インスタショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

ソーシャルコマース

インスタショッピング 公式資料から考察する「これからの姿」 | EC CUBE DAY 2019

インスタグラム公式資料から、インスタの今を知りどう活用すべきかを考察します。無論ショッピングなんですけど、広告、ショッピング投稿、チェックアウトなど「手段」が増加する状況で、何に注力すべきか。インスタはどこへ向かうのか、 インスタショッピング の明日はどっちだ。


From the official Instagram material, we will consider how to know about Instagram and how to use it. Of course, it’s shopping, but what should we focus on in the increasing number of “means” such as advertising, shopping posting, and checkout? Where is Insta going? Which is tomorrow for Insta shopping?


月間アクティブアカウント数がグローバルで10億、国内で3,300万を超えるなど、引き続きコミュニティが拡大しているINstagram。マーケティングプラットフォームとしても日々進化を遂げており、Instagram上で商品を発見した消費者をシームレスに検討・購入に誘導することができるショッピング機能も、国内外での活用が進んでいます。国内ローンチから1年が経った現在、企業が同機能をどのように活用してビジネスを伸ばしているのか、事例を交えながら最新動向についてお話しします。



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

インスタショッピング インスタグラムの今を知る

インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
ビジュアルソーシャルが起点であるインスタグラムにおいて、画像という視覚的魅力と感性への訴求が求めらえるファッション商材とのマッチングが良いことことは疑いの余地もありません。

国内EC市場が「スマホシフト」し、「ファッション商材」が最も市場牽引役となっている点において、インスタショッピングには好都合という他ありません。

比率がどうであれ、世界的なトレンドにも相違ないワケで、創業ビジョンの見直しを含めてもマネタイズを急かしたフェイスブックの「臭覚」の鋭さを物語ります。


There is no doubt that in Instagram, where visual social is the starting point, it is well-matched with fashion products that require the appeal of visual appeal and sensitivity.

The fact that the domestic e-commerce market is “smartphone-shifted” and that “fashion merchandise” is the driving force of the market is the most convenient way for Instagram shopping.

Regardless of the ratio, the reason is no different from the global trend, and it tells the sharpness of Facebook’s “smell” that hastened monetization even after reviewing the founding vision.



「最新事例に学ぶInstagramショッピング機能&マーケティング活用法」,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
情報やコンテンツが集まれば、そこには「何かしらの出会いと発見」が生まれるワケで、ショップナウ機能前のインスタであっても、ディスカバリーな役割は果たしていましたが、購入までの一元導線化までも、高い比率のまま推移させる点はさすが、「ショッピング一等地」と言われる所以です。


When information and content gather, there is a reason that “something encounter and discovery” is born, and even if it was an instance before the Shop Now function, it played a discovery role, but it also became a unified lead until purchase. However, the fact that the ratio is kept at a high level is, indeed, the reason why it is said to be “a prime shopping area”.



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
インスタで見つけた画像をスクショで保存して、店員に「これください」とリアル行動までも促すチカラが認識されたことが、インスタとショッピングのつながりでした。

やや手間でアナログ的でしたが、広告でもメディアでも減退した店舗への牽引力が認めらえる数少ない存在であり、この時点ですでにインスタグラムは「理想的なお買い物場所」を模索することとなったのではないでしょうか。


The connection between the Instagram and the shopping was that the images found on the Instagram were saved at the screen, and the clerk was recognized for the power to encourage even the real action.

Although it was a bit laborious and analog, it is one of the few that can be seen as a driving force for stores that have declined in both advertising and media, and at this point Instagram has already searched for the “ ideal shopping place ” Isn’t it?


ジャパンユーザーの利用動向と傾向

「最新事例に学ぶInstagramショッピング機能&マーケティング活用法」,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


「最新事例に学ぶInstagramショッピング機能&マーケティング活用法」,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
フェイスブックが日本上陸当初「5,000万ユーザーが目標、3,000万は通過点というかノルマ」と豪語していましたが、まさか別宅の居候に先を越されるとは夢にも思っていないかったでしょう。


When Facebook first landed in Japan, it said “ 50 million users are targeted, 30 million is a passing point or quota ”, but I never dreamed that I would go beyond the weather of another house Will be.




「最新事例に学ぶInstagramショッピング機能&マーケティング活用法」,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
印象と偏見では「インスタ映えを狙う若い女性だけのソーシャル」と評される次第ですが、アカウント登録数に男女大きな差はないといっても、アクティブ率ではどうでしょう。承認欲求は男女公平でも、あくなき共感と同調感が男性に芽生える状況は少なそうでが、それこそ偏見というものでしょうか。


Impressions and prejudices have been described as “social only for young women aiming for Instagram”, but even if there is no big difference in the number of account registrations between men and women, what about the active rate? Even though the desire for approval is gender-equity, there seems to be a small number of situations in which men can develop relentless sympathy and sympathy, but that is prejudice?



「最新事例に学ぶInstagramショッピング機能&マーケティング活用法」,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
日本人のハッシュタグ検索数ハンパないってところでしょう。グローバル比較で実に3倍という具体ですから、ググってキャッチなSEOよりも、ビビッとビジュアルでヒットなハッシュタグの方が重要という主張です。

タグ登録されあればヒットする次第でアルゴリズムも検索精度もユーザー次第という放牧的ですが、異なるジャンルとのネーム類似性の高いブランド名がこれほど不利になる時代が訪れようとは、命名時には思いもしなかったことでしょう。


I guess there is no Japanese hashtag search count. Because it is actually three times more concrete in the global comparison, it is argued that a hashtag that is a vivid and visual hit is more important than a SEO that is catchy as a google.

If a tag is registered, the algorithm and search accuracy will depend on the user as soon as it is hit, but it is thought that the time will come when brand names with high similarity to different genres will be so disadvantageous when naming It would not have been.



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
インスタグラムの利用特性を「一変」させたと言ってもいい「ストーリーズ」ですが、グローバルで見ても、その変化を積極的かつ好意的に受け入れているのがジャパンのユーザーたちということです。

かつての「撮影と画像加工センスの選手権大会」なアーカイブの宝庫は、「今そこにある一瞬を切り出す」をリアルタイムの共有地となったのです。

インスタグラムはアルバムからライブと、表現者の拘り処を変えたことで、広く受け入れ始めたといっていいでしょう。


It can be said that “Storys” has changed the usage characteristics of Instagram, but even from a global perspective, Japanese users are actively and favorably embracing the change.

The archives of the former “Shooting and Image Processing Sense Championships” archives became a real-time shared place for “cutting out the moment there is now”.

It can be said that Instagram has started to be widely accepted by changing the attitude of expressors from album to live.


インスタショッピング 機能活用のヒント

インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
導入当初は、タイムライン表示の投稿の全てが商品タグをつけられたショッパブルコンテンツに埋め尽くされるのではと懸念しましたが、どうも肝心のファッション・アパレルブランドアカウトでの投稿数が目立ちません。

どうやらフェイスブックページとの連携やらカタログ登録など「色々エラー」が発生するらしく、思うように扱えないとの声も。インスタ側の複数アカウントをフェイスブックページへの紐付けでエラーするなど、様々なケースがあったようです。

ちなみに季節毎や在庫の関係など商品の入れ替えが激しいファッションアカウントだと、カタログ登録や設定は結構面倒なので、親和性の割に投稿頻度が低いのも仕方ありません。


At the beginning, we were concerned that all of the posts on the timeline would be filled with product-tagged shoppable content, but the number of posts on the fashion and apparel brand account, which is the key, was inconspicuous.

Apparently, “various errors” seem to occur, such as linking to Facebook pages and catalog registration, and some say that they can not handle it as they wish. It seems that there were various cases such as an error in linking multiple accounts on the Instagram side to the Facebook page.

By the way, if you have a fashion account with a lot of product changes such as seasonal or stock-related items, catalog registration and settings are quite troublesome, so it is inevitable that the posting frequency is low for compatibility.



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
ショップナウ機能に関して、その投稿ビジュアルが「白バックの商品単一」とか、どっかのアマゾンみたいな淡白な制限を設けることなく、クリエイティビィティを謳歌できる点においても、参入業種の可能性を広げます。
1画像に複数の商品タグ設置などは、ファッションコーディネイト投稿の対応を前提にしたとしか考えられず、実は「ショップナウ投稿が蔓延しても大丈夫」な前提で仕様設計した思えますので、フェイスブックがソーシャルコマースに賭けるマネタイズ意欲で鳥肌が目立ちそうです。


Regarding the shop now function, the post visual will be able to enjoy creativity without setting a white limit like a single product with a white background or some Amazon, expanding the possibility of participating industries. .
It is thought that the installation of multiple product tags in one image was only premised on the correspondence of fashion coordination posting, and in fact, it seems that we designed the specifications on the premise that “it is okay if shop now postings spread”, so Facebook Goosebumps are likely to stand out because of their willingness to monetize social commerce.



