大手アパレルEC,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

コマーストレンド

大手アパレルEC その施策イケてる? プロモーショントレンド選手権

長尺巻き気味に右に倣えなアパレル業界のマーケティング施策ですが、ツールベンダーも自社商品訴求には、 大手アパレルEC の利用実績がマターとなりつつあります。そんな牽引役たる 大手アパレルEC のプロモーション施策トレンドをランキングから考察してみましょう。

<調査概要> 調査対象:株式会社アパレルウェブの取引先を中心としたファッション企業 調査日時:2019年12月 調査方法:アンケートフォームへの回答による調査 サンプル数:90サンプル | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。

情報源: 大手アパレルEC約100社に聞きました!デジタル施策に何つかってる?|ECのミカタ



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


やって良かった強化施策ランキング

1位:ECアプリ:31.0%
2位:Intstagram広告:28.0%
2位:自社メディアアプリ:28.0%
4位:ブログ:23.0%
4位:SEO対策:23.0%
6位:インフルエンサー施策:20.0%
6位:検索連動型広告:20.0%
8位:スタッフコーデ:19.0%
9位:バナー広告:18.0%
10位:動画広告:12.0%

実施済みの施策であり、肌感でも分析ベースでも何かしらの課題改善に寄与したことが想像される施策と認識されます。「払った費用に見合った成果」が得られたワケです。
上位施策の傾向としては、「自社情報発信力の強化」「アプリ成果最大化」「インスタ強化」が伺え、トップ10内の施策には、同質性と連携性の高さが伺えます。

施策それぞれが点ではなく、線として繋がり相乗効果を発揮を連想させますが、逆に「施策の失敗が許されない相互補完」という保守的な選択とも。

ブレイク間近なトレンド施策ランキング

1位:ライブコマース:48.0%
2位:LINE広告:44.0%
3位:キュレーションメディア:43.0%
4位:ECアプリ:39.0%
5位:インフルエンサー施策:38.0%
6位:スタッフコーデ:36.0%
7位:Twitter広告:34.0%
8位:自社メディアアプリ:33.0%
9位:SEO対策:29.0%
10位:アフィリエイト:27.0%

突出して注目される施策がないという見方もありますが、自社情報発信力の強化を目した定番施策の成功素地を、広告というブーストで最大化を目論むといったプロセス意図が窺えます。

ライブコマースが首位で、最下位が動画広告という一見すると矛盾した結果ですが、ライブコマースの主たる施策目的が「越境EC」であることからも、大手アパレルECサイトへの海外、とりわけ中華圏からのトラフィックと収益が拡大しているのでしょう。

プロバー販売期間や消化率、在庫問題に気候要因での収支低迷と、不安定でアゲンスト市況なアパレルにおいて、配送先が海外であろうと顧客獲得は急務必須といえます。

「あの国の人たちに売れてもブランドイメージがね・・・」と、かつてのボヤきツイートも、今なら更迭処分ものです。

予算見直し必至のガッカリ施策ランキング

1位:雑誌:20.0%
2位:FaceBook広告:12.0%
3位:インフルエンサー施策:10.0%
4位:キュレーションメディア:10.0%
5位:バナー広告:9.0%
6位:アフィリエイト:9.0%
7位:Intstagram広告:7.0%
8位:ブログ:7.0%
9位:検索連動型広告:7.0%
10位:ライブコマース:6.0%

その予算に限りがある以上、事業成長や売上貢献という成果至上主義な施策選定となった今、業界ならではのお付き合いとか取引先都合とか「なんとなく今まで通り」という慣習は駆逐されつつあるようです。

その代表的な施策として、見事首位に輝いた「雑誌」なワケですが、該当は「ファッション誌」というジャンル特化されたメディアです。施策として強化する判断に至るのはわずか7%という現実において、高単価高コストな雑誌メディア広告費は、プロモーション施策の打ち手を2つほど増やしてくれるほどの「狩場」となっています。

ただし、利用継続の想定も22%と、インスタグラム広告に次ぐ結果でもあり、メディアとしての付き合い方・使い方次第では、キュレーションメディアも自社情報クオリティも、インフルエンサー施策もインスタ強化も、権威や専門性二フォーカスしたSEO対策などにも幅広くその効能は期待されます。ただ、その為に必要な投資額は、事業同規模の他業種からは正気を疑われるレベルですから、大手こその選択肢なのです。
その肝心の大手でさえ「費用対効果悪すぎて、凛義通らない」状況なので、掲載効果先のブランドは、1媒体に片手数程度ではないでしょうか。

プロモーショントレンド選手権 ポイントランキング

お届けしたプロモーショントレンド選手権は、シリーズ全3戦で展開、エントリー施策は17施策で熾烈な争いが繰り広げられたワケですが、各戦獲得率をそのままポイント換算、ネガティブランクはマイナスとして、獲得ポイント順で総合ランキングとしました。

1位:ECアプリ:70p
2位:自社メディアアプリ:59p
4位:LINE広告:52p
4位:スタッフコーデ:52p
5位:インフルエンサー施策:48p
7位:ライブコマース:46p
7位:SEO対策:46p
8位:Intstagram広告:44p
9位:キュレーションメディア:37p
11位:ブログ:36p
11位:Twitter広告:36p
12位:アフィリエイト:28p
14位:バナー広告:26p
14位:検索連動型広告:26p
15位:FaceBook広告:20p
16位:動画広告:18p
最下位:雑誌:9p

常勝・最強・名門などあらゆる冠も錆び付いたウェリアムズF1のような凋落具合の雑誌ですが、「没落貴族」の表現も相応しく、「今時こんな金額絶対遠らないよ」という見積書に困惑するプレスを前に、延々と提案を続ける様式美が半期に一度繰り広げられるのです。



選ばれるプロモーション施策のトレンドとしては、メディア頼りだった情報発信力を磨き、コンバージョンにつなげることにあります。モバイルマストなアパレルECにおいて、アプリはその最適解のひとつではありますが、「イケメンか大手に限る」という限定条件付きであり、選択と集中が成功要因となる中小ECにとって、アプリコマースもソーシャルコマースもチャットコマースも動画も、フルファネルであらゆるコマース施策の成功要素が凝縮された「LINE」こそが、強化すべきプロモーショントレンドなのでした。

GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. コロナ禍の国内消費,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    マーケティングデータ

    コロナ禍の国内消費 自粛と特需の攻防繰り広げるアパレルの行方

    法的拘束力もない緊急事態宣言であっても、低迷の余波は大きく、ネガティブ…

  2. 急増するフィッシング詐欺,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    急増するフィッシング詐欺 ユーザー防衛策がメルマガに終止符を打つ

    不正アクセスによる情報漏洩にはそれなりの技術が伴いますが、 急増するフ…

  3. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    メジャーモール 出店数におけるファッション通信簿

    消費税増税の際もその恩恵は メジャーモール に集約された感がありますが…

  4. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    EC不正注文 高ニーズに比例するリスクとセキュリティコスト

    コロナ禍でも好調なEC業界に潜む影は、不正アクセスと情報漏洩という「ウ…

  5. 消費者行動調査データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    消費者行動調査データ 2020年ネットショップの歩き方

    消費者行動調査データ が示すとおり、基本彼らはわがままであり、身勝手…

  6. ファッションEC拡大,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    ファッションEC拡大 コロナショックで加速する化率と下克上

    そのEC化率にして10%程度と、EC強化を掲げる割りに低調感漂うファッ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース効果,ソーシャルコマース,YouTube動画,インスタライブ,MMD研究所調査, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  2. アドビ調査,Adobe Analytics,デジタル経済指標, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  3. EC企業のSNS活用,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  2. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  5. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
PAGE TOP