越境ECのPayPal,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングデータ

越境ECのPayPal ジャパンの片隅で開国を宣言す | EC CUBE DAY 2019

EC CUBE向けプラグインを提供したことで、ジャパンの自社ECサイトでもPayPal支払い環境を整えることができるようになりました。 越境ECのPayPal を実装しただけで、世界中から顧客が殺到するなら苦労はしませんが、可能性を抱くことにデメリットがないなら、判断は一択です。


越境ECに取り組んでいる方はもちろん、始めるかどうか悩んでいる方、まだ先だけどいつはすべき?とい気になっている方に向けて、越境ECに欠かせない決済手段を提供するペイパルから最新の情報をお届けします。
世界の市場規模、売れている商材、購買意欲を減らさないために気を付けるポイント、不正対策から事例紹介まで、世界中のオンラインショップで利用されているペイパルだからこそお話できる、本当に知っておくべき内容をカバー致します。



越境ECのPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

越境ECのPayPal 市場の概要

越境ECのPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
つい10年前までは「試着もできないECで服が売れるワケねーだろ」が常識だったニッポンのEC情勢。「ヨソの国の言葉も通じない見知らぬ業者にカネを払ったところで騙されるに決まっている」と英語能力とウェブの本質を放棄したかのような閉鎖的な姿勢は、世界の常識ではないということです。


越境ECのPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
ニッポンのB2C-EC市場が18兆円なので、言語と決済と物流に対応するだけで、およそ2倍の市場が目の前に繰り広げらえる次第です。近い将来グローバルスタンダードとして、特段国や言葉の意識もなく商取引が行われることでしょう。意識すべきは税金だけです。


越境ECPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
改めて見ても中国市場の大きさにはグウの音も出ないというか呆れる具合ですが、その市場の有力消費者たちがこぞって訪日観光しているワケで、巨大EC市場にリアルでリーチしているのは他でもないニッポンであるのです。

越境ECのPayPal 市場の人気動向

越境ECPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
世界1位のEC市場中国と2位アメリカ。巨大市場の消費者でも自国ECと変わりなく越境ECを利用しているワケですから、彼らにポジティブに受け入れられていることは大きなビジネスチャンスでもあるのです。

米中貿易戦争の最中の調査か否かはわかりませんが、大国双方ともお互いを必要としているような平和な世界です。


越境ECPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
ニッポンが人気である理由としてお約束のように掲げら得る「高品質」ですが、身の回りにあるメイドインジャパンを探す方が苦労するような時代です。
ただ、それだけ日本人が日本人の作るモノに遠ざかっているとも言え、日本人が知らないニッポンを熟知するのは外国という図式も、アリといえばあり得るのです。


越境ECPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
伝統技法を継承した職人のハンドメイドならいざ知らず、高品質を求め日本から買うのが「アパレル、靴、アクセサリー」というのも気恥ずかしい感が漂います。
ジャパンのファッション商材ほど、「自国色」が薄い商品はありませんけど。


越境ECPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
とはいえ、服を中心としたファッション商材が国境を超えるのは万国共通なようです。日本人こそステレオタイプな国柄を商品特徴に求めますが、自国品を振り返れば、「洋モノ崇拝思考」が染み込んだ「グローバルな商品」だったりします。

越境EC利用者動向

越境ECPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
利用者動向としては、もちろん海外消費者のインサイトとなりますが、海・国またいで購入するのに、「価格が安い」が大きなポイントになっている点はやや不可解です。通貨レート安の恩恵はここでも発揮されるのでしょうが、その意味は国際信用通貨のみ適用されるワケで、ここでの利用者動向は、アメリカ消費者の声ではないでしょうか。無論関税引き上げ合戦の貿易冷戦が越境ECに影を落とすことは間違いありません。


越境ECPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
アマゾンで調子の乗って色々購入したなかに、「1000円程度のiPad保護フィルム」が海外事業者から発送になって一瞬あせりましたが、プライム会員特典の威力を実感した次第です。商品購入価格以上の配送料ってどんな額でも「馬鹿らしい」と感じてしまうのは仕方ありません、人間だもの。


越境ECPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
実はその離脱要因は、国内サイトで国内消費者向けでも同じようなものです。つまり、マーケティングの観点においては、何国からのアクセス、何語を話そうが、「見やすさ・わかりやすさ・使いやすさ」で、購入前も後も満足度を引き上げるのは一緒なのです。


越境ECのPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
ポジショントーク的には、やはり決済面が最も重要ですよと。知らない見たこともないヨソの国の言葉も通じない事業者に、なんの躊躇もなく自分の情報を提供しようという方はまぁいらっしゃらないでしょう。
何ひとつそのサイトに登録することなく購入が完了するならそれに越したことはありません。避けられないリスクは、サイズが合っているかと、きちんと届けらるかの2点に絞り込まれればマシというものです。


越境ECのPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
越境ECユーザーたちが利用している決済手段を提供すれば、サイトは信頼され、購入先として躊躇なく弊害を乗り越えるというワケです。
未だ手数料が高いからという理由でクレジットカード利用不可の店舗など、ECでは通用しませんね。店舗の都合など利用者は汲んではくれないのです。

やっぱりPayPalって頼もしいですね

越境ECのPayPal,ペイパル公開資料,EC CUBE DAY 2019,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
ということで、越境ECで決済環境を整えると同義なのは、PayPal支払いに対応するということです。中国を除く世界70%程度のシェアを占めているのではないでしょうか。


越境ECのPayPal,ペイパル公開資料,グローバルEC,越境ECの概要と現状,PayPal,EC CUBE DAY 2019,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,
あらゆる決済油断と比較して、クレジットカードというジャンルと同格の認知と信頼を得ているのがPayPalということです。世界のEC常識を日本の事業者は備えていないという現実が伺えます。EC鎖国ニッポンで開国の鐘を鳴らすのはPayPalなのです。


さて、相変わらずシンガポール法人だのストアドバリューだの裏技みたいな手法を取らざるを得ないPayPalですが、本当の普及に向けては金融の開国が必要なだけに、表だってアカウント拡大よりも、プラットフォームのモジュール的に提供する姿勢である方が賢明といえます。

メジャー感は削がれますが、越境ECという「現規模を遥かに凌駕する規模のEC市場」を牽引する最良手段であり、重要パートナーとなることは間違いありません。

PayPalアカウントでログインして初めて閲覧・参加できるソーシャルサービスでもあった方が、新しい発見もしやすく楽しめる気もしますが、インスタチェックアウトの登録アカウントにできればお役目としては十分なだけに、堂々と決済サービスを掲げてほしいところです。


7/23開催 EC CUBE DAY 2019「ECの未来を支える全ての人が 学び 繋がる」
セミナー「意外と知らない、データで見る越境EC」
PayPal Pte.Ltd. 小出真一郎 氏
セミナー公開資料より抜粋掲載



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. 消費税増税,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    消費税増税の恩恵はECに!? 1万人調査が示す消費の行方 | BCラボ ブランドEC研究所

    余程の情勢変化でもない限り実施される 消費税増税 。令和元年10月増税…

  2. プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    COMMERCE TREND

    プラットフォームチャット サスティナブルなお買い物体験のリアルへ

    ウェブ接客がEC必須となりつつある今、その会話を成立させる場所をどこに…

  3. 越境EC最強タッグ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Global EC

    越境EC最強タッグ で目指すは米中欧市場の三冠制覇 | BCラボ ブランドEC研究所

    海外ユーザーがジャパンのECサイトでモノを買うという行為は特別なことで…

  4. インスタコマースで売上UP ,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    デジタルソリューション傑作選

    インスタコマースで売上UPを狙うなら検討すべきvisumoとその導入効果

    期待に溢れかえったインスタショップナウも今やすっかり沈静化ムード。カタ…

  5. モバイルユーザー行動,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    モバイルユーザー行動 ショッピングは日常にこそ潜む | BCラボ ブランドEC研究所

    モバイルによって、あらゆるサービスが「手のひらの上」で展開される今、 …

  6. ソーシャルコマース,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    ソーシャルコマースのメインステージ LINEとインスタは新機軸へ | 4月第3週 トピックスまとめ

    新料金体系にシフトしたLINE、ソーシャルの軸ともいえる「いいね」のカ…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. 不正アクセスと情報漏えいの方程式,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. EC通販事業課題調査,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. カート落ち.BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. インスタマーケツール,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP