ショッピファイ,Shopify ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

EC News HeadLine

ショッピファイ インスタグラムでグローバルECを実現するのです

 グローバルなソーシャルメディアのなかでも、画像や動画というビジュアルプラットフォームであるインスタグラムは、「言語」と「感性」の壁を超える「越境EC」の有力プラットフォームとなるのは間違いありません。そのストア化に適したECシステムとして、 ショッピファイ の存在感は一層大きなものになるでしょう。


カナダのマルチチャネルコマースプラットフォームの大手Shopify Inc.は2018年3月21日、写真共有アプリInstagramとの拡張統合の詳細を発表した。企業がInstagramに投稿された製品画像にタグ付けできる“Shopping on Instagram”機能は、8カ国の新たなマーケット(英国、オーストラリア、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ブラジル)のマーチャント(Shopifyユーザー)に利用可能となった。投資家向けのShopify公式発表によると「この拡大は、Shopifyのマーチャントが世界中のInstagramユーザーに商品を販売できる可能性を秘めている」とのこと。

情報源: ShopifyでInstagramのショッピングはグローバルに | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」


 インスタグラムによる「ソーシャルショッピング」は、オーガニック投稿での製品情報タグ付けの実装にて「本格稼働」されたワケですが、これを受けて、サードパーティ系のサービスが「死滅」するとお届けしました。 

 純正としてショッピングプラットフォームになるのですから、勝手系サービスを締め出すのは道理としても、ブランドのEC決済へ誘導する製品タグ付け機能において、インスグラム側はどうやって収益を確保するのが疑問でした。

 これまでなら、商品ページに誘導する投稿は広告ポストにおいて機能していたので、ニーズにおいて収益は発生していましたが、オーガニック投稿となると、各アカウントから利用料金でも徴収しない限り、インスタ側には何も振り込まれません。

 その疑問もショッピファイのリリースにより解決しました。



ショッピファイ,Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


インスタグラムとの販売チャンネルの統合を発表した ショッピファイ

 つまり、インスタグラムはグローバルECプラットフォームであるShopifyから販売利益を徴収するのですね。元々FacebookPageやMessengerのショップ化サービスを提供していたShopifyとインスタが組むのは合理的かつ自然な流れとも思えます。

 グローバルなソーシャルメディアのなかでも、画像や動画というビジュアルプラットフォームであるインスタグラムは、「言語」と「感性」の壁を超える「越境EC」の有力プラットフォームとなるのは間違いありません。そのストア化に適したECシステムとして、Shopifyの存在感は一層大きなものになるでしょう。
 
 めでたしめでたし

ん?Shopifyって何って?そもそもどう読むの?

ショッピファイ それはグローバルECプラットフォーム

 Shopifyは機能拡張性、多言語、自動レート決済など「世界で売れるECストア」を月額29ドルから利用できるEC構築プラットフォームサービスです。カナダで創業され、昨年初めには日本での本格展開が開始されいます。

 日本でいうと、BASEやSTORE.jpのような「オシャレ」で「お手頃」で「利用しやすそう」という身近なサービスの「グローバル展開版」といえば、わかりやすいでしょうか。
 サービス利用の敷居の低さは同ベクトルにありますが、ただしその機能性と将来性において、比較される国内サービスが「比べるのが可哀想」なほど「雲泥の差」です。
 
・ストア開設が超簡単
・機能拡張も2,000以上のアプリで追加
・カスタマイズ可能
・在庫・商品情報・画像など一元管理
・FacebookPageやMessengerのストア化
・インスタグラムアカウント連携でのアプリ内ストア化
 などなど

詳細は、日本語サイト(https://www.shopify.jp)でご確認頂くとして、利用料金と機能面でいえば、競合できるECプラットフォームは日本にはないかも知れません。

スクリーンの小さなモバイルコマースにおいて、フロントの見た目は「シンプル・ミニマル」に、顧客利便性や運用効率を図るバックエンドの高機能化が重視される点でも、国内展開のEC構築サービスと比較しても、アタマ1つも2つも抜きん出ている印象です。

肝心の決済機能も、日本アマゾンログインペイメントやコンビニ決済(KOMOJU)、初期費用も月額利用もないクレジットカード国際決済の「Stripe」の利用が可能。標準的な国内決済ASPサービスと比較しても遜色ないレベルです。現時点においても。
 
 「ショッピファイ」とか「ショピファイ」など、まだ正規表記は定まっていないようで、同様に日本市場向けのローカライズも「もう一歩」というところ。

 実際サービスマニュアルが英語な程度ですが、苦手な人では「少々難儀」するでしょう。日本法人の「対応」スピードに期待しましょう。

 Shopping on Instagramの機能が、いつ日本アカウントに開放されるかは定かではありませんが、そう遠くない日に実装された日に備えて、FacebookPageへ製品情報を登録するだけでなく、Shopifyでストア開設の準備をした方が合理的と思われます。

 アカウントは「個人」でも利用可能なので、自分の作ったアクセサリーなどのハンドメイドを世界販売が容易に実現できるのです。
 もう世界で商売をするのに、資金がないとか言い訳は使えなくなりました。
やるのかやらないのか、ただそれだけです。

では資料をどうぞ



BCLab.ソリューションラインナップ





ショッピファイ,Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. オムニ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    オムニに躍起なレガシーアパレルもEC全力のZOZOもブランドランク50圏外という現実に向き合おう

    オムニ チャンネル化で存在感を発揮する大手アパレルの動きと、それに反旗…

  2. ZOZOTOWN新事業戦略,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    ZOZOTOWN新事業戦略 独善的未来志向の日和り具合がガッカリな件 | BCラボ ブランドEC研究…

    事業売上は伸びたが、営業利益は減益というあくまで自社内の事業構図が問題…

  3. 越境EC購入総額,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化

    マスマーケの「不特定多数」には、多勢に・同時に・同一内容を発信する情報…

  5. 越境EC最強タッグ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Global EC

    越境EC最強タッグ で目指すは米中欧市場の三冠制覇 | BCラボ ブランドEC研究所

    海外ユーザーがジャパンのECサイトでモノを買うという行為は特別なことで…

  6. QRコード,オムニなアジア,カゴ落ち ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    マーケティングデータ

    オムニなアジアで異質な東京お買い物事情 | BCラボ ブランドEC研究所

    越境ECの結果にコミット宣言なトランスコスモスが「アジア10都市オンラ…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. モバイル表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ポイントブランド,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. フルフィメント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP