MEO,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティング用語大辞林

【知っトク?用語】MEO / マップエンジン最適化  | BCラボ ブランドEC研究所

マップエンジン最適化である MEO は、グーグルマップを筆頭に世界各国で使われる地図や検索エンジンに対応することを意味します。その必要性は、訪日外国人のマイクロモーメント、いわゆる「今したいこと」に対応することであり、インバウンド施策そのものなのです。


世界150以上の検索エンジンやマップなどで正しい自社情報の発信ができるプラットフォームYextについて、Yext日本法人の宇陀栄次氏にインタビューを行った。



インバウンド重要施策となる MEO / マップエンジン最適化に役立つYext

・検索エンジンやマップ、アプリ、SNS、音声アシスタントで公開されている、自社の情報を一元的に管理するプラットフォーム。

・自社のナレッジグラフを作成することで、検索結果として正確でより適切な情報を表示し、提供することが可能に。

・世界150以上の検索エンジンやマップ、SNS、音声アシスタントと提携し多言語対応。

・海外ではよく使われている検索エンジンやマップにもその言語で正確な情報を届ける。

ナレッジグラフって?

Google では単に検索キーワードを含む情報を検索結果に表示するのではなく、ナレッジグラフを利用して人物や作品、場所などあらゆる物事について、それぞれの情報の関係性や属性を認識、把握したうえで、それを反映した検索結果を表示します。

インバウンド= MEO =マイクロモーメント対応

マイクロモーメント、すなわち「いま」「ここ」検索への対応の中心となるのがマップ検索です。

つまり、ジャパンの観光であろうと、いつものスマホでいつもの検索手法を使うワケで、訪日観光客すべてがグーグルマップを使っているワケでもありませんから、「今したい」「今行きたい」「ここら辺りで」という、その瞬間を抜き取るニーズに対応するには、アプリサービスへの登録よりも、検索結果への対応は、「どれでも正しく、誰にでもわかりやすく」あることが必要なんですね。

もちろんこの地に住む日本人にも便利であることは変わりませんが、MEOへの対応をキチンとすることは、リアル店舗やサービスを構える事業者の「最低限の責任」と言われる日がそう遠くないのです。

サイト情報が正しければ、検索結果も正しいという誤解

どれだけホームページをきれいに作っても、一般ユーザーが検索エンジンやソーシャルネットワーク上で公開している写真やレビューのほうが上位に表示されてしまうことはよくあります。それらの写真は必ずしもいいものではなく、場合によってはブランド棄損になりかねない。ホームページの公式情報も検索エンジンやソーシャル上の非公式情報も、ユーザーにはその違いは分からないかもしれません。しかし、企業からすれば大違いですし、大問題です。

SEO業者がMEO業者になっても営業トークも稼ぎ方も一緒

というワケで、SEO業者がコンテンツマーケティング業者に鞍替えしてしばし経ちますが、コンテンツマーケ自体に、必然性はあっても導入効果の短期化は難しく、稼ぎ方としては一短なワケですから、事業替えとして理屈は一緒でも成果は異なります。

そこに現れたMEOは、インバウンドというトレンドパワーワードとリアル店舗という「逃れられない宿命」ともいうべき集客への課題に、一縷の望みを沸き立たせるような「錬金性」がビンビンと感じさせる次第で、MEO業者がニョキニョキ現れるのですが、短期的な成果のために「初期のやりたい放題」が増長されているようなので、余計な外注はリスクが潜在する次第のようです。





AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. ProgressiveWebApp,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    【知っトク?用語】PWA / ProgressiveWebApp | BCラボ ブランドEC研究所

    大概のECアプリが「サイトブラウズしているだけ」という現状、サイト自体…

  2. フルフィメント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 効果測定,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    【知っトク?用語】効果測定 CPA / ROI / ROAS KPI三兄弟 | BCラボ ブランドE…

    50万投資して100万円でリターンされることが明らかであれば、投資しな…

  4. ロイヤルカスタマー,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    ロイヤルカスタマー 都合のいい客からブランドの中へ【知っトク?用語】

    王室を意味するロイヤルなカスタマーなんですから、そもそもが優良客だった…

  5. アトリビューション,Attribution,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

    マーケティング用語大辞林

    【知っトク?用語】アトリビューション / アトリビューション分析:Attribution  | BC…

    「広告効果がない? アトリビューション 分析してますか?」に込められ…

  6. D2C,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    【知っトク?用語】D2C / Direct-to-Consumer | BCラボ ブランドEC研究所…

    D2C 自体は、特段新しい概念でもビジネスモデルでもありません。昔風…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. 不正アクセスと情報漏えいの方程式,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. EC通販事業課題調査,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. カート落ち.BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. インスタマーケツール,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP