急増するフィッシング詐欺,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングトレンド

急増するフィッシング詐欺 ユーザー防衛策がメルマガに終止符を打つ

不正アクセスによる情報漏洩にはそれなりの技術が伴いますが、 急増するフィッシング詐欺 の類は、簡単にクリエイティブで可能になる点において、数撃ちゃ当たるの散弾方式であり、オンライン決済機会に比例して被害も急増するのです。


急増フィッシング詐欺,決済サービス事業者,フィッシング詐欺サイト,詐欺ウォール,クレジットカード,オンライン決済サービス会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

同社によれば2019年12月度は決済サービス事業者をかたるフィッシング詐欺サイトが増加した。詐欺ウォールで収集したクレジットカード会社やオンライン決済サービス会社をかたるフィッシング詐欺サイト数は、10月に62件だったものが、11月には40件まで減少し、12月は109件と前月の2.7倍まで増加した。 | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。

情報源: ECや決済サービスを偽装したフィッシング詐欺が2.7倍に急増 ソフトバンクグループのBBソフトサービスがレポートを公表|ECのミカタ



フィッシング詐欺サイトが急増

クレジットカード会社やオンライン決済サービス会社をかたるフィッシング詐欺
2019年10月:62件
2019年11月:40件
2019年12月:109件

年末の風物詩となるか、商戦期の決済機会が増えれば詐欺の企みも仕掛けも増えるというワケです。

悪用されたサイトランキング 2019年12月
1位:アマゾン
2位:アップルID
3位:マイクロソフト
4位:JCB
5位:三井住友銀行
6位:日本郵便
7位:佐川急便
8位:ペイパル
9位:楽天
10位:UCカード

日常的にログイン機会が多いサービスが常連ではありますが、12月の特徴として、金融機関名やブランドの利用が目立ったとのこと。ペイペルがランクインしたことも象徴的ですが、メールでの会員登録や手続きの継続先URL配信をベースとして手法には、注意が促されることとなります。

ユーザー防衛手段が浸透すれば・・・

これらのフィッシング詐欺は不正アクセスなどのハッキング手間を有するワケでもなく、ランダムなメールアドレス配信で実施が可能なため、バカでもできるもっとも単純な詐欺手段であり、なんの経験も知識も工夫も必要としないシロサギ入門編みたない手段でもあります。

つまり防衛方法も極めて単純であり、メールなどの記載リンクをクリックしなければ済む話です。会員登録したECサイトやサービスなどはブラウザにブックマークしておき、そこからアクセスすることを厳守すれば、詐欺URLをクリックすることも、詐欺サイトで個人情報を入力することもなくなります。


どんな愛用ブランドでも、メジャーな企業からのメールにおいても、開封もクリックもするなというのが最良な防衛手段なので、もちろんメールマーケティングにおかれては直接的コンバージョンを獲得することは期待できなくなります。そのCV数だけあなたのサイトの顧客が詐欺の被害者となる可能性を秘めているのです。
ついにメルマガはサイト訪問を促す通知役と成り下がるワケで、それならマガジンというコンテンツである必要もありませんから、メルマガは終焉を迎えるのです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    メジャーモール 出店数におけるファッション通信簿

    消費税増税の際もその恩恵は メジャーモール に集約された感がありますが…

  2. Amazonマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    Amazonマーケティング 競争市場を勝ち抜くタフネスブランドに鍛える

    ECの覇者であり、小売の帝王となったAmazon。商品購入のためだけで…

  3. 不正アクセスと情報漏えいの方程式,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    不正アクセスと情報漏えいの方程式 に加えられるECシステムその名は、

    疑わしきすべては捜査対象とするのが警察であれば、捜査線上に上がった事件…

  4. LINE利用調査,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE利用調査 公式アカウントをブロックする通知頻度

    一方的で画一的で無配慮な波状通知なメルマガまがいの運用ではアプリ価値さ…

  5. ショッピングアプリ動向,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    マーケティングトレンド

    ショッピングアプリ動向 Criteo最新調査から伺うアプリチャネルの存在感

    実店舗かECかという小売チャネルのアドバンスの選択は決定的な状況となり…

  6. オムニ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    オムニに躍起なレガシーアパレルもEC全力のZOZOもブランドランク50圏外という現実に向き合おう

    オムニ チャンネル化で存在感を発揮する大手アパレルの動きと、それに反旗…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ピンタレスト,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. ファッション検索トレンド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. インフルエンサーマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP