ソーシャルコマース,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

ソーシャルコマース

ソーシャルコマースのメインステージ LINEとインスタは新機軸へ | 4月第3週 トピックスまとめ

新料金体系にシフトしたLINE、ソーシャルサービスの軸ともいえる「いいね」のカウント価値の見直しを検討するインスタグラムと、 ソーシャルコマース のメインステージといえる両サービスが新機軸に向かっていく今、B2C/ECはサイトへの集客という呪縛から解き放たれ、サイト外での接客サービスが「新たなデファクト」になるようです。





ソーシャルコマース のメインステージ LINE公式アカウント始動! B2C/ECにどう影響する?

LINE公式アカウントでの従課金移行は、お友達であるお客と相互性あるコミュニケーションしてね、というLINEからのメッセージであり、ソーシャルメディアにおける企業アカウントのあり方に一石を投じているワケです。

メッセージを一斉配信すればラクだし便利ですが、受け取るユーザー自身が「自分に合った内容でないと無意味」という姿勢なので、一人一人に合った内容を別々に発信する必要があります。いわゆる「パーソナライズ」です。

LINEニュースが新規獲得機会を生み、公式アカウントが継続的コミュニケーション導線となり、その会話がパーソナライズ接客となり購買行動を喚起し、支払い手段がLINEPayになると。

つまり、認知と購買までの行動がひとつのインフラ導線上で完結する次第です。ソーシャルコマース最大の可能性がココにあり、同条件をインスタグラムも備えようとしています。

いいね不可視化でインスタとインフルエンサーは変わるか

海を越えるグローバルなEC展開を最も容易に実現するとして注目されるインスタグラムのソーシャルコマース。オーガニック投稿の商品ページへのリンク付与から始まり、アカウントからの直接購入という手段のテストなど進化の手が止まりませんが、今度はソーシャルメディアの価値の根幹に関わる部分への変革を模索しているようです。

自分のアカウントでは投稿へのいいね数は確認できますが、他人からはその数は見えないようにすることを検討しています。どうやら投稿へのリアクションが過度になる現在の傾向を「ヨシ」とは思っておらず、本来の
「ビジュアルをトリガーにしたコミュニケーション」への弊害と考えているようです。つまり「インスタ映え」を目的とした投稿行為への否定ともいえるでしょう。

この変更がディファクトとなる場合、インスフエンサーが持ち得る影響力の可視化は、赤の他人には容易とはいかないでしょう。インスタグラム関連のソリューションもグラフAPIへの変更により、サービスの停止や機能制限などの影響は軽微ではありませんでしたが、このいいね数見せません化が及ぼす影響は、インフルエンサーマーケティングそのもののあり方を変える可能性を想定しなければなりません。

インスタグラム自身が現在のインスタ利用状況を「良好」とは思っていないのでしょう。家賃も払わないで騒ぎ立てる傍若な振る舞いを歓迎しているワケがありません。パーティは終焉を迎えつつあります。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ページ表示速度,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    ページ表示速度 1/1000秒の阿修羅ひしめくモバイルファーストの世界

    1/1000秒の阿修羅とは、F1という特殊な競技に従事する者たちへの賛…

  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する

    スマホ利用経験の長さと頻度が比率を上げてそうですが、若年層のそれは通信…

  3. 小売トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    セールスフォース消費レポート これがジャパンの 小売トレンド 4選

    名実共に世界NO.1のCRMツールであるセールスフォースではありますが…

  4. LINEcheckout,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    ソーシャルコマース

    LINEcheckout 爆誕!EC担当者が知っておくべきID決済トレンド

    偶発的に訪れたサイトでのお買い物ですが、やはり氏名や住所、ログインのI…

  5. 欧米Amazonユーザー,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    コマーストレンド

    欧米Amazonユーザー 膨大な見込み客をその手に 越境EC最強タッグ爆誕

    ホワーイ使えないのジャパンのAmazonPay? 責任者ガッデームと、…

  6. セカンドハンドマーケット,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    セカンドハンドマーケット C2Cで見直される新品市場活性化の源泉

    新品購入機会を奪う厄介者扱いの中古市場。実際のところ、中古品に市場価値…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース効果,ソーシャルコマース,YouTube動画,インスタライブ,MMD研究所調査, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  2. アドビ調査,Adobe Analytics,デジタル経済指標, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  3. EC企業のSNS活用,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP