パルス消費行動,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティング用語大辞林

パルス消費行動 見せてもらおうか衝動買いとの格の違いとやらを

雑誌メディア持ち得たの最大の効力は、秀でた情報パッケージからの思いがけない出会いによる知価向上にありました。 パルス消費行動 が偶発的な情報接触をトリガーとして日常に潜むなら、雑誌メディアは最後の砦たる知価さえも奪われてしまうのでしょうか。

パルス消費とは、Googleの日本法人であるグーグルが2019年に実施したデジタル化に伴う近年の生活者に関する独自調査の結果に基づいて、同社が新たに提唱する新たな消費行動モデルです。

情報源: ECに即効性のある施策を打つなら覚えておきたい「パルス型消費行動」



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


pulse-consumption-behavior | One of the greatest benefits of magazine media was its improved intelligence through unexpected encounters with excellent information packages. If pulse consuming behavior lurks in everyday life triggered by accidental contact with information, does the magazine media lose even the last stronghold of intellectual property? | pulse-consumption-behavior.


パルス消費行動とは

グーグルが唱える特徴的な消費行動の3パターンがパルス消費行動と定義されます。
該当は、日常的に消費する商品で、
・名前さえも知らなかった商品を買うことに躊躇しない
・購入目的で来店したが、買うものは決まっていないキリィ
・スマホ暇つぶしでたまたま見つけた商品を即買いするもアリ

衝動買いとの違いといえば、
・趣味嗜好品は該当しない
・日用品という比較的「無意識的にお約束品のローテ買い」に忍び込む

本妻がいながら、偶発的でドラマチックな出会いから不倫に発展する昼ドラのような展開ですが、キャバクラのNo.1を指名&アフターは該当しないという点においても、感情剥き出しなドロドロした人間模様の展開が描かれるのがパルスというワケです。

では、不貞いやパルスが誘発される要因はなんなのでしょうか。呪文のごとく自らの意思で発動することでできれば、小売王の座は約束されたようなものです。

Despite having his wife, it is a development like a daytime drama that develops from an accidental and dramatic encounter to an affair, but the nomination of No. 1 in the cabaret & after-sales is not applicable, but also a human pattern with bare emotions The development is depicted by the pulse.

So what are the factors that trigger infidelity and the pulse? If you can do it on your own like a spell, your throne is a promise.

パルスを誘発する6つの直感センサーを刺激せよ

1:安心安全なもの
2:感じるよ自分らしさ
3:よりお得ね
4:売れ筋でオススメ度高し
5:これはソソられるわね
6:スムーズでスマートでクールなショッピング

誰もが直感センサーを実装していますが、すべてがあらゆる日用品に同様に発動するとは言い切れません。また施策とセンサーの相関性もあり、お買い得センサーを刺激するために、インフルエンサーたちの投稿は影響力を発揮するでしょうか。

パルス誘発と購買までの一元導線はどこにある?

グーグルが提唱している消費行動の定義なので、パルス発生機会の創出を「検索」をよりどころにしていますが、実際のところ消費者が抱えている潜在ニーズの突発的な顕在化を可能にするのは、消費行動線上ではなく、日常行動上でしかありえません。

検索が日常的かつ優先度の高い行動であった「スマホ以前」の世界であれば、Googleこそが小売王に君臨していたのですが、「スマホ以降」であるいま、それは「何気なく起動するソーシャルやチャットアプリ」であり、ジャパンでいえば、インスタグラムやLINE上でこそパルスの呪文が発動されるワケです。

Since the definition of consumption behavior proposed by Google relies on “searching” for creating opportunities for pulse generation, it actually enables sudden emergence of potential needs of consumers It can only be on daily behavior, not on the consumer behavior line.

If search was a daily and high-priority action “ before smartphone ” world, Google was the king of retail, but now “ after smartphone ”, it is “ starting casually It is a social and chat application. In Japan, pulse spells are activated on Instagram and LINE.



常に呪文を唱えるのも異形の業みたいでコワいので、その発動はユーザー側の様態に委ねるのが実情です。インスタやLINEを日常接触環境とすることが、パルス誘発の絶対条件であり、そのトリガーをコントロールする術は、10万フォロワーを抱えたインフルエンサーでも保証対象外です。「小さいことからコツコツと」を実践する以外にありませんが、その運用に価値を求めるなら、投稿分析や機能強化ぐらいは視野に入れておくべきです。

It’s awkward to always cast spells like a strange job, so it’s a fact that the activation is left to the user. It is an absolute condition of pulse triggering to make Insta or LINE a daily contact environment, and how to control the trigger is not guaranteed even for influencers with 100,000 followers. There is no other way than practicing “from smallness to slickness”, but if you want value in its operation, you should consider post analysis and enhancement.pulse-consumption-behavior.



GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. クレカ情報漏えい事故,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    クレカ情報漏えい事故 危機意識乏しい中小ECサイトにロックオン | BCラボ ブランドEC研究所

    拡大一途の クレカ情報漏えい事故 ですが、その増加ぶりは危機意識を麻痺…

  2. 急増するフィッシング詐欺,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    急増するフィッシング詐欺 ユーザー防衛策がメルマガに終止符を打つ

    不正アクセスによる情報漏洩にはそれなりの技術が伴いますが、 急増するフ…

  3. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS,WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    【ECおまとめ定期便】WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS | BCラ…

    令和最初の開催となった WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社…

  5. 越境EC実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    越境EC実態 インスタグラムが10代女子をグローバルに道標

    EC鎖国なジャパンの 越境EC実態 におかれましては、業者も消費者も言…

  6. 売れる商品画像,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    売れる商品画像 ブツ撮りを制するモノ、ECを制す

    白バック影イキな商品単体を写すシンプルなブツ撮り画像の価値が見直されて…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. CVR基準,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. IDマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 新型コロナショック,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. ソーシャルコマース時代到来,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP