SNS Marketing,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

ソーシャルコマース

SNS Marketing 購買行動につながるソーシャルはどれだ選手権

SNS Marketing は利用トレンドや変化によって「プロモーション活用に値するか否か」の品定めをしているようなもので、資金と時間の投資に値するとの担保が必要です。しかし、今後ソーシャル自体がコマース領域になることでその役割を終えようとしています。そう、あとはヤルだけですから。


SNS Marketing is like deciding whether or not to deserve promotion, depending on usage trends and changes, and requires collateral that deserves investment in money and time. But in the future, social itself will end its role by becoming a commerce area. Yes, it’s just dial.


株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区/代表:小嶋雄介、以下「Macbee Planet」)は、近年増加しているSNSを活用したマーケティングに関して、全国10~60代の男女500人を対象に意識調査を実施した。



SNS Marketing どのSNS投稿が購買の動機になりましたか?

10代から60代の全世代と3世代分割した集計データを確認してみましょう。
全体:10〜60代
1位:YouTube:30%
2位:インスタグラム:25%
3位:ツイッター:18%
その他:27%

10-20代
1位:インスタグラム:58%
2位:YouTube:21%
3位:ツイッター:21%
その他:0%

30-40代
1位:YouTube:34%
2位:インスタグラム:23%
3位:ツイッター:14%
その他:29%

50-60代
1位:インスタグラム:25%
2位:YouTube:21%
3位:ツイッター:16%
その他:38%

そのSNSの利用アカウント歴にも反映している感もありますが、上世代があげる購買行動に影響を与えるSNSの「その他」に何があるか知りたいところですが、大方フェイスブックなんでしょう。この調査ではLINEが選択項目にはないようです

総合ポイント:全世代
1位:インスタグラム:106ポイント
2位:YouTube:76ポイント
3位:その他:67ポイント
4位:ツイッター:51ポイント

再評価をすべきはツイッター

総合ポイントでは最下位に甘んじたツイッターですが、ジャパンのソーシャルにおける興亡の祖たる存在感を維持していると言えます。
ソーシャルを舞台にしたインフルエンスとそのユーザーの存在を明らかにしたのはツイッターが最初ですし、そのマーケティング目的は「バイラル」である点において、SNSマーケティングという分野を切り開いたのがツイッターと言えるでしょう。
一時的にフェイスブックやインスタグラムなどの注目に、「ツイッター?もうオワコンでしょ」としたのは、ユーザーではなく他ならぬSNSマーケティング自体であり、近視眼的に直近データに振り回され弱点を露呈しました。

その利用者規模で「フルファネルなマーケティング」を可能にするYouTube、リアルタイム性の高い検索ニーズを賄うハッシュタグ検索が、Googleを脅かしつつあるインスタグラムと、利用特性によってマーケティング用途も効果も変わります。

そのいずれにしても、パブリックでブロードキャストな伝達力を持つツイッターこそが、SNSマーケティングの中核なのです。ハッシュタグ検索も動画再生もこなしてしまいますしね。特にマスメディアの王たる「テレビ」との併用のしやすさは、無視できません。オワコン宣言されたツイッターこそ、そのマーケティング価値を再評価すべきSNSといえるのです。

あらゆるサービスやイベント、新たなECトレンドとなるだろうソーシャルコマースも、LINEを中心に展開されるチャットコマースも、ツイッターアカウントからの発信とバイラルがあってこそ、その成功の足掛りが整ういうモノです。

実は、ツイッター公式アカウントのフォワー数って、それまでのブランドや企業活動の「認知」に比例するワケで、事業の可能性を占める「信用スコア」と見立てる投資家もいたりいなかったり。

「やりましょう」だったり、現金プレゼントの大盤振る舞いな事業家が話題になるのも、パブリックリレーション力と株価が比例するからだそうです。信じるか信じないかはアナタ次第です。


Although it is the lowest ranked Twitter in terms of overall points, it can be said that it has maintained the presence of Japan’s social rise and fall.
Twitter was the first to reveal the influence of social influences and their users, and it was Twitter that opened up the field of SNS marketing in that the marketing purpose was “ viral ”. .
Temporarily attracting attention to Facebook and Instagram, etc., “Twitter? Already Owakon” was not the user but the SNS marketing itself, and my weakness was exposed to the latest data with myopic eyes and revealed weak points .

YouTube, which enables “full funnel marketing” at the scale of the user, and hashtag search that meets the real-time search needs, Instagram is threatening Google, and marketing characteristics and usage characteristics vary depending on usage characteristics.

In any case, Twitter with public and broadcast communication is the core of SNS marketing. It does both hashtag search and video playback. In particular, the ease of use with the television, the king of mass media, cannot be ignored. Twitter declared Owacon can be said to be an SNS whose marketing value should be re-evaluated.

All services and events, social commerce that will become a new EC trend, chat commerce developed around LINE, etc. are the things that will be ready for success if there is a call from Twitter account and viral .

In fact, the number of Twitter account forwards is proportional to the “recognition” of the brand and corporate activities up to that point, and some investors consider it to be a “credit score” that occupies the business potential.

It is said that “let’s do it” and entrepreneurs who have a big cash present are talking about because public relations and stock prices are proportional. It is up to you to believe or not.



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ファッションショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. LINE利用調査,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE利用調査 公式アカウントをブロックする通知頻度

    一方的で画一的で無配慮な波状通知なメルマガまがいの運用ではアプリ価値さ…

  3. アジアEC,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    グローバルEC

    アジアEC ショッピング体験ベスト&ワーストの愛想劇場

    世界のジョーシキ、ニッポンの非常識というズレはECでも同じようで、 ア…

  4. 急増するフィッシング詐欺,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    急増するフィッシング詐欺 ユーザー防衛策がメルマガに終止符を打つ

    不正アクセスによる情報漏洩にはそれなりの技術が伴いますが、 急増するフ…

  5. 2018EC市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    2018EC市場 18兆円規模に拡大し個人消費を支える存在に

    2018EC市場 は18兆円規模で全体の6.2%に。ファッション関連…

  6. 2019年動画マーケティング事情,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    2019年動画マーケティング事情 5G本番前の前戯に高感度を示す

    5G通信網インフラと利用普及が整わない限りにおいて、毎年繰り替えし囁か…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. EC構築システム市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. メジャーソーシャル最新動向,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  5. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
PAGE TOP