商品購入ボタン,スマホEC ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

EC News HeadLine

スマホEC 成果は資本力より工夫次第 | BCラボ ブランドEC研究所

2018年上半期の総括のようなデータですね。基本この数年、”スマホEC”が拡大という件が話題となりますが、すでにそのプレイヤーが「固まりつつある」のが現状のようです。

スマホで使うECは、すでにアプリであり、アプリコマースの中心は、メジャーモールという何の捻りもない現実を直視する次第です。


視聴行動分析サービスを提供するニールセンデジタルが実施したスマホECに関するユーザー調査によると、2018年4月度にスマホで利用されたオンラインショッピングサイトは「楽天市場」と「アマゾン」が56~57%で拮抗している。

情報源: スマホで使うECサイトは「楽天市場」「Amazon」が5割以上で拮抗 | ネットショップ担当者フォーラム



ニールセンの スマホEC ユーザー調査

2018年4月度のスマホで利用されたEC利用実態調査
・スマホ利用が高いECサービスベスト3
 楽天市場:57%
 アマゾン:56%
 Yhaoo!ショッピング:36%

・スマホ利用が高いC2Cサービスベスト3
 Yahoo!オークション:25%
 メルカリ:23%
 ラクマ:11%

ECに関しては不動の上位3社といったところでしょうか。首位をめぐる攻防は熾烈を極め、サービス競争で楽天とアマゾンの攻防が続いている模様で、すっかりYahoo!ショッピングは「置いて行かれた」感が否めません。

伸び代が見込まれるファッション・アパレル分野の投資攻勢からも、アマゾンが国内首位を奪取する日は「そう遠い先」の話ではないでしょう。

その点、あらゆるサービス分野を傘下に収め、楽天ポイントの価値と市場流動性と活性化を図る楽天市場の方が、ユーザーサービスに長けているという印象ですが、その総合力をもってしても「防戦一方」という事態に、スマホ最適化とアプリコマースという「潮目」を捉えた優位性は極めて有効だと感じさせられます。

PCの3倍以上がモバイル基準

ことサイトに関してても、モバイル経由とPC経由のトラフィックが「完全に入れ替わって」久しいですが、その差は日々拡大しています。

・EC利用者
 スマホ:5,142万人
 PC:1,674万人

利用者背景で約3倍の開きがある現在、そのトラフィックバランスも「同様に3倍」程度でないと、現代のEC事情と「すれ違い」が生じていると判断されます。

 博報堂のメディア利用実態調査でも、PC利用時間を最も侵食しているのはスマホであり、アクセス手段も利用時間もスマホが主となって状況で、スマホとPCアクセスや決済状況が「それほど変わらない」というサイトは、一種の問題かロスを抱えていると想定されます。

スマホサイトの表示が遅い、見づらい、UI/UXが古臭いなど、改善点が潜在していることでしょう。

スマホEC 資本力だけがECの決定的差ではない

その総力を決しても国内NO.1の地位が危うい防戦一方の楽天市場を見るに、スマホという小さいなスクリーンデバイスでの「購入体験の設計」や「利便性を高める機能」の実装は極めて重要なのだと感じる次第です。

無論アマゾンが投資をしていないワケではありませんが、両者のスマホサイトもアプリも比べると、使う度に「自分仕様のサイトに成長する」アマゾンと、いつ開いても「自社の売れ筋を押してくる」楽天市場。

パーソナル性の高い手のひらのショッピングモールで居心地が良いのはどちらでしょう。

たとえ資本力は真似できなくとも、「手のひらの直営店」たる自社ECのサイトでもアプリでも参考になる事例ではないでしょうか。

BCラボ ソリューションラインナップ





Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. 消費税増税,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    消費税増税の恩恵はECに!? 1万人調査が示す消費の行方 | BCラボ ブランドEC研究所

    余程の情勢変化でもない限り実施される 消費税増税 。令和元年10月増税…

  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BCラボ ブランドEC研…

    数は正義であり、規模は評価であったりしますが、どちらを有しても「売り場…

  3. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    アマゾンジャパン 全商品ポイント1%付与から見える強かなローカライズ | BCラボ ブランドEC研究…

    全商品の1%ポイントを付与することを強制的に決定した アマゾンジャパン…

  4. GoogleShopping,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    GoogleShopping 全面刷新で広告強化よりもモール化が進んでしまう | BCラボ ブランド…

    「売り買いの場」が変化劇的のプレイヤーシフトなECにおいて、小売広告の…

  5. B2B取引,展示会,広報宣伝,検討トリガー,MAツール,メルマガ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    B2B取引 新規獲得機会は展示会よりもウェブマーケティングにあり | BCラボ ブランドEC研究所

    B2B取引 において、新たな取引先の獲得に欠かせないのが「展示会」へ…

  6. ファッションショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. モバイル表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ポイントブランド,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. フルフィメント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP