ショッピングカート,レスポンシブサイト ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

マーケティングトレンド

レスポンシブサイト であるべき理由 | BC Lab.ブランドコマース研究所

ここ数日、EC構築パッケージサービスの比較をしていましたが、多くの決済ASPサービスで構築されるECサイトは「分離型」が主流です。 レスポンシブサイト ではありません。この分離型ですが、モバイル最適化を「スマホ専用ページ」と「PCサイト」を分けて構成される為、サイトの運営負荷が高いのですね。面倒くさくて非効率で。

モバイルファーストインデックスが始まる今、スマホサイトが検索結果に重視されますが、この分離型の多くでは、SEO効果を発揮するのはPCサイトの方です。

つまり、手間もかかるし、オーガニック流入効率も悪いので、モバイル最適化しているのは、表面的な「見栄え」の部分だけで、目的を満たしているワケではないのです。

改めてレスポンシブルデザインのメリットを整理しておきましょう。


ウェブデザインは常に進歩しており、ユーザーに合わせたウェブデザインが次々と生み出されています。ユーザーのスマートフォン所持率の変化によりニーズが高まった レスポンシブデザイン 、インパクトを残しコンテンツを魅力的に見せるパララックスデザイン、どのような目的の方であればこの2つのウェブデザインがマッチするかをお伝えします。

情報源: 今更聞けないレスポンシブデザインと、エンゲージメントを高めるパララックスデザインとは?



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


レスポンシブサイト のメリット

 ユーザーが閲覧するスクリーンサイズは昔から一定ではありませんでしたが、スマホ普及によってそのサイズは一層複雑多様化しました。これに応じて、PCやスマホなどのデバイス毎にHTMLファイルやCSSファイルで最適化したサイトの作成や管理は可能ですが、想像通り手間が掛かります。更新毎に、同じ作業をファイル数分繰り返すのですから。
 そこで1つのファイルで、あらゆるデバイスに最適化する技術が誕生し、複数の異なるスクリーンサイズに表示仕様を調整し、それぞれに最適対応するのが「レスポンシブルサイト」ということです。

 レスポンシブルによって、
・スマホでもタブレットでもサイト閲覧の視認性は向上
・更新の手間の軽減と効率化
・SEO対策の優位性
 が得られることになります。

デメリットしては、サイトの制作・構築が複雑であり、デザイナーやエンジニアが面倒くさがることで費用が高くなるケースでしょうか。ただこれもフルスクラッチで作る場合においてで、大方テンプレートベースを利用すれば、若干のカスタマイズで十分利用メリットは発揮されます。

でも本当にSEOで優位なの?

 正確な回答としては「今後その可能性が極めて高い」と。
Googleが掲げたモバイルファーストインデックスでは、PCサイトはどうでもエエからモバイルサイトの中身を重視しまっせというお達しです。ただ分離型の場合、PCサイトとモバイルサイトの中身の違いが発生しているケースがあり、ユーザー利益を損なうと判断しています。また検索エンジンとしても「異なるファイルに同じ情報」を確認するのは正直シンドいと。
・URL統一によりドメインオーソリティへの影響
・同質情報で構成されるレスポシブルの推奨

ほとんどGoogle様への忖度な感じですが、SEOの基本的な目的が「Google様が正しく理解し評価して下さる」ことなので、お達しと推奨には従うべきです。

実際、分離構成されたサイトの多くが、その運営負荷からかSEO施策がスマホ版まで手が回らないようで、商品検索結果の多くは、PC版が表示される始末。リダイレクト設定も漏れるケースが散見されます。

ただし、サイトのレスポンシブル化が万能とは思っていません。サイトへの導入には「アタマの切り替え」と「見せ方の妥協」が必要になります。

「アタマの切り替え」は、PCサイトの見栄えからモバイル表示を結果とするのではなく、モバイル表示をファーストに設計して、PC版を「妥協」することになります。

レスポンシブサイト に対応するEC構築サービスは

 多くの決済ASPサービスが「分離型」であり、この場合構築・運営にも手間が掛かります。SEO対策も欠落する場合が多いので、この場合「運営への人員投入」で解決することになります。
 EC運営が事業部として「チーム構成」される場合なら問題は軽微でしょう。ただし圧倒的多くのECサイトが、一人程度の担当で運営されているようなので、担当者の負荷は高まるばかり。

 運営効率の観点から選ばれる「レスポシブル対応のEC構築サービス」は、決済ASPサービスでは「AISHIP R」と「CARTSTAR」の2社、オープンソースでは「EC CUBE3系」が選択枝となりますが、ひとりEC担当を前提に、コストと運用効率と将来性を考えると、選ぶべきは「Shopify」の方が有望ですね。

 たった一人で世界に向けて商売する、孤独なEC担当者が得られる唯一のカタルシスです。






BCLab.ソリューションラインナップ








 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. Googleモバイル検索アップデート,ゼロクリック,ショッピング検索,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

    マーケティングトレンド

    Googleモバイル検索アップデート 結果ページからのショッピングが簡単に

    SEOから解放される日をGoogle自らタイムラインを早めている気もし…

  2. チャット接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    チャット接客 CVも満足度も引き上げる応対のポイント

    ふと思いついた疑問が即座に解消されるとわかれば、購入に関わる障壁は取り…

  3. ファッションテック,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. GoogleShopping,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    GoogleShopping 全面刷新で広告強化よりもモール化が進んでしまう | BCラボ ブランド…

    「売り買いの場」が変化劇的のプレイヤーシフトなECにおいて、小売広告の…

  5. スマホだけ民,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    モールも動画もシニアも あらゆるサービスを支える「 スマホだけ民 」

    メジャーモールも動画もシニア向けも、あらゆるサービスがスマホファースト…

  6. カート落ち.BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    カート落ちがアナタの過ちでないと確信される5つの理由 | BCラボ ブランドEC研究所

    安心してください、あの カート落ち も、その カート落ち も、運営担当…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 給付金10万円,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. EC対実店舗,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
PAGE TOP