。


GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    コマースアプリ 増加する購入率 その代償は高い施策コスト

    顧客の購買プロセス多様化によって、コマースシーンはオンライン、オフライ…

  2. アジアEC,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    グローバルEC

    アジアEC ショッピング体験ベスト&ワーストの愛想劇場

    世界のジョーシキ、ニッポンの非常識というズレはECでも同じようで、 ア…

  3. LINE利用調査,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE利用調査 公式アカウントをブロックする通知頻度

    一方的で画一的で無配慮な波状通知なメルマガまがいの運用ではアプリ価値さ…

  4. QRコード,オムニなアジア,カゴ落ち ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    グローバルEC

    オムニなアジアで異質な東京お買い物事情 | BCラボ ブランドEC研究所

    越境ECの結果にコミット宣言なトランスコスモスが「アジア10都市オンラ…

  5. SNS Marketing,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    SNS Marketing 購買行動につながるソーシャルはどれだ選手権

    SNS Marketing は利用トレンドや変化によって「プロモーシ…

  6. 小売トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    セールスフォース消費レポート これがジャパンの 小売トレンド 4選

    名実共に世界NO.1のCRMツールであるセールスフォースではありますが…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. EC構築システム市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. メジャーソーシャル最新動向,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP