スマホ女子,インフルエンサー施策 , ステマ ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

動画広告

スマホ女子 、動画は5分まで、SNSはインスタに移行した模様 | BCラボ ブランドEC研究所

はじめに断っておかなければならないのは、記事タイトルのいう「 スマホ女子 」の定義ですね。文脈から察するに「インスタ映えを狙ってナイトプール行ったりカフェに列をなしたり情報活動の中心がスマホである」ことのように思われます。間違ってはいないようですが、ここでいう「女子」は10代と20代前半の社会人1年目までを示しています。

よって、30代とか40代の女性に対して「女子扱い」をしてくるのは宝島社のファッション誌だけということを肝に銘じておきましょう。一般社会はそこまで容認性が高くありません。
あしからず。


「動画広告の新潮流 ~テレビは大きなスマホです~」と題されたWeb広告研究会の7月月例セミナーが開催された。第1部では、インテージの小金悦美氏と藤原啓志氏が15歳~24歳女性のスマートフォンの利用実態を解説。後半では、サイバー・コミュニケーションズ 山崎 浩人氏が動画広告体系を整理し、企業が動画で何を伝えるべきかを解説した。

情報源: いまどき女子のスマホ利用実態――動画は5分まで、SNSはInstagramに移行 | Web広告研究会セミナーレポート



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


スマホ女子 いまどき女子はスマホネイティブ世代

マーケティングデータなので気になる点を列記しておきましょう。若干着色してますがね。

・動画は短尺慣れ。5分以上なんて映画でしょ
・通信制限に超シビア、自動再生なんてマジ勘弁
・ソーシャルアカウントは複数を使い分け
・マイタイムラインは汚したくないからキャンペーン参加用アカウントまで用意
・スキップしない動画広告はマジ許せない
・インスタグラムやらない女子とか本気?
・Cチャンネル最近いい感じよね
・ただし鬼速で飽きるけどなにか

では動画広告はどうあるべきか

ピック先の記事はこちらが本題。つまり飽きやすく移り気でリーチが難しいスマホネイティブ世代女子に企業はどうアプローチすべきかと。あくまで動画を起点にしてますが、プロモーション全体に置き換えることができます。

・移り気なのは将来的にも価値ある本物を求めているから
・企業価値も本質的な部分を求めている
・企業メッセージはクリティブ性の高い作品系動画が伝達手段に
・社会存在意義、リアルストーリーによる具体化、将来的なテクノロジー、コアアイデアなど、事業価値の共有や理解の訴求をクリエイティブで表現。
・従来のTVCMのような演出は「広告」として置き換えられ敬遠される

スマホネイティブ世代には、ウェブやソーシャル上でのショートムービーやマイクロ動画などで「共感」を広げてもらい認知を拡大する方法がメインとなるであろうと。

CMでの「続きはウェブで」というマルチスクリーン理論は、広告業界都合の屁理屈でしたが、これもこの世代には通用しないということですね。

ただどの世代でも共通しているのは、企業の本気度や嘘偽りのない真正面から向き合った姿勢は、炎上案件であろうと「ポジティブな要因」に変質します。

広告は過度なる演出や着色で「いいモノ」として取り繕う手段ではなくなり、真実を伝えるドキュメントだったり、そこに向き合うメッセージだったりと「コンテンツ化」に流れています。社会性が大事ってことと理解すると、不祥事やブラック企業批判などが起こりやすのは、上から目線の企業体質は、消費者に対しても同一であると敏感に反応するってことなんですよね。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


BCLab.ソリューションラインナップ






この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. オムニ施策,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    オムニ施策のその先に、迫られるショールーミングへの覚悟と決意 | BCラボ ブランドEC研究所

    ECとリアル店舗での販売戦略統合となる オムニ施策 が小売業のデジタル…

  2. 2018EC市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    2018EC市場 18兆円規模に拡大し個人消費を支える存在に

    2018EC市場 は18兆円規模で全体の6.2%に。ファッション関連…

  3. 消費者行動調査データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    消費者行動調査データ 2020年ネットショップの歩き方

    消費者行動調査データ が示すとおり、基本彼らはわがままであり、身勝手…

  4. 変革の小売ビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    変革の小売ビジネス コマースに押し寄せたスリーウェーブのノリ方

    Amazonのコマース支配が、 変革の小売ビジネス を顕著化してゆく次…

  5. 置き配,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    置き配 こそがECを救う!? 物流新常識の浸透へ 課される期待と課題

    臨界点突破に追い込まれた物流事情は劇的なまでのジョーシキの変化が求めら…

  6. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    自社EC強化 コロナ禍を経た小売トレンドとECの行方

    直営店こそブランドの証であり、金融機関の融資も店舗実績がベースだったり…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. EC構築システム市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. メジャーソーシャル最新動向,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP