ECリアルトレンド,PayPal決済,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

グローバルEC

PayPal決済 グローバルECを成功へ導く3つの架け橋 | BCラボ ブランドEC研究所

多国籍・多言語・多通貨に対応し、世界中の消費者に利用されるグローバルECを目指すなら PayPal決済 の導入は「絶対的に」「不可欠」なんですが、PayPalがグローバルECシーンに強いとされる3つの理由を知るに、世界対応はスマホ対応であり、それは確実に日本市場にも影響するので、PayPal未導入サイトは世界のECトレンドの波にノレていないイケてないサイトとなるワケです。


If you aim to become a global e-commerce that can be used by consumers around the world that supports multinationals, languages, and currencies, the introduction of PayPal payment is “ absolutely ” and “ indispensable ”, but PayPal is strong in the global e-commerce scene To understand the three reasons, the global response is smartphone response, which certainly affects the Japanese market, so sites that have not introduced PayPal will be cool sites that are not affected by the wave of global EC trends It is different.



PayPal決済 のリアル

・IDとパスワードで決済
・カード情報の漏えいなどにも安心した買い物環境に
・世界で約2億6700万人が利用
・2018年の年間流通額は63兆円を超える
・まさにID決済のグローバルスタンダード

PayPal決済 グローバルEC成功への架け橋 その1 圧倒的な利用者数

英語圏決済シェアは実に7割にも。
欧米はもちろん、東南アジアや中華圏でもpayPal決済の利用者は多い。まさに世界のお財布、それがPayPal。なぜそのポテンシャルを日本で発揮できないのか、デジタル世界の7大ミステリーにエントリーされるレベル。


English-speaking payment share is as high as 70%.
There are many payPal payment users in Southeast Asia and Greater China as well as Europe and the United States. PayPal is the world’s wallet. The reason why the potential cannot be demonstrated in Japan is the level that is entered in the seven major mysteries of the digital world.


その2 スマホ最適化UI

Paypalでログインすると、同じ端末であれば、他のECサイトでも自動的にPayPalにログインした状態となる機能。もともとクレカ情報をサイトに入力する必要がないPaypalは、サイト離脱率が低いことも特徴ですが、このワンタッチ機能によって、さらに離脱されにくくなりだけでなく、購買行動の継続性を維持することが期待されます。


If you log in with Paypal, you can automatically log in to PayPal on other EC sites on the same device. Paypal, which originally does not require you to enter Creka information on the site, is characterized by a low site exit rate, but this one-touch function is expected to not only make it more difficult to leave, but also maintain the continuity of purchasing behavior Will be


その3 不正対応と未然防止

不正注文を未然に防ぐ仕組みがあり、もしチャージバックが発生しても条件を満たせば損失を補填してもらえるのです。不正注文は越境ECにおける大きな課題ですから、そのリスクを低減できるのは魅力的な限りです。


There is a mechanism to prevent fraudulent orders, and even if a chargeback occurs, you can compensate for the loss if the conditions are met. Since fraudulent orders are a major issue in cross-border e-commerce, reducing their risk is attractive.


PayPal決済のポテンシャルはクレカ未所有者のEC利用

QRコード決済を中心として中国人のキャッシュレス普及の要因のひとつに、先進国が経済発展時に並行した「クレジットカード普及」を飛び越したことにありました。クレカを持つ前に電子決済時代が到来した次第ですが、消費者信用としてクレジットカード審査を通過するキャパも低かったことも挙げられます。

クレジットカードはその利便性よりもステータスが普及エッセンスとなっている分、利用頻度よりもシチュエーションが重視されるワケです。この場合、ECにおいては全く関係のない要素であり、クレカ決済が必須である必要性などはありませんね。銀行口座への紐付けが可能なPayPalが利便性においてのアドバテンージを持ち得ているのは明らかでありワケです。

ポテンシャルの割に普及利用されないPayPalが国内サイトでも導入率を引き上げれば、グローバルECの可能性はより身近になものとなることでしょう。


One of the factors behind the spread of cashless payments by Chinese people, especially QR code payments, is that developed countries have jumped on the spread of credit cards in parallel with economic development. The age of e-payment had arrived before having Creca, but the fact that the capacity to pass credit card screening as a consumer credit was also low.

Credit cards have a status of spreading rather than convenience, so situations are more important than frequency of use. In this case, it is an element that has nothing to do with EC, and there is no necessity to require Creca settlement. Clearly, PayPal, which can be linked to a bank account, can have an advantage in convenience.

If PayPal, which is not widely used for its potential, increases the introduction rate even on domestic sites, the possibility of global EC will be more familiar.


ID決済サービス『PayPal』を越境ECサイトに導入し、新規顧客の獲得やCV率の向上、売上拡大を達成した事例が目立つ。なぜ『PayPal』は越境ECに効果的なのか。


BCラボ ソリューションラインナップ






Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. エックスサーバー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    エックスサーバー 無料ECサービスで取引先ECCUBE制作会社に爆勝宣言

    エックスサーバー といえば、サイト制作者であれば誰もが知る高品質サー…

  2. LINE利用調査,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE利用調査 公式アカウントをブロックする通知頻度

    一方的で画一的で無配慮な波状通知なメルマガまがいの運用ではアプリ価値さ…

  3. インスタ検索,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ検索 ファッションもレジャーもタグってキャッチ | BCラボ ブランドEC研究所

    「ググれカス!」が検索万能感を誇示すように、ソーシャルスキルを嘲笑う「…

  4. 小売トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    セールスフォース消費レポート これがジャパンの 小売トレンド 4選

    名実共に世界NO.1のCRMツールであるセールスフォースではありますが…

  5. 企業公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    企業公式アカウント ソーシャルミスマッチを解消しコマース収益を見込む

    SNSは企業が宣伝する場所ではないとする通説がありますが、ユーザーが …

  6. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    デジタル接客 ニューノーマルに欠かせないヒトとECの関係性

    そもそもサイトに設置したツールを積極活用したりしてくれるユーザーなら、…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. EC構築システム市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. メジャーソーシャル最新動向,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP