データプライバシー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

データプライバシー 提供量とブランドロイヤルティが比例する素敵な世界

EC大国にしてマーケティング先進国アメリカでさえ30%程度というのに、ニッポンのソレは52%にも上ると。ライフスタイルや価値階に会った商品やサービスを積極的に選択する傾向ですが、その際の データプライバシー 意識は著しく減退し無防備となる次第です。

MAツール調査レポート,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

MAツール調査レポート マーケティングの 「個客シフト」を浮き彫りに

顧客というマス的なマーケティング思考から、個客というパーソナルにシフトしていることは、購入対象者が法人でも個人でも変わりはありません。「アナタの存在を認識し、好みや関心に向き合いますよ」という姿勢表明こそが導入の成果であることを、 MAツール調査レポート が浮き彫りにしています。

ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド

ECリアルトレンド と称して、多くのEC事業社にとって身近になるだろう課題を選出していますが、昨年記事が2020年版としても十分その役割を果たす次第です。ただ日月進歩のデジタル界隈にあって、その変革のスピードには予断を許しませんので、「若干飛躍したトレンド」をお届けしてみます。

LINE活用,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

LINE活用 勝ち組アカウントが必ずやってるOne to One配信を会得せよ

「LINEは企業が本気で向き合うべきプラットフォームだ」という提唱の通り、 LINE活用 はあらゆるB2Cサービスに欠かせないマーケティングとなりました。ことECにおいてその重要性を増し、販売チャンネルとして確立し始めています。One to One配信が成功のカギと言えそうです。

小売トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

セールスフォース消費レポート これがジャパンの 小売トレンド 4選

名実共に世界NO.1のCRMツールであるセールスフォースではありますが、そこで管理される顧客は「B2B取引の顧客」たる企業だったりしますが、世界1万人規模の消費レポートから、押さえておくべき「 小売トレンド 」を探ってゆきましょう。