ソーシャルの口コミ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

ソーシャルコマース

ソーシャルの口コミでお買い物したよ!購買転換率選手権 | BCラボ ブランドEC研究所

ソーシャルの口コミ によって物欲や購買意欲が動くなら、日々コツコツと投稿してコメントして分析して運用している甲斐があるというものです。「情報の民主化」を実現したソーシャルメディアで、物欲を刺激し、購買行動へと誘う影響力は如何に発揮され、ソーシャル別に恩恵を受けやすいジャンルがあるものなのでしょうか? その特性を見てゆきましょう。



企業やブランドのファン育成・活性化を支援するアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都港区、代表取締役 上田怜史 東証マザーズ上場:証券コード6573以「AMN」)では、今回「クチコミ接触者の購買転換率調査」を行い、ソーシャルメディア別・業種別にクチコミが購買に与えている影響について分析し、その結果を公表した。

情報源: SNSでのクチコミがどう購入につながっているか?を徹底調査【AMN調べ】|ECのミカタ

ソーシャルの口コミ で購買に繋がりやすい業種ベスト3

1位:食料品
2位:化粧品
3位:ファッション

基本的に「女性」の購買行動がベースのようですが、いずれも「試しやすい」という点では、口コミも購買品も「日常で身近に」存在するものが対象となりやすいのでしょう。
海外では、ソーシャル上に投稿された知人の旅先の写真などが、旅行先の選択に影響するとの調査結果もありましたが、今回の調査結果において20%を切るあたり、日本の購買行動の単価の低さを物語ります。

ただ、上位が突出しているワケでもなく、各業種においても「一定上の購買喚起」の可能性を示しており、どの業種や商材は何のソーシャルメディアが適しているかの確認が必要です。ゴールデンルールではなく傾向として捉えておきましょう。

ソーシャルの口コミ まさにコンビニエンスなTwitter

最も利用されるソーシャルメディアであるTwitterにおいて、平均よりも高い購買転換率を示したのは、「飲料」「食料品」などの手軽な低価格商品となりました。お菓子を買って投稿していいねも増えて大変リーズナブルなソーシャルです。
ゲーム」や「映画・テーマパーク」などの体験型エンタメも平均よりは上回るも、氾濫するアニメアイコンの比としては、好みの分散が伺えます。

Facebookが刺激するオッさん消費

世界的な若者離れが顕著化しても企業の広告予算を飲み込むFacebookのポテンシャルを示すかのように、「」「デジタルガジェット」「自動車」「旅行」「スポーツ」と幅広い業種での「贅沢品」で影響力を示しています。
低価格の日常品のTwitterとは真逆の点が象徴的ですが、どの分野でも平均以上かそれに近い転換率を誇示するあたりは見逃せません。
個人的には「ラーメンを中心とした飲食店」が極めて高い転換率を示すと予想しましたが、メタボ指数とFB転換率の関係性は確認されません。

趣味と娯楽のYouTube

スマホアプリ」「ゲーム・玩具」「デジタルガジェット」「家電」とオタク係数の高そうなジャンルが突出するYouTube。もはやメジャーYouTuberでなくとも「趣味」に生きるための実践的ノウハウ動画の様々が購買に突き動かす模様。
「YouTubeは子供向け」という偏見は見事に覆され、遊びココロを忘れない大人も視聴時間を伸ばしているのです。

キャンペーンに比例するLINE

Twitterに類似するグラフ構成を予想されますが、Twitterよりも円形に近い構図に。「」「飲料」「コンビニ」など、なぜか「飲み物」に強いのは、調査直近で飲料メーカーのキャンペーンが実施されていた模様とのこと。
全世代的な利用率の高さは他ソーシャルの追随を許さないインフラぶりに、構成図もFacebookに近いカタチを示します。

ハッキリと2分されるInstagramですが・・・

全ソーシャルにおいてこれほど「優劣」が顕著となっているソーシャルはインスタぐらいでしょうか。見事なまでに「映え」に直結する分野での転換率の高さを示します。
強さは「ファッション」「化粧品」「外食店舗」と予想通り。以外にも「飲料」は苦戦し、自動車や家電、ガジェット類などは「合わない」と分類されますが、それでも平均を維持している点においては、インスタにおけるビジュアルコミュニケーションは工夫次第で、いかほどにも成果に導く可能性を秘めています。

ということで、購買転換率においては、ソーシャルコマースの本流は「インスタグラム」という結論となりますが、カチカチと打ち込んだテキストよりもセンスあふれる画像の方がココロに秘めた物欲を刺激する次第です。

詳細は各自、元記事のグラフをご参照くださいませ。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. ファッションショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. 自社ECサイト,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. モバイルユーザー行動,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    モバイルユーザー行動 ショッピングは日常にこそ潜む | BCラボ ブランドEC研究所

    モバイルによって、あらゆるサービスが「手のひらの上」で展開される今、 …

  4. ショールーミング,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    マーケティングデータ

    ショールーミングを加速させるスマホ時代のお買い物のリアル | BCラボ ブランドEC研究所

    レディの買い物に付き合わされ、いくつものショッパーと抱えきれないほどの…

  5. SHOPNOW,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ中の人が語るSHOPNOW機能活用のポイント | BCラボ ブランドEC研究所

    SHOPNOW は待望のショッピング機能ですが、実装当初の待望感ほど…

  6. チャットコマース,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    デジタルソリューション傑作選

    【ソリューション傑作選】チャットコマースを切り開く会話広告fanp

    「2019年のECリアルトレンド」でも掲げた チャットコマース 。LI…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. ウェブ接客ツール,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ウェブ接客ツール,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. WEB接客ツール,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. ITP,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 二段階認証,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP