ソーシャルメディア,スマホ成熟期,Pinterest ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

メディア

スマホ成熟期 のサービス利用状況 | BCラボ ブランドEC研究所

普及率80%台を目前としたスマホ。その利用状況は普及・拡大期から、成熟期に突入したという。 スマホ成熟期 において、ソーシャルや各種サービスはその成長トレンドをどこまで維持できるのか。スマホ普及とリンクして一般化したSNS、スマホトレンドを成長としたZOZOTOWNの利用者状況を確認してみます。


A smartphone with a penetration rate of around 80%. It is said that usage has entered the maturity period from the spread / expansion period. How much social and services can keep up with the growth trend during smartphone maturity? Let’s check the status of ZOZOTOWN users who have developed smartphone trends and generalized SNS linked to the spread of smartphones.


視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル ネットビュー)、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」のデータをもとに、2018年の上半期におけるPCとスマートフォンの利用実態をまとめたレポート「Digital Trends 2018上半期」を公開した。

情報源: スマホ市場は成熟期?スマホとパソコンの利用状況に関する最新調査が実施される【ニールセン デジタル調べ】|ECのミカタ



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


スマホ成熟期 の利用者

2018年4月〜6月(第2四半期)のインターネット利用者
・6,772万人(月平均)
 18歳以上の64%が利用
・成長率は、2014年以降鈍化し、9%と初めてヒトケタ成長に
・高齢世代の普及がこの後の成長要因だが、普及速度が遅い為、今後ヒトケタ成長がベースと予想される

スマホの利用者自体が減るという成長率ではありませんが、すでに普及期と成長期を過ぎて、あって当たり前の成熟期に入ったと見るべきと。

そのスマホ利用にあって、成長拡大は「PCからの利用頻度の剥奪」にあるともいえ、

・スマホとPCを併用している:56%
・スマホのみ利用:41%
・PCのみ利用:3%

なんだかオムニチャンネルと同じような感じですが、特にスマホとPCを併用した場合のCVRや購買単価が高いなどのデータがないので、基本的には、スマホファーストからスマホマストと施策ウエイトが変わってゆくと判断されます。
ちなみにGoogleのモバイルファーストインデックスにおいては、PCサイトはガン無視なので、つまりはそうゆうことです。

あらゆるサービスの起点がスマホとなるといっても過言ではないでしょう。


It looks somewhat like omni channel, but there is no data such as CVR and purchase price is high especially when using smartphone and PC together, so basically when the measure weight changes from smartphone first to smartphone mast Is determined.
By the way, in Google’s Mobile First Index, PC sites are cancer-insensitive, that is to say so.

It is no exaggeration to say that the starting point of any service is a smartphone.


スマホ成熟期 ソーシャルサービスの利用状況

スマホ成長とリンクして利用者を増やしてきたソーシャルサービスですが、彼らも同様に利用者を拡大されているという状況にはないようです。これは、利用デバイスの奪い合いというよりシビアな「利用者の奪い合い」がマターですが、あまり変化はありません。つまり利用者はサービスによって利用内容を確定させているようで、それぞれで楽しみ方を変えているといえるでしょう。


Although social services have increased the number of users by linking with smartphone growth, they do not seem to be in a situation where they are also expanding their users as well. This is a matter of more severe “contention of users” than of contention for devices, but there is not much change. In other words, it seems that the user decides the content of use by the service, and it can be said that each user changes the way of enjoying.


・Twitter:2,885万人
・Facebook:2,320万人
・Instagram:1,968万人

国内上陸当初、3年で3,000万人、5年で5,000万人利用のマイルストーンを掲げたFacebookですが、まったく及んでいません。完全に読み違えています。
若者のFB離れ、フェイクニュース問題、情報・アカウント漏洩など次々とアゲインストな逆風状態のFacebok。
日本国内利用は堅調も、本国ではマネタイズ要素の不安定から株価を下げるTwitter、創業者の離脱がネガティブにInstagram、その要因がFacebookにありと、さらに不振要素を煽られることに。
スマホ成熟期は日本市場の話ですが、その成熟期にあって、ソーシャル界隈はネガティブ要素に見舞われています。

特に、信頼を担保できないうちには、これらソーシャルサービスが決済アカウントとして機能するソーシャルコマースは台頭するべくもなく、その分、成長要因を削いでいるとも言えます。

利用者が増えない成熟期においては、サービスの質を担保とした決済アカウントというシェアが覇権を握るワケです。この点、サービスと決済機能が直結したコマース分野のサービスの方が優位なのですね。


Facebook had a milestone of 30 million users in three years and 50 million users in five years when it first landed in Japan, but it has not reached at all. Completely misread.
Facebok is in a headwind situation, where youths are away from FB, fake news issues, information and account leaks.
Use in Japan is strong, but in the home country Twitter is lowering stock prices due to unstable monetization factors, leaving the founder negatively on Instagram, and Facebook is the cause of the negative factors, further impairing factors.
Smartphone maturity is the story of the Japanese market, but in that maturity, the social community is being hit by negative factors.

In particular, the social commerce where these social services function as payment accounts is unlikely to emerge before trust can be guaranteed, and it can be said that it has cut down on growth factors.

In the mature period when the number of users does not increase, the share of payment accounts secured by the quality of service is dominant. In this regard, services in the commerce field, where services and payment functions are directly linked, are superior.


ZOZOTOWNの利用状況

女優と浮名を流そうが、月旅行に1,000億円投じようが、自分で買ったバイオリンを弾いてもバッシングされる炎上社長と、コミュニケーションデザイン室長という肩書きに、炎上具合を引き上げるプロ会社員を要するZOZOTOWNですが、そんな炎上話題とは関係なしに利用者は「燃え上がる炎の如く」勢いよく増えている次第です。


Whether you are going to be an actress or spend 100 billion yen on a month trip, you need a professional company employee who raises the degree of the flame, with President Flame who is bashing even if you play the violin you bought yourself and the title of Communication Design Office Manager Although it is ZOZOTOWN, users are increasing rapidly like “flaming flames”, irrespective of such flaming topics.


・642万人が利用
 前年同期比22%増!!!
・東京在住の10・20・30代が利用中心も、
 これまで前年同期比で92%増!!!!

ただし、東京以外の地域では伸び率は2%程度と低調で、幕張に拘っても買うのは東京という至極当たり前の結果に。ロジスティクス投資効率が高いという点ではメリットですが、全国展開は無論、世界進出を掲げた今、この地域差は拡大要因を残していると見るか、地方の壁を超えられないのか、今後のコミュニケーションデザインが注目される次第です。

東京でさえ92%もの驚異的な伸びを示したのは、話題のZOZO測定スーツ無料配布での登録会員の増加が要因とは思いますが、それだけまだECで服を買っていない層がいたという事実を示しているワケで、まだまだ新規開拓という初期リーチの必要性は高いと思うのでした。


However, the growth rate in regions other than Tokyo is low at around 2%, and buying in spite of Makuhari is the natural result of Tokyo. Although it is an advantage in that logistics investment efficiency is high, of course, nationwide expansion is a matter of course, and with the expansion into the world now, this regional difference seems to remain a factor of expansion, whether it can not exceed the regional barrier, future communication The design is getting attention.

Even in Tokyo, the tremendous growth of 92% was attributed to the increase in registered members due to the free distribution of the popular ZOZO measurement suit, but it was said that there were some people who did not yet buy clothes at EC. It was a demonstration of the fact, and I felt that the need for an initial reach for new development was still high.


BCLab.ソリューションラインナップ








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. EC市場データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    EC市場データ 伸び代とトレンドと抱える課題の中心で愛を叫ぶ

    スマホが世界的なライフデバイスである以上、消費者向けビジネスの主戦場は…

  2. インスタ検索な20代女子,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    インスタ検索な20代女子 検索結果よりも大切な繫がり欲求

    20代女子にして「アラハタ」と呼ぶのが一般定着しているかは甚だ疑問です…

  3. 越境EC購入総額,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. 大手アパレルEC,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    大手アパレルEC その施策イケてる? プロモーショントレンド選手権

    長尺巻き気味に右に倣えなアパレル業界のマーケティング施策ですが、ツール…

  5. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルトリガー サイト流入と購入へ 売れるSNSはどれだ!?

    コロナ禍による小売変革は、ECの社会的ポジションを引き上げましたが、検…

  6. ショールーミング,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    マーケティングデータ

    ショールーミングを加速させるスマホ時代のお買い物のリアル | BCラボ ブランドEC研究所

    レディの買い物に付き合わされ、いくつものショッパーと抱えきれないほどの…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース効果,ソーシャルコマース,YouTube動画,インスタライブ,MMD研究所調査, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  2. アドビ調査,Adobe Analytics,デジタル経済指標, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  3. EC企業のSNS活用,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ダウンロードドキュメント

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
PAGE TOP