ショッピングアプリ動向,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

マーケティングトレンド

ショッピングアプリ動向 Criteo最新調査から伺うアプリチャネルの存在感

実店舗かECかという小売チャネルのアドバンスの選択は決定的な状況となりましたが、ECの利用窓口が「サイト」か「アプリ」に2分することによって、注力すべきチャネルのマーケティング手法の優先権も変わることとなります。Criteo調査から ショッピングアプリ動向 を考察します。

Criteoの調査によると、日本では、ますます多くの人々がショッピングや娯楽、親しい人たちと交流する際にモバイルアプリを使用するようになっていることが明らかになったという。ここではその概要について、ポイントを絞って見て行く。

情報源: 若い世代ほどアプリで購入、無料コンテンツなら広告配信にも好意的 Criteoが「コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート」を公表|ECのミカタ



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


コロナ禍でのモバイルアプリ利用動向

コロナ禍で利用が増えたアプリのカテゴリーは?

1位:小売ショッピング:33%
2位:ゲーム:29%
3位:ニュース:29%
4位:動画ストリーミング:28%
5位:ビデオ会議:21%
6位:ソーシャルネットワーク:20%
7位:音楽配信:18%
8位:フードデリバリー:15%
9位:生産性向上:9%
10位:金融サービス:8%

自宅に篭って安全な場所からのお買い物が多くの方々の生活防衛線として、ショッピングアプリの利用が増えたということですが、アナタの注文を届けるために、他の誰かがリアルの世界でリスクを抱えて移動させられていることを考えると、ゲームアプリに興じている方が、人として正しい行為とも言えます。

アマゾン倉庫で集団感染の報道があったように、消費者の安全のために他の労働が危険を強いられるのなら、実店舗だけでなくECというショッピングチャネルも自粛するべきという意見は都合良く完全スルーされていますね。

ショッピングアプリ内決済の利用動向

無料ショッピングアプリ
Z世代&ミレニアル世代:78%
ベビーブーム&サイレント世代:92%

無料DLアプリ内決済
Z世代&ミレニアル世代:28%
ベビーブーム&サイレント世代:9%

有料アプリ
Z世代&ミレニアル世代:8%
ベビーブーム&サイレント世代:4%

スタンダードなショッピングアプリの多くは無料ダウンロードタイプですが、ショッピングアプリ内でアプリ内課金が、物品購入以外に何が存在するかよくわかりませんが、ソシャゲのようにアプリ内課金などの存在する場合、若い世代ほど利用が促されるというデータです。有料アプリでショッピングという形式も認識にありませんが、今後、物質価値のリアルを販売するだけでなく、デザインデータなどの無形価値の販売ECが増加することを考えると、ゲームストーリーに沿ったアプリ内決済で、3Dプリントデータを購入するというコトもあり得るのです。

アプリに許可する機能って?

1位:メールによるお知らせ:51%
2位:通知・アラート:48%
3位:連絡先情報:46%
4位:指紋認証/タッチID:43%
5位:カメラ/マイク:40%
6位:位置情報:37%
7位:健康状態:35%
8位:顔認証:28%
9位:保存済みの銀行情報:27%

アプリに詰め込まれた先進テクノロジーが織りなす利便性を享受するには、あるレベル以上の個人情報を提供する覚悟が求められます。ことショッピングアプリには、支払いプロセスに生じる金融情報と住所や連絡先の個人情報は差し出すことは必然となります。

アプリ機能への認証段階は、ブランドへの信頼の証でもありますが、不正アクセスの被害者となるリスクに対する対価としては、あまりに平凡な「体験価値」しか得られないのは、ショッピングアプリの多くがテンプレアプリから生み出されていることも背景にあるとすれば、もはやフルスクラッチアプリに投資する余裕など、どの小売ブランドにも存在するワケもなく、カートやお気に入りに入れたアイテムが値下げされた通知ぐらいで十分というのが現実でもあります。

ブランドがアプリを活用する際の課題とポイント まとめ

ブランドアプリの課題

・アプリを通してブランドに対するイメージが形成される
・ブランドとの長期的な関係をかたち作る要因に
・ユーザーの個人情報提供に対する透明性ある交換価値の提供が必要
・アプリ利用の安全性と利便性の担保がブランド存在価値の基盤に

アプリを通した体験価値の提供

・アプリリターゲティングは、ユーザーを維持する ために非常に効果的な戦略
・膨大なデータセットを利用して、パーソナライズされた商品を推奨し、CV向上に寄与
・パーソナライズの精度こそが体験価値の源泉

ロイヤルティプログラムの提供

・ロイヤリティが高いユーザーが周りの人にアプリを勧めインストール数を増やすのに
 アプリ紹介プログラムは有効

アプリマーケ機能の活用

・過剰なコミュニケーションに注意
・割引や送料無料などのプロモーションでアプリ利用率の向上に

競争激化するアプリマーケティグでアプリの存在感を高める為には

・口コミとターゲティング広告がモバイルアプリのインストールを促進
・1/3は自分が信頼している人から勧められたアプリをダウンロード
・SNS、テレビ、他アプリで見かけた広告をきっかけにアプリをダウンロード

・日本のモバイルアプリユーザーはコンテンツを無料で利用できる限り、アプリ内広告に対して好意的
・日本のモバイルアプリユーザーの1/3以上が、アプリ内で無料コンテンツを提供する広告配信は無問題

[調査対象]
国内18歳以上の男女1,003人 各世代の定義について:Z世代:1994年以降生まれ(26歳未満)、ミレニアル世代:1981~1994年生まれ(26~39歳)、 X世代:1965~1980年生まれ(40~55歳)、ベビーブーム世代:1946~1964年生まれ(56~74歳)、サイレント世代: 1945年以前の出生(75歳以上)

ランニング負荷が高いアプリマーケの継続力は資本力でもある

広告の存在を毛嫌いするネットサービスにあって、暇潰しの手段提供にお金の支払いを要しないアプリには、そのサービス存続を願うかのように広告の存在に寛容となるようですが、サービスクオリティ自体には厳しい目を向けるのが島国ジャパンの消費気質であり、無料だから寛容であってくれるだろうとセキュリティ意識の低いスキをみせると、積み上げた信頼は一瞬にして損なうことになるでしょう。




GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. キャッシュレス主婦,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    キャッシュレス主婦 昼下がりのお支払い事情を家政婦はミタ

    合計金額を提示されてから財布をカバンから探す、ポイントカードの有無を聞…

  2. オムニ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    オムニに躍起なレガシーアパレルもEC全力のZOZOもブランドランク50圏外という現実に向き合おう

    オムニ チャンネル化で存在感を発揮する大手アパレルの動きと、それに反旗…

  3. Yahoo!トップページに広告掲載,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    アドテク

    Yahoo!トップページに広告掲載 成功者の証をアナタに

    ほぉ Yahoo!トップページに広告掲載 って、何百人の諭吉さんを派遣…

  4. 急増するフィッシング詐欺,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    急増するフィッシング詐欺 ユーザー防衛策がメルマガに終止符を打つ

    不正アクセスによる情報漏洩にはそれなりの技術が伴いますが、 急増するフ…

  5. 逆風下のアフィリエイト,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    逆風下のアフィリエイト LINEアンケート施策の新規効果でお役目御免

    Google検索規制、YDN広告出稿規制など 逆風下のアフィリエイト …

  6. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化

    マスマーケの「不特定多数」には、多勢に・同時に・同一内容を発信する情報…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ピンタレスト,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. ファッション検索トレンド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. インフルエンサーマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
PAGE TOP