AMP to PWA

Safari PWAサポート でApplePay進撃を開始 | BCラボ ブランドEC研究所

PWAサポート,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

「アプリかウェブか、それが問題だ」なかなか決着を見ない課題に、一定の結論を導くトピックスが届きました。Safariの PWAサポート です。問題の解決に最も近いのは、アプリとウェブにいいとこ取りなのですが、「ウェブアプリ」がその手段であり、ウェブアプリの可能性を広げるのが今回のニュースなのです。


今日は、次世代のWebサイト(Webアプリ)作成手法「PWA」に関する話題を。アップルが3月30日に配信したiOS 11.3でPWAを使えるようになりました。これでPWAの利用がより進む可能性が高まりました。

情報源: Web業界的には、iOS 11.3最大の特徴はSafariでのPWAサポート開始だ! | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


アップル、 PWAサポート でウェブアプリを解放するってよ

 アップルは今年3月30日に配信した最新iOS11.3より、次世代のウェブサイト作成方法であるPWAを使えるようにしました。
 これまでiPhoneではウェブアプリの肝心な機能が利用できなかったのですね。
ついでにいえば、OSXのSafariも11.1からサポート開始され、実質的にPWAの利用環境は整ったといえます。

 で、PWAって何?

アプリ的機能をウェブで実現するPWA

 まさにアプリとウェブのいいとこ取りがPWAなのですね。
スマホアプリのような機能や動作をウェブサイトで実現するための仕組み、Progressive Web Appsは、ウェブ標準として定められている仕様に準じて、HTML+CSS+JavaScriptで動的なサイトの構築が可能に。

・アプリストアを通さずにウェブサイト経由で利用可能
・ホーム画面に起動アイコンを設置
・ブラウザやURLバーを非表示にした全画面起動やスクリーン
・キャッシュ活用でのオフラインコンテンツ表示
・プッシュ通知
・位置情報の活用
・加速度センサーやジャイロスコープなどのセンサー機能
・カメラ
・音声・オーディオ
・アップルペイ

など、ほぼネイティブアプリ同様のUI/UXがサイトサービスとして実現します。

じゃ、アプリでいいんじゃね
という一周回って元通りみたいな論もありますが、
特殊な開発環境に依存することがなくなるので、コスト減につながり、
アプリストアという閉鎖的環境から開放され、
ディープリンクなどのややこしい技術を必要としないシームレスな連携が図れ、
OS別に開発するという不条理からも解き放たれます。

なによりもユーザー利便性は飛躍的に高まり、サクサク動くインターフェイスによるユーザー体験は、ECにおいても、CVR、エンゲージメント、売上向上などが期待されます。

PWAはユーザーサービス向上の手段

 すでにPWAに対応したサイトを提供しているメディア・フォーブスでは一定の成果を得ている。

・ページ表示速度が6.4秒から2.5秒と爆速に
・セッション辺りのインプレションが10%向上
・セッション辺りの閲覧時間が最大40%向上
・閲覧ページ数が15%増加
・離脱率改善

など、その成果は「ユーザーエンゲージメント」に関するもの。PWAによりユーザー体験は改善されたことを示している。

ただPWAの最大メリットは、サイトサービスの充実化を図る為の工数が劇的に減ることにある。

OS毎にアプリ仕様を限定する必要もなくなれば、開発費も開発人数も削減できる。削減した分はサービスに充当可能。運営効率が高まれば、それだけ「ユーザーに目線を移す」ことになるのだから。

いいことだらけのPWAですが、唯一の懸念点としては、アップルがPWAに対応するということは事実上のOS敗北宣言に近く、巨額の富を産んだアプリビジネスの放棄に等しい。
ブラウザ仕様要件は「鍵」を握っているとはいえ、もはや少数派となったiOSの抵抗力は無いものも同然。

やっぱり対応やめたと心変わりしないか気がかりも、ARや決済シーンに注力するだろうアップルは進む道は、アンドロイド端末でアクセスしたサイトサービスからApplePayでサブスクリプションサービスの支払いをさせる方が利益を生むことになるのだろう。






BCLab.ソリューションラインナップ








 

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

facebookでコメントを

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA