専門店のパーソナライズ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングトレンド

専門店のパーソナライズ それが小売業覇者Amazonへの対抗策 | BCラボ ブランドEC研究所

取り扱い商品点数、高い顧客満足度と小売業にあるべき理想系として存在するAmazon。もしAmazonに対抗するのではあれば、巨大で誇大化しすぎた覇者が、一長一短では構築できない「経験」と「ニッチな専門性」を武器とする他なく、それを可能にするのは、上場決算で投資家から言及される必要もない、インディペンデンスな 専門店のパーソナライズ なのかも知れません。



Eコマースの先端を行くアメリカでは、好みやサイズや購入予算など、顧客個々の条件に合わせる「パーソナリゼーション」への取り組みが非常に重要視されていると伝えてくれるのは、『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住の、りばてぃさん。マーケティングのスペシャリストでもあるりばてぃさんによれば、パーソナリゼーションはさらに進んで、専門性をどれだけ提供できるかが鍵となっていくようです。

情報源: 米小売業界に学べ。アマゾンには出来ぬ、きめ細かさに商機あり

アメリカ小売事情の今

市場規模を背景に、マーケティングもプロモーションも先端事情をゆくアメリカにおいて、小売業のトレンドは「パーソナライズ」と「オムニチャンネル」が浸透しています。

・非パーソナライズな状態での買い物はストレス:71%
・パーソナライズされた小売業者からリコメンドに従順なZ世代:84%

と、企業やブランドが消費者と向き合い、その存在を認識することで、両者の関係性は「上下左右関係なく」極めてフラットで良好な関係性を構築します。

「パーソナライズ」は企業にとっても商品を売りやすく、お客にとっても商品が買いやすくなるのは間違いありません。

専門店のパーソナライズ を示す「リテール・パーソナリゼーション指標」

2017年から開始されたウェブ上のマーケティングリサーチですが、小売業100社を独自指標でランキング発表。指標は「オススメ商品が関係性があるか」、「メールなどの提供情報がウェブブラウザの履歴に反映しているか」や「オムニチャンネルを通じた購買環境に顧客データが統合されているか」などを評価します。

この指標において、軒並みランキング上位しているのが「専門性を売りにする」点です。
美容専門のセフォラ、美容ブランドのボディ専門ショップ、女性向けアパレルのアーバン・アウトフィッターズなど。

専門性に長けた深い商品知識によるパーソナライズと購買アルゴリズムに即したリコメンドのどちらかに価値を見出すかという視点です。

無論これだけで「ねぇ君、Amazonの倒し方知ってる?俺は知っているよ」といきません。これからもAmazonの躍進は続くでしょうし、利用視点でもその満足度は引き上がってゆくでしょう。進撃のAmazonに凌駕されるまま黙って駆逐されるよりも、「自分たちの専門領域に磨きをかける」ことと、それをサービスとして利用者に提供することができれば、少なくとも「すべての顧客をAmazonに奪われる」事態は避けることができるかも知れません。

その「専門性の高い個店」を実現するのは他のショッビングモールでしょうか?
違いますね。
自社ECや直営実店舗など「自分の店」でしか、その真価を発揮する場所はないのです。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド

    ECリアルトレンド と称して、多くのEC事業社にとって身近になるだろう…

  2. fsコマースクリエーター,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    fsコマースクリエーター スマホECが捗り平均124.65%の成長に貢献

    EC構築プラットフォームとして存在感を示すフューチャーショップ。スマホ…

  3. AppleCard,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    AppleCard 不正アクセスを撲滅し、泥酔ショッピングを増長させる仕様 | BCラボ ブランドE…

    デバイスで世間を賑わすApple発表会ですが、サービスに徹した今回の最…

  4. ECペイメント事情,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,,

    マーケティングトレンド

    ECペイメント事情 若年層の利用動向から開かれる未来の扉 | BCラボ ブランドEC研究所

    支払い手段がないなら諦めるのが当然として、3割弱が購入行動を継続してく…

  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化

    マスマーケの「不特定多数」には、多勢に・同時に・同一内容を発信する情報…

  6. 二段階認証,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,




人気記事

  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. 主要SNS関連データ,SNS利用状況,Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,若年層のSNSの活用法,商品の認知に関する調査,休日と平日のSNS利用の違い,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,
  2. Googleモバイル検索アップデート,ゼロクリック,ショッピング検索,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,
  3. PayPay,全国チェーン飲食店,吉牛,吉野家,松屋,全国6500店舗以上,#BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. LINE活用,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
PAGE TOP