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
グローバル利用で10億人とされているので、約1割がショップナウ機能を持った投稿に対して、タップしてタグを表示させるまでを行なっていると。
その先の商品詳細ページを見て、購入目的にECサイトの商品ページに流入されたとしても、購入手続きにおける会員・個人情報登録、支払い情報登録など、手間だけどやらざるを得ない手順は色々と待ち受けており、その度CVRを引き下がるワケで、グローバル1.3億/月間程度では、足りないのかも知れません。

楽天市場のインスタアカウントがショップナウ投稿から楽天市場に遷移させても楽天会員なら登録も手間はなくて効果的なのでは? うーんそれ楽天はピンタレストでやってください。


It is said that 1 billion people use it globally, so about 10% of the posts with a shop now function are tapped to display tags.
Even if you look at the product details page ahead and flow into the product page of the EC site for purchase purposes, there are various procedures that you have to do, such as registering membership / personal information and registering payment information in the purchase procedure We are waiting, and the CVR will be lowered each time, and it may not be enough for global 130 million / month.

Even if Rakuten Ichiba’s Instagram account makes a transition from Shop Now posting to Rakuten Ichiba, if it is an Rakuten member, registration is effective without trouble. Well, please do it on Pinterest.



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
具体的数値はありませんが、ジャパンのユーザーたちは、ショップナウ機能を好意的に利用しているとのことです。メデタシメデタシ。


インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
ショッピング投稿での「伝達手法」ですね。商品単体のブツ撮りよりも、着用でも利用でも「シーンの具体化」がキモであり、いわゆるイメージカットです。
このあたりのECにおける商品画像センスは海外の方が「ズバ抜けて」いる次第ですが、ショッパブルコンテンツに必要なのは、コストやクオリティよりもセンスであり、それを磨く「量」ではないかと。


It’s a “communication method” for shopping posts. It’s more about “realization of the scene” than wearing a single product, but wearing it or using it.
The sense of merchandise image in EC in this area depends on whether the overseas one is “absent”, but what is needed for shoppable content is more sense than cost and quality, and “quantity” to polish it.



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
動画でも可能ですし、スライドショーよろしく不複数毎の画像を繋げて見せるなど方法は様々なれど、Howtoは再現性に優れるデジタルコンテンツならではのアドバンテージです。


There are various ways to connect videos, such as videos, and slideshows, so you can connect and show different images, but Howto is an advantage of digital content with excellent reproducibility.



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
サイト送客導線としても一線を画すストーリズ投稿の訴求力は目を見張るものがあります。世界観を蓄積するフィード投稿との差別化に、オフショットの投稿などが常套ですが、公式なオンよりオフの方が好評という点では、ブランドクリエイティブの悲哀を感じます。

肖像権で利用限定的となるモデル着用をストーリーズに、スタッフ投稿を通常フィードにと、大人な事情も上手く掻い潜りましょう。


The appeal of Stories posting, which sets it apart from other sites, is remarkable. Off-shot postings are commonplace to differentiate from feed posts that accumulate the world view, but I feel the sadness of brand creatives in that off is more popular than official on.

Strategically dive into adult situations, with wearing models that are limited in portrait right to stories and staff posts in regular feeds.


インスタショッピングのこれから

インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
たまたま見つけた商品タグからページ遷移しても、会員登録や購入手続きなど手間が多く、これまでCVを引き下げてしまうことに。海外ユーザーならなおさら。という弊害をクリアすべくアプリ内決済を実現するチェックアウトが実装予定です。

つまり、インスタアカウントにお支払い情報や実名・住所を登録しておくことになります。折から個人情報の取り扱い界隈ではイメージダウンのフェイスブック傘下とあって、登録動向はあまり期待できませんが、海外ユーザーがジャパンブランドアカウントのショッパブルコンテンツからCVに至るにはスムーズとなるので、このチェックアウト機能は、グローバルEC向けと言っていいでしょう。多分「リブラ」でブレイクするのでしょう海外では。


Even if the page transitions from a product tag that happens to be found, there are many troubles such as membership registration and purchase procedures, and the CV has been reduced so far. Especially for overseas users. Checkout to implement in-app payment is scheduled to be implemented in order to clear the negative effect.

In other words, you need to register your payment information, real name and address in your Instagram account. Occasionally, in the area where personal information is handled, it is under the umbrella of Image Down, so registration trends can not be expected much, but it will be smooth for overseas users to go from shoppable contents of Japan brand account to CV, so check out this The functions are for global e-commerce. Maybe you’ll break with Libra abroad.


インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
商品タグを付与する投稿には、フェイスブックページでの管理・編集権限を持つアカウントである必要があります。つまり「部外者」には投稿できないのですね。

いくら関係性の良好なインフルエンサーとはいえ、フェイスブックページへの権限を付与することは、企業やブランド情報だけでなく、特定ファン/フォロワー情報を閲覧可能にすることを意味します。

この辺りの弊害さえもクリアしてまでもインフルエンサー利用環境を整える次第、その影響力や期待度が高いことは間違いありません。

インフルエンサー起用は、ソーシャル上メッセージ取引から、企業契約にシフトし、ショッピングタグはアフィリエイト形式で投稿が増えるだろう予想です。


Posts with product tags must have an account that has administrative and editing rights on the Facebook page. So you can’t post to “outsiders”.

Despite being a well-influenced influencer, granting access to a Facebook page means being able to view specific fan / follower information as well as company and brand information.

There is no doubt that the influence and expectation of the influencer will be higher as soon as the environment for using the influencer is set up, even if the evils around here are cleared.

Influencer appointments will shift from social messaging to corporate contracts, and shopping tags will post more in affiliate form.



インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
チャックアウト機能が実装されば、インスタ上でのショッピング提供は、3つのパターンから提供され、それぞれ購入エリアを目的地として使い分けで想定されます。
主に店頭への誘導を目的として「広告」投稿、
自社ECサイトの商品ページや特定LPへの誘導を促進するショップナウ投稿、
認知・発見から購入までを最短ルートで実現するチェックアウトと果たす役割が異なりますが、インスタ運用としては、ショップナウ投稿からのCVと収益の獲得が目標となるでしょう。


If the chuck-out function is implemented, shopping on the Instagram will be offered in three patterns, each of which is assumed to use the purchase area as the destination.
Posting “advertisements” mainly to guide customers to stores,
Shop Now postings to promote product pages of your company’s EC site and specific LPs,
The role of checkout is different from checkout, which realizes the process from recognition / discovery to purchase through the shortest route, but the goal for Instagram operations will be to earn CV and revenue from shop now posts.


ショッピングを変えるインスタグラム

インスタショッピング,EC CUBE DAY 2019,インスタ活用法,インスタグラム公式資料,Instagram,消費トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

栄枯盛衰のソーシャルメディアにおいて、さすがのインスタグラムとはいえ、ティックトックの追撃を受けている現状、ひとつでも多くのアカウントでの成功事例が、インスタショッピングのビジネス基盤を強化なものとします。

実装1年にして「思った以上に盛り上がらない」状況に、インスタ投稿の有効活用は、自社投稿の購買影響力よりも、顧客ユーザーたちによる投稿の有効活用の方が貢献度が高いとの見解もあり、敵は他社ソーシャルというよりは、サードパーティサービスだったりするのではないでしょうか。


In spite of the rise and fall of social media, despite the fact that it is an Instagram, despite the fact that Tick Tok is being pursued, success stories with as many accounts as possible will strengthen the business base of Instagram shopping.

In a year of implementation, in the situation that it does not swell more than expected in the first year, views that the effective use of Instagram posts contributes more effectively to the effective use of posts by customer users than the purchase influence of company posts So, the enemy may be a third party service rather than a social service of other companies.



7/23開催 EC CUBE DAY 2019「ECの未来を支える全ての人が 学び 繋がる」
講演「最新事例に学ぶInstagramショッピング機能&マーケティング活用法」
フェイスブックジャパン株式会社 丸山祐子 氏
講演公開資料より抜粋掲載



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 国内メジャーECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    国内メジャーECモール いまさら聞けないキホンの基

    国内メジャーECモール という括りに、アマゾン、楽天市場、ヤフーショ…

  2. チャットコマース,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    ソーシャルコマース

    【ソリューション傑作選】チャットコマースを切り開く会話広告fanp

    「2019年のECリアルトレンド」でも掲げた チャットコマース 。LI…

  3. 2019年動画マーケティング事情,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    2019年動画マーケティング事情 5G本番前の前戯に高感度を示す

    5G通信網インフラと利用普及が整わない限りにおいて、毎年繰り替えし囁か…

  4. ソーシャルコマース時代到来,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルコマース時代到来 その根拠を語ろうか

    既存メディアはその接触時間が減る分影響力を削がれますが、減った分はネッ…

  5. キャッシュレス調査,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    キャッシュレス調査 進化する令和のお支払い事情

    一度でもキャッシュレスの支払いを経験すれば、現金という支払い行為にまつ…

  6. ポイントブランド,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    選ぶべき ポイントブランド その導入が選ばれるスマホECの条件 | BCラボ ブランドEC研究所

    ニッポンがポイント天国となった背景に、提供事業者の決算に関わるオトナな…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 総合ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP