マーケティングオートメーション導入,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングデータ

マーケティングオートメーション導入 で9割満足!実感した効果ベスト3

導入経験先での満足度や継続率の調査データですので、現場のリアルな所感とも言えますが、 マーケティングオートメーション導入 によって得られた・実感した効果のベスト3が判明しました。気にはなるけどよくわからない、何を目的に導入するの?といった基本的な疑問解消にお役立ちする結果をご覧ください。


It is survey data of satisfaction and continuation rate at the installation experience, so it can be said that it is a real feeling on the site, but the best three effects obtained and realized by introducing marketing automation were found. I’m worried but I don’t know what to introduce for what purpose? See results that can help answer basic questions such as.


LISKUL編集部ではMAツールを知っていると答えた200人に、2019年5月10から13日までの間でアンケ―トを実施し、MAツールに対する期待や導入率など調査を行いました。その内、MAツールを導入したことがあると答えた60人には、MAツールへの満足度や継続率について追加調査を行いました。本記事はその調査結果を一部抜粋してまとめています。MAツール導入を迷っている方の参考となるはずです。ぜひご参考ください。



LISKULのマーケティングオートメーション調査レポート

追加調査という形式上アンケート母数が少ないですが、すでに導入を経験された方々の意見です。加えて、アンケート先のほとんどの方々が、マーケティングオートションの詳細から概要までを知っていると回答しているワケで、一過性のトレンドソリューションという位置付けからは脱却し、B2BでもB2Cでもウェブマーケには欠かせないと認識されます。

MAツール、どの程度知ってます?

・機能や活用方法を詳しく知っている:50.5%
・概要をある程度は知っている:49.5%
・なんとなく聞いたことがある程度:0%
なんとハイレベルな回答群でしょう。MAが何かって?ナメんなシロートじゃねーんだぞこちとら、認知全体の回答者の方々ですので、当然といえば当然ですが、何か自信に満ち溢れた感ありありです。

MAツールに期待している点

1位:マーケティング活動の効率化:33.0%
2位:見込み客の獲得:30.5%
3位:マーケティング効果の可視化:30.0%
4位:顧客ニーズの見逃し防止:29.0%
5位:見込み客の管理:29.0%

多忙なマーケティング担当者でから、業務効率化と最適化を望むのはもちろんなんですけど、最大の悩みや「あいつら普段から何してんねん」と他部署、特に営業部から疑問視されている点が背景にあるのでしょう。効果の可視化は、数値による「結果の武装化」とも。

で、実際MAツール導入してんの?

・もちろん当然のようにすでに導入してますよ:30.0%
・導入検討している段階ですテヘペロ:45.0%
・導入検討した過去がある:15.0%
・検討してもよくってよ:10.0%
・検討の可能性すらないわ:0%

導入への期待は具体的ですが、実際の運用はまだというのが7割というのは寂しいですね。認知もあり、それなりな課題解決に役立つことはわかっているけど導入できない・できていないというのが現実のようです。

導入前に気にしていること、つまり留意点

1位:導入したくともやっぱりお高いでしょそれなりには:27.5%
2位:予算は無限ではない:26.5%
3位:月額利用料がお高いんですもの:23.5%
4位:そうやすやすと予算は通りません:23.0%
5位:そういや運用できる人材、ウチにいた?:22.5%

お金がない!んですよ、予算が無限で自由なら何も悩むことはありません。そんなお気楽経営が通用しないからこそ、マーケティングが重視されるべきなんです。

MAツール導入後に実感した効果、ベスト3

1位:マーケティング効果を可視化できた:36.7%
2位:サイト訪問率が上がった:33.3%
3位:マーケティング活動を効率化できた:30.0%

既視感ありますが、そうですね、MAによって期待していることが実現できているワケです。効果の可視化は、業務としての成果の数値化ですし、部署としての価値の立証です。さらに業務効率が引き上がったのであれば、無駄な残業もなくなり、働き方改革は達成されたと言っても過言ではありまえん。

では、なぜに予算が通らず、導入検討に3〜6ヶ月もの期間を要してしまうのでしょうか?

マーケティング自体の定義や業務範囲自体がそもそもファジーという背景もありますが、実際のところ、広告や宣伝は「おカネを使うこと」に位置付けられ、その対極的なポジションに収まっているマーケティングは「おカネを使わないこと」を是としている経営層が多いからではないでしょうか。

マーケティングオートメーションの導入と運用自体は「施策」ではありませんから、適正対価は見えずらいものです。どちらかといえば、「インフラ」に近い存在であり、導入しなくともそのサイトは死にませんが、利益を生む活力も乏しくなるのは間違いありません。進化を諦めたサービスに誰が魅力を感じるというのでしょう。

もっと詳しい結果が知りたいという方はこちらからどうぞ


I have a feeling that I have already seen it, but it is a reason that MA has realized what is expected. Visualization of effects is the quantification of business results and the proof of value as a department. If work efficiency was further improved, it would not be an exaggeration to say that work style reform was achieved without wasting overtime.

So why don’t you get the budget and take three to six months to consider the introduction?
There is a background that the definition of marketing itself and the scope of work itself are fuzzy in the first place, but as a matter of fact, advertisements and promotions are positioned as “using money”, and marketing that is in the opposite position is “money”. Isn’t that because there are many managements who do not use “?”

Since the introduction and operation of marketing automation itself is not a “measure”, the appropriate price is difficult to see. If anything, it’s close to the “infrastructure”, and even if you don’t deploy it, the site won’t die, but it’s definitely less profitable. Who will find the service evolving to be attractive?



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ブランドECの可能性,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    メジャーモール

    ブランドECの可能性 メジャーモールを選択しない消費者心理に迫る

    ユーザーの大半はモール利用者であり、 ブランドECの可能性 は3割程度…

  2. 越境EC購入総額,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. アジアEC,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    アジアEC ショッピング体験ベスト&ワーストの愛想劇場

    世界のジョーシキ、ニッポンの非常識というズレはECでも同じようで、 ア…

  4. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    アパレルEC利用実態 ユーザーとサイト担当者のニーズギャップがエグい

    ブランドの世界観やイメージの確立には神経質であっても、カートボタンの使…

  5. 越境EC実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    越境EC実態 インスタグラムが10代女子をグローバルに道標

    EC鎖国なジャパンの 越境EC実態 におかれましては、業者も消費者も言…

  6. EC改善ニーズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    自社ECプラットフォーム

    EC改善ニーズ 月商100万規模のアウトソーシングな煩悩は断ち切ろう

    EC改善ニーズ | GMOペパボが運営するカラーミーショップは、E…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース効果,ソーシャルコマース,YouTube動画,インスタライブ,MMD研究所調査, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  2. アドビ調査,Adobe Analytics,デジタル経済指標, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  3. EC企業のSNS活用,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
PAGE TOP