プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

チャットコマース

プラットフォームチャット サスティナブルなお買い物体験のリアルへ

ウェブ接客がEC必須となりつつある今、その会話を成立させる場所をどこにすべきかが選択の分岐点となっています。独自のチャットタワーを設置するか、LINE、FBMessengerなどの日常的に利用される プラットフォームチャット を起点とすべきか、迷える小売に導きの光を。


Now that web service is becoming an EC requirement, where to place the conversation should be a turning point. Whether you want to set up your own chat tower, or start with a platform chat that is used on a daily basis, such as LINE or FBMessenger, give your guide to the lost retailers.


グーグル、アップル、フェイスブックなどの大手企業は、消費者がメッセージ機能を通じてブランドにコンタクトし、ブランドから購入することを容易にしました。AIは、企業がこれらのチャットプラットフォームを通じてより効果的に販売するのに役立ちます。



おカネの行方にコミットするテックメジャー企業

Googleは「RCS / リッチコミュニケーションサービス」、Appleは「ビジネスチャット」を、facebookは「WhatsAppビジネスAPI」を公開しました。個人情報取得とその膨大な量をビジネス基盤とする彼らにとって、関心すべきは、その情報から動くおカネの行方というワケです。

消費者はチャットを好み、会話を通じて商品を購入しやすくすれば、企業やブランドにとって掛け替えのない重要な場所としてチャットやメッセンジャーに投資することでしょう。

実際、4大チャットプラットフォームのWhatsApp、FBMessengeer、WeChat、Viberだけで40億人が利用しているという事実。

AIのパーソナライズがメッセージ力を高める売上を伸ばす

さて、そんな魅力的なショッピングエリアに先端のデジタル技術を投入するとあれば、担うべきは人工知能とう次第で、都合40億人分のニーズをキャチして分析して、考えて最適化して投げてしまえば、技アリとうことです。

AIは商品リコメンドを最適化する

FB自身の調査では、ユーザーがBMessengereでブランドに接触する一番の理由は、「購入したい特定商品について質問する」ことだそうです。購買行動に関わる確認ですが、それをアカの他人よりも、その商品の販売元や作り手から聞き出したいワケです。もしかしたら、商品の質問ということ自体、コミュニケーションの言い分に過ぎないのかも知れません。
いずれにしても、消費者が直接的に「欲しい・関心がある・買う気マンマン」な状態に直接コミットできるワケです。こんな素晴らしい場所では、売らんとする人の下心を包み隠すAIの最適化されたセールストークが役立つというものです。

AIは消費者にもブランドにも相互フォローする

すでに78%ものカート離脱率が普通となった現在、その理由を知る術もその努力も無駄かもしれません。離脱を防止するよりも離脱後にどう再び決済行動へ移行させるかが大事なのです。
カートインした8割もの膨大に購買候補者たち、個別に促しをするのは人的な労力ではもはや不可能というものです。
消費者の半数以上が「メッセージ機能を利用してより多くの買い物をする」と答えているので、新しい販売チャンネルへの取り組み姿勢こそが、消費者が知りたいことなのかもしれません。

AIはパーソラナイズが得意もちろん

サイトに来店したとは、隅々くまなく徘徊してくれるほど消費者は暇ではありません。91%もの消費者が自分に最適化されたオススメ商品を提示してくれるサイトや企業との取引を好みます。
自分にとって欠かせない、自分の存在を知ってくれている相手とのコミュニケーションを好むのは当然というものです。いくらサービスクオリティが高くでも、全体的で均一同質な誰にでも同じ顔と会話をしていたのでは、それこそ機械を相手にしているようなものです。実際そうなんですけどね。

プラットフォームチャット 最重要販売チャンネルに名乗り出る

スマホによってパーソナルで過ごす空間や時間がリアルからスクリーンへと比率を引きあがたように、今やチャットという相互会話を成立させるメッセンジャーアプリが最も大切なパーソナルティを保持する空間といえるのでしょう。

大切な知人やパートナーとの共存空間に、位置付けや役割は異なれど、「並列に存在」しうる場所は、企業やブランドにとっても貴重であることは間違いありません。

スマホよってソーシャルメディアが台頭・普及したことで、情報伝達の上下関係はなくなり、それはメディアも企業も一般消費者と同じ目線で、対応な関係性を確立することを意味します。

日常として過ごす空間に、企業やブランドとして寄り添えれば、期待される成果は少なくありません。目的が明確な場所こそユーザーに寄り添いやすい場所であるならば、わざわざ来店を促すよりも、自ら話しかけることが都合が良いともいえます。

店以外で接客し、店以外で購買行動に寄り添うというリアルでは不可能なコミュニケーションを実現するのですから、販売チャンネルとして無視できないのは当然といえば当然なのです。無論、自前よりは、すでの多くの人々が日常的利用に慣れた場所の方が好都合ですから、日本でいえばLINE一択という現実に、対抗馬に名乗り上げたプラスメッセージでの3大キャリアの意地というものを垣間見せて頂きたいものです。


Just as the space and time spent personally with smartphones has increased the ratio from real to screen, a messenger app that establishes a mutual conversation called chat can be said to be the space that holds the most important personality.

There is no doubt that places that can be “parallel to each other” are valuable for companies and brands, even though their positions and roles are different in coexistence spaces with important acquaintances and partners.

With the rise and spread of social media through smartphones, the upper and lower relationship of information transmission has disappeared, which means that both media and companies have the same perspective as ordinary consumers and establish responsive relationships.

If you are a company or a brand, you can expect a lot of results from your everyday space. If a place with a clear purpose is a place that is easy for users to snuggle with, it may be more convenient to talk to them than to invite them to visit the store.

It is a communication that is not possible in real life, such as serving customers outside the store and snuggling with purchasing behavior outside the store, so it is natural that it can not be ignored as a sales channel. Of course, it is more convenient to have a place where many people are accustomed to everyday use than to yourself, so in Japan the three major careers with a plus message that came up as a rival horse in the reality of LINE choice I want you to have a glimpse of what is meant.



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 国内メジャーECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    国内メジャーECモール いまさら聞けないキホンの基

    国内メジャーECモール という括りに、アマゾン、楽天市場、ヤフーショ…

  2. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    LINEマーケティング

    LINE広告 圧倒的リーチ力で実現する永続的なEC共栄圏

    当初 LINE広告 への投資は、資本豊富なナショナルクライアントを対象…

  3. 3大メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    3大メジャーモール 売上伸長ランキングが映し出すコロナ市況のリアル

    新型コロナによる行動自粛は、「巣篭もり」という消費スタイルを確立させ、…

  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選

    従課金制移行が着目されるLINE公式アカウント。顧客とのエンゲージメン…

  5. 自社EC運営,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    自社EC運営 それはビジネスを決めるマーケティングであり経営でもある

    コロナによるECへの影響は、その利便性や社会性が、より多くの消費者に認…

  6. インスタショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタショッピング 公式資料から考察する「これからの姿」 | EC CUBE DAY 2019

    インスタグラム公式資料から、インスタの今を知りどう活用すべきかを考察し…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 送料コスト高騰,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  5. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
PAGE TOP