SHOPNOW,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

ソーシャルコマース

インスタ中の人が語るSHOPNOW機能活用のポイント | BCラボ ブランドEC研究所

SHOPNOW は待望のショッピング機能ですが、実装当初の待望感ほどにその投稿数はそれほど多くないというのが率直な感想です。バッグアイコン付きの投稿よりもストーリーズ投稿の方がサイト送客に寄与するという現状、 SHOPNOW はどう活用すべきか、その成果点は?インスタ中の人へのインタビュー記事をチェックしてゆきます。



今回、Instagramショッピングについて、フェイスブック ジャパン社広報の市村 怜子様にインタビューを行いました。前編では、Instagramショッピングの背景と、そのカギとなる「カタログ」について伺いました。本記事では後編として、具体的なショッピング投稿のコツや、フォロワーが少ない・運用メンバーが少ないなどの課題について取り上げます。

情報源: Instagramショッピング活用で、ユーザーと偶然の出会いを。Instagram広報 市村様 インタビュー(後編) – Feedmatic Blog

インスタ SHOPNOW まだ知らないブランドとの出会いを Explorerのショッピングチャンネル

名前は知られていないけど魅力的なブランド。そんなブランドとの出会いを創出するのがExplorerタブのショッピングチャンネルであると。

・Exploreでは、その利用者がフォローしてない情報が主に表示される
・ショッピングチャンネルには、ショッピング投稿だけが表示される
 アルゴリズムは、利用者のフォローアカウントと類似した投稿、その友達のエンゲージメントコンテンツなど。
・エンゲージメントが高いコンテンツほど上位表示する仕組み

まさに「インスタ内でのウィンドウショッピング」の実現であり、フォロワーだけがリーチ先でない分、認知や購買への機会創出の場となりえるでしょう。

また「フォロワー数」が運用KPIである場合、ことショッピング機能に関しては「エンゲージメント優先度」が高い次第であり、投稿品質こそが購買機会を高めるため、KPIは「フォロワー数に応じた平均エンゲージメント率よりも上」に設定することになります。

インスタ運用は規模や体制ではなく、リアルと対話への向き合い方

インスタへの取り組み方は千差万別、専任者を置く企業もあれば兼任である場合も多く、その投稿内容や頻度、タイミングなども、業種やブランドなど様々な要素が絡み合って、いわゆる正解もゴールデンルールもないというのが、インスタ中の人の見解。その最適解は、インサイトを分析しつつ、いろいろ試してみることこそがその近道とも。

ただ、動画にしても画像にしても「綺麗なだけ」「クオリティが高い」だけのものが人気であるとは限らないと。注目度の高いストーリーズでは、「作り込んでいないリアル」な方が支持を得やすいと。

完成度の高い「外向き」で「ブランドイメージと世界観」だけを押し付けても、ユーザーとの距離感は埋まらず、その制作の裏側や取り組みへの表情など「様々な面」が見えた方が、そのブランドや世界観への理解も高まるという。

企業アカウントが抱く「ソーシャルメディア」への「メディアだけを意識した」部分よりも、肝心のソーシャルに欠せない「リアル」と「対話」というコミュニケーション要素が重要なのでしょう。

ブランドビジネスにおけるインスタやソーシャルメディアの活用は、ブランドという「上から目線」の階段を1段、2段と降り、ユーザーと同一目線上で、価値観を共有したり、話題となる要素を提供するなどの「フラットな関係」への向かい合い方を探る「扉」なのかも知れません。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. インスタ検索,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ検索 ファッションもレジャーもタグってキャッチ | BCラボ ブランドEC研究所

    「ググれカス!」が検索万能感を誇示すように、ソーシャルスキルを嘲笑う「…

  2. ソーシャルログイン,ソーシャルPLUS,LINE,Yahoo! JAPAN,Facebook,Twitter,Google,利用状況調査2019,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

    デジタルソリューション傑作選

    ECサイトでのソーシャルログイン、利用率NO.1は納得のLINE | BCラボ ブランドEC研究所

    様々な入力項目が必要となるECサイトにおいて、スマホ時代の会員登録は極…

  3. チャットコマース,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    デジタルソリューション傑作選

    【ソリューション傑作選】チャットコマースを切り開く会話広告fanp

    「2019年のECリアルトレンド」でも掲げた チャットコマース 。LI…

  4. インスタ分析,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ分析が示す企業アカウントの運用のコツとは | BCラボ ブランドEC研究所

    インスタ分析 の基本は、フォロー数とエンゲージメントの推移と状況把握…

  5. ソーシャルコマース,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    ソーシャルコマースのメインステージ LINEとインスタは新機軸へ | 4月第3週 トピックスまとめ

    新料金体系にシフトしたLINE、ソーシャルの軸ともいえる「いいね」のカ…

  6. インスタチェックアウト,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタチェックアウトで加熱する ビジュアル衝動買いの背景と行方

    圧倒的な待望感で開始されたインスタショップナウが「空砲のオーガニック」…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. インスタ検索,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ウェブ接客,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. MEO,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. オムニ施策,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. クレカ情報漏えい事故,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP