Pinterest ,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

ソーシャルコマース

Pinterest ビジュアルコマースで存在感を示す | BCラボ ブランドEC研究所

ソーシャルマーケティングに夢中な企業ほど「眼中」にない Pinterest ですが、その成り立ちから現在においてサービスの本質は変わり、「素敵な画像を軸にした共感・共有価値確認の場」から、「潜在的な物欲までも可視化させる発見の場」に様変わりしているようです。

次々と登場するサービスにあって、フォロワー獲得やエンゲージメント向上などが呪文のように説かれるソーシャルサービスを、アレもコレもと運用するのは疲弊を伴います。

2億アカウントを達成したとはいえ、メジャーサービスには見劣りする以上、Pinterest自体も変化による「独自のポジション」の獲得が必要だったのでしょう。

では、ジャパンのブランドカンパニーにとって、Pinterestは有効なのか、本記事から探っていきましょう。


昨年、グローバルではMAU数が2億人を突破したPinterest。個人利用する人も増えて、認知もかつてより広まっているものの、国内企業の活用にはまだまだ成長の余地があります。
今回、ラボ編集部はPinterestをローンチ当時から使い続けている達人、自称「Pinterestおじさん」とPinterestの「中の人」の話し合いにお邪魔しました。そこで、Pinterestの現状と今後の可能性について熱く語っていただきました。

情報源: Pinterestを使わない理由はあるのか? Pinterestおじさんと中の人が語る真の使い方とは – SNSマーケティングの情報ならソーシャルメディアラボ【Gaiax】



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


Pinterest はNOT SNSへ

素敵な画像による世界観の構築や価値の共有
→ディスカバーエンジンとして「発見」して「購買」に移す場

これは「ショッピングエリア」であり、ユーザーがセレクトして収集したユーザーメイドセレクトショップでもある

いいね機能の廃止
→ユーザー自身の興味関心の精度を引き上げることが目的

「いいね」したことを伝達する必要がなくなった。つまり、ワンクリックの行為の考察には、アカウントのつながりもフォロワー数などのスペックは不必要なのである。

フォロワーの数とビュー数は関係ない
→他のSNSで発信するには、その伝達先の「数」が発信力となったが、画像毎にアルゴリズムが異なるPinterestでは、アカウント自体のフォロワー数は、直接的な発信力にはならなくなった。
あくまでも画像にパフォーマンスが内在するカタチである。

発見の場で重要なのは、
コンテツクオリティ
→コンテンツ「数」と「頻度」と「関係質」に

Pinterestのフィードを眺めていると、目立つのは「雑誌に近いクオリティの画像」であり、そのクオリティをベースにした「使用ビジュアル」にあります。メディア的に表現でいえば「ライフスタイルやシーンの具現化」ですね。

従来から海外ECサイトの商品画像は、白バックの単体画像よりも、その商品を使用したシーンの再現ビジュアルが多く、イメージ画像とは異なるリアリティが、商品購入後の使用感を想起させてくれます。非常に説得力があリます。単品の多角度画像にひしめいているジャパンのそれとは対照的ですね。

また、アパレルの着用画像においてもその違いは明らか。うつむき控えめ加減なポージングのジャパンブランドスタッフの着用画像は、ユーザーのそれと大きな違いはありませんが、海外の着用画像はいずれも「見やがれ」と自信に溢れ、かつ自然なショットが目立ちます。

目線があるかないかの違いではありません。その服を着て「楽しんでいるか否か」は歴然としています。

画像インスピレーションから
→購買トリガーへ

インスタグラムのショッピング機能が話題ですが、画像という「具体的かつ明確な情報伝達手段」をベースにしたショッピングプラットフォーム化は、Pinterestの方が早かったですね。
日本でPinterstの名がメディアに載ったのは、「佐野る」しちゃった元になったから。
 
デザイナーを始めクリエーターのインスピレースションとインスパイアとリスペクトの場が、今や潜在需要までを掘り起こす画像をトリガーにしたショッピングプラットフォームなのです。

これにより、画像はその他多くの「類似画像」と連携し、他社商品画像で引き上げた需要を自社画像からコンバージョンに繋げることができる「小は大を兼ねる」可能性を秘めたこと意味しています。

有名であるとか、広告費を注ぎ込んで人気ブランドとか、フォロワーをたくさん抱えているとが、インスタグラマーと仲良しとか、まったくアドバンテージになりません。それだけ「チャンス」を抱えた場所になっているのです。

それでも企業は Pinterest をやらないワケ

発見され、保有され、購買機会をも生むPinterest。その運用には、フォロワー数の増加などを気にすることなく、ブランド世界観に相応しいブランドコンテンツを積み上げていけばいいのです。しかも投稿コンテンツは「時間的経過の劣化」を気にする必要もなく、無意味に投稿スケジュールに追われるプレッシャーもない。

狩猟的なシェアやいいねを獲得行動となるインスタグラムと比較てしても、農耕的に「のんびり」したアカウント活動が可能だ。

いいね数やフォロワー数に振り回される必要もなく、ブランドの世界観を大切にするビジュアルマーケティングが実施できるというのに、なぜPinterestで活動するブランドは増えないのでしょうか。

複雑で変化が激しいデジタルマーケティングに置いて、ブランドの活動も多岐にわたりその業務負荷は、部署を問わず膨大化しているのは間違いありません。
ただ唯一のメリットといえは、コンテンツクオリティや情報発信手段の「コスト」が劇的に低下したことにあります。

インスタ投稿にわざわざカメラマンを雇う必然性はありません。
情報期限を気にしてメディアにリリースを流さずとも、解禁日の当日にSNSに投稿すればいいのです。

印刷部数を削り続けたシーズンカタログも、店頭配布日を逆算して締め切り日に追割れる必要もなくなりました。

着用投稿も、コーディネイトコンテンツもiPhoneひとつで可能ですから、実売につながるコンテンツコストが劇的に引き下がった現在、Pinterestだけにコンテンツコストを増やす道理がありません。

笑いが止まらないほどPinterestだと売れるわ、と話題になれば別ですが、一旦落としたコストを引き上げるのは容易ではありません。

さて、そんなインスタだけに夢中な連中はほっておいて、逆張りとブランド下克上を目録む新興ブランドであれば、ぜひPinterestと合わせてグローバルECにチャレンジしてください。

ジャパンでブランディングとか知名度とか気にしていたのが「お笑い種」とニヤつく程の可能性を、Pinterestはもたらしてくれることでしょう。

インスタのレッドオーシャンを息継ぎなしのクロールで全力で泳ぐか、
ピンタレストのブルーオーシャンを平泳ぎでマイペースに進むか。

いずれにしても「成果」は海の向こうですから。






BCLab.ソリューションラインナップ








 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. ソーシャルの口コミ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルの口コミでお買い物したよ!購買転換率選手権 | BCラボ ブランドEC研究所

    ソーシャルの口コミ によって物欲や購買意欲が動くなら、日々コツコツと投…

  2. インスタ分析,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ分析が示す企業アカウントの運用のコツとは | BCラボ ブランドEC研究所

    インスタ分析 の基本は、フォロー数とエンゲージメントの推移と状況把握…

  3. SHOPNOW,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ中の人が語るSHOPNOW機能活用のポイント | BCラボ ブランドEC研究所

    SHOPNOW は待望のショッピング機能ですが、実装当初の待望感ほど…

  4. EC施策,PWA導入,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    EC News HeadLine

    EC施策 新規もリピートも顧客獲得のトレンドとは? | BCラボ ブランドEC研究所

    あらゆる EC施策 において、その最大目的は売上拡大であるのは常。売上…

  5. インスタ動画広告,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ動画広告 購買影響力を昨対5倍に引き上げ躍進す | BCラボ ブランドEC研究所

    メディアプレイヤー各社は、インフィード広告などの重要広告枠に動画を起用…

  6. ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC研究所

    この時期になると多くのマーティングサイトで展開されるECトレンドのお題…




人気記事

  1. ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC
  2. ファッション小売,台湾市場 .越境EC 支払い Pay Payment チェック BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC
  3. MA事例,YOTPO ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC
  4. MA用語集,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略
  5. MA導入,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

Shopify

Shpoify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. D2C,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ファッションショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. アトリビューション,Attribution,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
  4. ソーシャルログイン,ソーシャルPLUS,LINE,Yahoo! JAPAN,Facebook,Twitter,Google,利用状況調査2019,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
  5. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
  2. ファッション小売,台湾市場 .越境EC 支払い Pay Payment チェック BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    事例集

    ファッション小売 大手が語るそう遠くない未来から自社EC像を探る | BCラボ…
  3. MA事例,YOTPO ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    Marketing Automation

    【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. MA用語集,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    Marketing Automation

    【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. MA導入,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    Marketing Automation

    【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
PAGE TOP