プッシュ通知,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

マーケティングトレンド

プッシュ通知の効力はサイトにも実装可能なんです | BCラボ ブランドEC研究所

プッシュ通知 といえばネイティブアプリと思われがちですが、今後は「サイトからの通知」を実現する「ブラウザプッシュ」も普及する見込みでございます。Chromeを対象にした限定的な通知が多いのですが、iOSでの解放やSafari向けに通知を可能にするソリューションも登場してますので、アプリの有効施策であるプッシュ通知の「威力」は抑えておきたいところです。


Push notifications are often thought of as native apps, but in the future, “browser push”, which enables “notifications from the site”, is expected to become popular. There are many limited notifications targeting Chrome, but solutions that allow notifications for iOS release and Safari are also appearing, so the “ power ” of push notification, which is an effective measure of the application, is suppressed I want to keep it.


スマホアプリの機能の中でも、最近特に注目を浴びているプッシュ通知。アプリをダウンロードしたユーザーにさまざまな情報を提供できるこの機能を有効に使って売り上げアップや顧客ロイヤリティ向上に努めた事例も多いそうです。今回はプッシュ通知の事例とともにメリット・デメリットについてまとめました。

情報源: こんなにすごいの?プッシュ通知をオススメするこれだけの理由|モバイルマーケティング研究所|モジュールアップス – ModuleApps



ピックした元記事では、様々な導入事例や調査データがまとめてあり、利用シーンや状況に応じたプッシュ通知へのユーザー様態変化が伺えます。本記事では、さらに簡略的にまとめて、元記事の方へ「詳細を確認」して頂こうかと思います。

思いの外、受け入れられる プッシュ通知

・初回起動した時にプッシュ通知が許可される確率:35〜50%
意外や多いですね。アプリ特性にも左右するでしょうが、タイムリーな更新性が求められるニュース系アプリなどは許諾率が高いようです。
 
リテール系は11%〜45%平均と、他どのジャンルよりも低迷。
楽天市場のスパムメール攻勢が、リテール系からのお知らせや通知に「ネガティブイメージ」を抱かせたんだなと、決めつけてしまいましょう。

・許諾アプリの起動回数・継続率は高くなる
リワード広告やらASOなどダウンロード施策に結構なマネーを投じても、勝負となる「1ヶ月目」では、プッシュ通知許諾という前向きなユーザーでさえ「半分は離脱(55%)」というのが現実です。

ただ「通知を許諾しない」距離感があるユーザーのそれは、29%程度なので、許諾をする・しないユーザーのロイヤリティのあり方は如実に変わってくるものなのですね。

その後もおよそ10%程度の継続率の違いが維持されるようで、プッシュ通知を許諾しないユーザーは利用半年後には1割も満たず「ほぼいなくなる」というワケです。

プッシュ通知 活用のキモ

・通知は継続的に 
配信ペースはサービスの特徴で異なるでしょうが、一度設定した配信ペースを崩すと、どうやらアクセスは減るようです。

・手抜きをしない
アプリを削除した理由として、その37%が「毎回同じメッセージでウザいから」と。
配信ペースは週何回が適切とかよりも、気にするべきは「内容」なのです。

・役立つメッセージを
EC関連ですが、開封率の高いメッセージ内容は、
割引クーポン:56.5%
セール情報:51.9%
ポイント倍増:48.1%
と、インセティブ系ばかり。役立つというよりお得情報です。再訪・再起動を促す実績ともいえますが、どのサイトも同じようなタイミングで同様のお得情報を通知していたのでは、定価で買う理由を見つける方が困難です。ディスカウント系のお買い得よりも、ユーザーがメリットを感じてくれる内容を見出すことが重要ではないでしょうか。

・親近感があってもいい
ブランドのテイストにもよりますが、あまりお作法的でご丁寧すぎるメッセージも不要な距離感を感じてしまうものです。単なるテキストが表示されるよりも、画像や絵文字など「日常的使われるメッセンジャーと同一の見え方」を考慮する必要もあるでしょう。
絵文字入りのプッシュ通知は、テキストオンリーの通知よりも85%も開封率が増加したとの結果も。

コミュニケーションはOne to Oneが基本

メルマガの開封率低下が嘆かれ、一方通行的で一斉で画一的な通知が俄然シカトされる今、ユーザーのタッチポイントは「複数」あるべきで、メールもLINEもメッセンジャーもSMSもプッシュ通知も「どれかひとつ用意」されれば十分という状況ではなくなりました。

どのツールも共通していえるのは、継続的な運用には、ユーザーの反応や利点をキチンと見出し、設計することにあります。プッシュ通知が効果ありとはいえ、メルマガと同じ運用方法では「ウザい」とスルーされることは避けられそうにありません。

お知らせひとつ届けるにも苦労が絶えませんが、従来のECでは希薄だった「コミュニケーション」が重視される次第というのは、ユーザー自体が「購入」というキッカケを通じて、ブランドと対等かつ円滑な関係性を望んでいるとも言えるでしょう。

ブランドが顧客自体の「個」を認めない限り、従来のブランドコミュニケーション設計では、何の最新ツールを使おうが「一方通行」なのでしょうね。

「パーソナライズ」がキモである以上、それを実現しえるツールの導入は「まったなし」という状況であり、One to One が提供できないサイトは、開封されないメルマガ配信の悲劇を繰り返すだけのなのです。


At the same time that one-way, simultaneous and uniform notifications are suddenly scrutinized, the user’s touch points should be “ multiple ”, e-mail, LINE, messenger, SMS, push notification It is no longer enough to “prepare one”.

What all tools have in common is that for continuous operation, it is important to identify and design user responses and benefits. Although push notifications are effective, it is unlikely that they will be passed through with the same operation method as e-mail magazines.

It’s hard work to deliver one piece of news, but the importance of “communication”, which was scarce in conventional EC, is that users themselves have an equal and smooth relationship with the brand through the “purchase” kick. You can say that you want.

Unless the brand recognizes the customer’s “individuality”, what’s the latest tool in traditional brand communication design is “one-way” regardless of which tool is used?

Since “personalization” is the key, the introduction of tools that can achieve it is “quick”, and sites that can not provide One to One simply repeat the tragedy of unopened e-mail magazine distribution.




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    自社EC強化 コロナ禍を経た小売トレンドとECの行方

    直営店こそブランドの証であり、金融機関の融資も店舗実績がベースだったり…

  2. ECリアルトレンド,PayPal決済,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    PayPal決済 グローバルECを成功へ導く3つの架け橋 | BCラボ ブランドEC研究所

    多国籍・多言語・多通貨に対応し、世界中の消費者に利用されるグローバルE…

  3. LINE活用,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE活用 勝ち組アカウントが必ずやってるOne to One配信を会得せよ

    「LINEは企業が本気で向き合うべきプラットフォームだ」という提唱の通…

  4. LINE配信,LINE公式アカウント活用,LINE機能,売上拡大,集客,販売促進,基本機能,便利機能,オプション機能,メッセージ配信,通知メッセージ,LINE Official Account Manager,Messaging API, BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

    チャットコマース

    LINE配信 今知っておくべきメッセージ機能のキホン

    何も考えず一斉配信の方がお手軽お気楽であるのは間違いありませんが、無料…

  5. Googleモバイル検索アップデート,ゼロクリック,ショッピング検索,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

    マーケティングトレンド

    Googleモバイル検索アップデート 結果ページからのショッピングが簡単に

    SEOから解放される日をGoogle自らタイムラインを早めている気もし…

  6. YouTubeバンパー広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    アドテク

    YouTubeバンパー広告 接触者の25.2%が「商品検索」を実施

    TVCMな化粧品ブランドでさえ、 YouTubeバンパー広告 の成果に…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. インスタ検索最適化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. ニューノーマルコマース,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
PAGE TOP