ソーシャルログイン,ソーシャルPLUS,LINE,Yahoo! JAPAN,Facebook,Twitter,Google,利用状況調査2019,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

ソーシャルコマース

ECサイトでのソーシャルログイン、利用率NO.1は納得のLINE | BCラボ ブランドEC研究所

様々な入力項目が必要となるECサイトにおいて、スマホ時代の会員登録は極力「手間を省く」ことが求められています。入力モード切り替えが多い住所登録は億劫だし、IDやパスの管理は面倒だし、いつも使っているLINEのiDでログインしてお気に入りに入れたりできれば便利なのにというニーズが結果にコミットしたのが ソーシャルログイン であり、LINEでログインがECサイトでも有効ってことです。



フィードフォースが2月26日に公表した「ソーシャルログイン利用状況調査2019」によると、ECサイトで最も多く利用されたソーシャルログインは「LINE」だった。

情報源: ECサイトで最も使われたソーシャルログインは「LINE」、2位は「Yahoo! JAPAN」 | ネットショップ担当者フォーラム

ECサイトにおける ソーシャルログイン 利用アカウントシェア

1位:LINE:35.3%
2位:Yahoo!:20.8%
3位:Google:20.7%
4位:Facebook:12.8%
5位:Twitter:10.3%

利用者にとっても便利なソーシャルログインですが、利用アカウントとしては「日常的な利用率の高さ」が反映しているかとも。その点でいえば、LINEが過半数を締める圧倒的な1位であるのは納得の結果です。

実際、LINEやYahoo!アカウントであれば、決済アカウントとも紐付く利便性が想定され、多くのECサイトが実装しているAmazonPayや楽天ログインペイメントといったモール系アカウントに匹敵する価値に到達するのはそう先の話ではなさそうです。

支払いという機能が欠かせないECサイトにとって、サービスへのログインはお支払い手段と直結している方が都合が良いですが、それはユーザー側にとっても好都合な次第です。どのサイトでも同じアカウントでログインできれば、サイト毎に会員登録する必要もなくなります。また訪問がご無沙汰になったサイトを思い出したように使っても、再登録は不要なのです。

最近のECサイトでは、商品の値下げ通知や発送完了のお知らせなど、商品購入に関わる重要な情報をLINEでタイムリーに通知するため、LINEログインによるID連携を促すケースが増えています。ユーザーにとっても利便性が高いため、LINEログインを利用するユーザーは今後も増えていくと考えられます。

LINEを使ったソーシャルログインの利点は上記の通り、ユーザーに届きやすい手段を、ユーザー自身が選択することにあるので、サイト利用の継続性の最適化はメルマガよりもLINEというパーソナル性の高いフィードで繋がることが重要ってことです。

ソーシャルログイン実装サービス「ソーシャルPLUS」

ソーシャルログイン自体はさして珍しい機能ではありません。スマホで展開されるアプリサービスなら大体は実装しています。どちらかといえば独自のログイン機能を実装する方が、個人情報保護の観点からもコストは膨大になるからです。

またソーシャルメディアブランドのそれぞれのネットワーク規制やデータポリシーの変更に対応するのも一苦労ですし、APIさえも締め出し、提携先以外は突然シャットダウンなんで所業の仕打ちは無きにしもあらず。

苦労とリスクとコストに高い代償を払うよりは、ASPサービスを利用した方が、安心安定で、対応アカウントの選択の自在とあれば、他に選択肢はありませんね。

残念な点を挙れば、「手軽にソーシャルログインを実装」とのサービスキャッチがありますが、コード一行入れいて終了とか、プラグインよろしく有効化して完了とか、そんなにお手軽ではないのが事実であります。

夕食奢ってサイトを作ってくれるお友達のウェブ制作レベルでは、難しすぎる実装マニュアルをブン投げることでしょう。無論、社内にいるパソコンが詳しいレベルでは到底太刀打ちできません。キチンとしたエンジニアがそのサイトシステムを理解し、実装マニュアルを把握する必要があります。

また、サービスを提供するフィードフォース社自体でも、サイト実装作業のエンジニア対応はできないというツレない対応のため、利用したいけど実装コストが見えない、誰に依頼すればいいかわからないという声も。

ということで、弊社で実装ご相談受けたまりますので、お問い合わせくださいませ。

SOCIAL PLUS


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 企業公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    企業公式アカウント ソーシャルミスマッチを解消しコマース収益を見込む

    SNSは企業が宣伝する場所ではないとする通説がありますが、ユーザーが …

  2. ソーシャルコマース時代到来,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルコマース時代到来 その根拠を語ろうか

    既存メディアはその接触時間が減る分影響力を削がれますが、減った分はネッ…

  3. SHOPNOW,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ中の人が語るSHOPNOW機能活用のポイント | BCラボ ブランドEC研究所

    SHOPNOW は待望のショッピング機能ですが、実装当初の待望感ほど…

  4. ピンタレスト,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    ソーシャルコマース

    ピンタレスト 孤高と模倣のソーシャルからトレンドの予言を読み解く

    ピンタレスト は「これから活用したい」「購入したい」などの「ユーザー…

  5. 背徳のインスタグラム,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    背徳のインスタグラム 矢継ぎ機能アップはマネタイズへのタグ付け

    配信は無論、あらゆる投稿にショッピング機能を付与させるなどのスキのなさ…

  6. セール効果予測ツール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    セール効果予測ツール アパレル決算の常套句ポジションを確保する見通し

    続々と登場するファッションテックにあっては、ITエンジニアの地道な作業…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. インスタ検索最適化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. ニューノーマルコマース,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP