ニューノーマルコマース,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

マーケティングトレンド

ニューノーマルコマース 成功に不可欠とされる新潮流3ヶ条を考察する

コロナ禍以前からの課題解決の必要性が急速に高まったことで、不可逆的で実行と実現性の高い施策やトレンドを見極める必要があります。大手なら資本で解決できることも、中小零細は「知恵」で切り抜けなけばなりませんが、その知恵は ニューノーマルコマース だからこそ有益だったりします。

コロナウィルス感染症拡大により、私たちの暮らしは一変しました。その中で、Eコマース事業者の業績に大きな差が発生しています。ニューノーマル時代に成功するEコマースの条件とは? 本記事ではかっこが考える「コロナ時代のEコマース新潮流」について解説します。Eコマース事業の”今”と”これから”を考えるのに、ぜひお役立てください。

情報源: ニューノーマル時代のEコマース新潮流 ~成功するEコマースの条件とは?~|ECのミカタ



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


ニューノーマルな時代のECに不可欠とされる3つのトレンドを考察する

1つ目は「D2C」、Direct to Consumer。
2つ目は「OMO」、Online Merges with Offlineというオンラインとオフラインがどんどん融合していくということ。
3つ目が「ライブコマース」です。

この3つのキーワードを、1つのブランドが同時進行で取り入れるというのがニューノーマル時代の流れ・変化です。この流れには、既存の有名ブランドでも逆らえないと考えており以下にこれらの要素を企業戦略に取り入れていくかが、消費者に選ばれるかどうか、企業として生き残っていく鍵になります。

ということで、ブランドや事業のジャンルや規模の大小に関わらず、新潮流の3ワードは、これからのEC事業の成功と成長にとって不可欠という結論なのですが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

ニューノーマルコマース D2Cだからこそ描ける揺るぎない世界観

消費者の嗜好が多様化しているため、世界観を演出できず埋もれてしまうと、なかなか消費者には選ばれない時代になりました。選ばれるブランドとなるためには世界観の確立が欠かせないと。D2Cはその世界観が確立されたブランドを示すという理屈です。

さて、そのブランドの世界観とやらですが、「ブランディング」という使い慣れたキーワードで実践されるのは、コピペで上書きされたポエムのようなブランドコピーだったり、「どこにそんな消費者がいるの?」と根拠も存在も曖昧で妄想的なペルソナを追いかける空虚なマーケティングロジックだったりします。

D2Cという仕組みだからこそ実現する世界観は、一部のニッチで著しく小さい市場だったり、正しいニーズを捉えきらない「商業性の都合」を改善するといった、一定の社会ニーズの是正に存在意義を見出すものであるハズです。それは「中間事業者へのマージンや非効率を極力排除すること」でしか事業継続が困難な規模感であることも都合的な条件だったりします。

大手有名メジャー事業社では、事業成功要因にも満たない事業成果であっても、中小零細なら継続可能という「逆説的な規模の正義」を拠り所にしています。その継続性が対象ニーズを広げていることで、D2Cブランドはトレンド足り得るのです。

事業自体が「サスティナブル」であり、継続性を支える「小さくても確かなニーズ」だったり、収益インパクトに乏しくとも解決すべき社会課題に向き合うことこそが、「D2Cの世界観」なのです。その姿勢や覚悟がない限りにおいて、D2Cを名乗っても選ばれるブランドになることはないでしょう。

ニューノーマルコマース OMOは小売の経営方針さえも変えてゆく

実店舗でもオンラインでも購入してくれる顧客は単価も頻度も高いロイヤルカスタマーだというある意味当たり前のロジックに、革新性を植え付けるかのようなバスワード化された「O2O」「オムニチャネル施策」でしたが、コロナ禍での店舗運営が経営自体に大きな損失や負債を抱えるような現状、実店舗への投資に積極性や活路を見出せるのは、片手程度の事業社に絞られる不都合を塗り替えるために生まれたようなキーワードがOMOなのではないでしょうか。

いくらコロナ禍でオンライン売上が拡大したとはいえ、実店舗の収益減をカバーするほどのインパクトには至らないので現実です。閉店や閉鎖など、コロナ前でされ実店舗のシュリンクのニュースは珍しいものではありませんでした。緊急事態宣言の前に、すでに非常事態だったのです。そこに来てのコロナ禍ですから、実店舗という規模の経営術を放棄するのは当然といえば当然です。

わずかながらとなっても、残すべき店舗を維持するには、各店舗スタッフの自発的な接客スキルなどのポテンシャルアップやモチベーションが「自然に向上してゆく」という思い込みや無責任な経営方針は捨てるべき時が来たということです。

欲しいもの、見たいもの、聞きたいこと、試したいこと、比べたいものなど、実店舗では回収しきれない膨大なニーズをデータというカタチで視覚化することが、オンラインに掲げられた「売り以外」の使命なのですから。

ニューノーマルコマース ライブ配信である意義が問われるライブコマース

ライブコマース自体は特段最新の取り組みではありません。それこそ中国ダブルイレブンでの驚異的な売上が取り沙汰される前から、事業サービスは日本でも展開されていました。まぁ全然利用されなかったのです。

「生」という時限性が購買決断を促し、配信という1対複数の構図は、実店舗での物理的な接客都合を解消を可能にします。実店舗であろうがECだとうが、小売の現場である以上、「いらっしゃいませ」から「お買い上げありがとうございました」の間に、寸分もコミュニケーションが介在しないという方が不自然なワケです。

実店舗と全く同じ接客サービスを提供することは、物理的には可能でも、これから本格的なオンラインシフトを掲げる事業社にとっては、その導入と実現はいささかイメージを持ちにくいのもかもしれません。高度なオンライン接客を目指すよりも、ライブコマースという「編集作業のいらない配信コンテンツ」の経験値を積む方が、接客スキームもレベルも引き上げる最適解なのかも知れません。

ニューノーマルコマース 提供すべき体験価値とは

デジタルデータの活用が当たり前となった小売シーンおいて、重視すべきは「体験価値の提供」だと、押し並べて主張するワケです。スペックという表記と比較されやすい状態で訴求される物的価値で消費者のココロを動かすことは時代遅れだのと主張するアレです。

ファッションテックにおいては、デジタルタグによるスムーズなレジ処理だったり、全身の3Dスキャンで一瞬にして採寸し、適切なサイズを見出すなどが掲げられますが、驚嘆を持って先進的イメージを抱かれるのは半期内の2度目程度であって、あっという間に陳腐化するようなシステムに多額の設備投資が全然回収できないという苦悶を体験させることは容易なのかも知れません。




GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 越境EC実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    越境EC実態 インスタグラムが10代女子をグローバルに道標

    EC鎖国なジャパンの 越境EC実態 におかれましては、業者も消費者も言…

  2. Amazonマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    Amazonマーケティング 競争市場を勝ち抜くタフネスブランドに鍛える

    ECの覇者であり、小売の帝王となったAmazon。商品購入のためだけで…

  3. カート落ち.BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    カート落ちがアナタの過ちでないと確信される5つの理由 | BCラボ ブランドEC研究所

    安心してください、あの カート落ち も、その カート落ち も、運営担当…

  4. クレカ情報漏えい事故,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    クレカ情報漏えい事故 危機意識乏しい中小ECサイトにロックオン | BCラボ ブランドEC研究所

    拡大一途の クレカ情報漏えい事故 ですが、その増加ぶりは危機意識を麻痺…

  5. オムニ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    オムニに躍起なレガシーアパレルもEC全力のZOZOもブランドランク50圏外という現実に向き合おう

    オムニ チャンネル化で存在感を発揮する大手アパレルの動きと、それに反旗…

  6. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    マーケティングトレンド

    メールマーケティング 3つの改善ポイントでそれは重要な収益チャネルに

    メールマーケティング | データベースを駆使して、できるだけ多くの潜…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. EC改善ニーズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC決済ブランド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. クチコミ意識調査,レビュー,ファンくる,ECサイト意識調査,ファンくる(株式会社ROI)調べ, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ダウンロードドキュメント

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
PAGE TOP