LINEcheckout,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

ソーシャルコマース

LINEcheckout 爆誕!EC担当者が知っておくべきID決済トレンド

偶発的に訪れたサイトでのお買い物ですが、やはり氏名や住所、ログインのID/PASSを設定管理をするのも億劫というワケで、外部ID決済の存在感は増すばかりですが、 LINEcheckout がAmazonPayを凌ぐ重要決済ブランドに名乗り出る可能性をお伝えせねばなりません。


Although it is shopping at a site that I visited accidentally, it is also troublesome to set and manage the name, address, login ID / PASS, and the presence of external ID payments only increases, but LINEcheckout is AmazonPay We need to tell you the potential to emerge as an important payment brand.


LINE Checkoutによって、ユーザーは初めて利用するECサイトで会員登録やパスワードの管理が不要になるほか、配送先やクレジットカード情報などを入力する必要がなくなるため、エントリーフォームの離脱率が高く新規会員登録数が上がらない、ID/パスワード忘れなどでサイトの継続的な利用率があがらない、購買のコンバージョン率を高めたいといった課題を解決できるかもしれません。



LINEcheckout ってLINEPayと違うの?

違くありません。LINE Checkoutは事業者向けのサービス呼称であって、利用者である一般消費者にはLINEPayとしか認識されません。つまりLINE Checkoutは、LINEPayサービスに加盟した事業者向けのオンライン決済向けのサービスと認識頂ければ、コレ幸いに、つまるところAmazonPayと同じ「外部ID決済」なのです。

実際、サービスが発表された「LINE CONFERENCE 2018」では、「LINEPay for ID決済」としてサービス構想が発表されました。今年7月のサービスローンチ時に名称変更した次第です。

AmazonPay同様、すでにアカウント登録済みの利用者は、サイト毎に会員登録をする必要性がなくなり、最短クリック数での購入完結に導きます。

実は「LINEPay Online決済」というサービスは先に存在してましたが、ユーザーがLINEに登録した氏名やメールアドレス、電話番号、住所などの「プロフィール情報」は提供されませんでした。まぁ実に使いモノにならないですが、サービス認知もほぼなく実装サイトもありませんが、この度のLINE Checkoutでは、プロフィール情報が余すところなく提供されます。

実際、支払い段階での登録フォームは、このプロフィール情報の読み込みで、改めでの入力動作を「ほぼほぼなくしている」のです。離脱要因を減らし、ゲスト購入としての敷居を下げているのですね。

外部ID決済としては、もはや不動の地位を築いたといえるAmazonPayですが、その実装後の利用率は3割にも達することは珍しいことでもありません。実際、EC構築プラットフォームのフューチャーショップが、新たな利用システムとして「コマースクリエーター」への移行を促していますが、現時点で外部ID決済として継続利用できるのは、AmazonPayのみです。順次対応とのことですが、通常なら導入可能な楽天PayやApplePayに関しては「ぶっちゃけあんまり使われてない」といの理由で、後回しにされる始末。つまり、AmazonPayに追随する外部ID決済の「セカンドポジション」は、空席のままなのです。

ゲスト購入者との継続性維持がソーシャル決済の強み

AmazonPayを自社サイトに実装しても、利用ユーザーとの関係性を維持することはできるのはメールアドレスに限られます。登録・購入時に「メルマガ配信」を拒絶されれ、その後の関係性を維持する手段は残されていません。スポット利用たるゲスト購入率が高ければ高いほど、リピート施策の成果はアタマ打ちになりすいのはこの為です。

しかし、LINEでの登録利用であれば、その関係性維持は極めて容易とも言えます。購入に必要なプロフィール情報を、お友達登録促進、広告やマーケティングへの利用は公式に「可」とされているワケですし、LINEというツールを経た購入には、その先の継続性を含ませているとも推測されます。

AmazonPayがアマゾンというショッピングエリアへの「信頼」を担保にしているならば、LINEPayには、購入後でもお得なお知らせやクーポンの配布を期待した「関係性」を担保にしているといえるでしょう。

キャッシュレスが国策化した今、リアルでもECでも同じブランドや支払い手段を選択することは容易に想像されます。国内だけでも4兆円規模とも想定される決済市場のポールポジションを獲得することが、その後の展開を優位に進めることができるワケです。

ECでは確固たるポジションを築いたAmazponPayも、実店舗利用での存在感はそう大きくはありません、というかほぼないです。フューチャーショップに「利用者少ねー」と断罪された楽天Payですが、逆に実店舗利用では、認知も実績も現状ナンバーワンという事実。

攻勢のPayPayも、Yahoo!IDとの切り替えにはまだまだ時間を要する次第で、この立ち遅れは、ZOZOTOWNを手中に収めても、容易に覆すことのできないビハインドかも知れません。つまり、リアルもECも共通して使われる決済ブランドはまだ未確立であり、リアルとECの「天下統一戦国絵巻」は依然として熱い合戦の最中といえるのです。

自社ECで利用できる決済手段が豊富であることは良いことですが、そうはいっても全てを取り揃えることは現実的ではありません。現ユーザー動向を中心に、強化すべき導線にLINEが挙がるのであれば、購買と関係性の継続導線を一元化する選ぶべき決済方法は、ひとつに絞られた次第です。

タイムラインやLINE NEWSで新規顧客の認知を創出し、お友達化で継続的なコミュニケーションを育み、サイト会員IDと紐付けて、いつでも決済可能な状態を構築する。これを来店前提ではなく、外商よろしくユーザーの隙間時間に出向いて接客まで出来るのですから、一体何を迷うことがあって導入を躊躇うというのでしょうか?

あるとすれば、LINE対抗サービスの「+メッセージ」が、キャリア決済を実装することでしょうけど、まぁ進展の乏しいサービスなので、期待する分だけ機会損失をしているといるかも知れません。

マイケル・コースは、創造性と高いファッション性を備えた、あらゆるシーンで活躍する都会的でスポーティーなコレクションを展開するライフスタイル・ブランドです。ラグジュアリーな“Jet Set Life”をテーマに、知的で洗練された美しさと着心地の良さでワンランク上の日常を演出します。
今回は、日本の公式オンラインストアでのお買い物において、国内のオンライン・モバイルでのコミュニケーションプラットフォームとなる「LINE」の「LINE Checkout」を活用することで、さらなる顧客利便性の向上を目的としています。



Even if you implement AmazonPay on your own site, only email addresses can maintain relationships with users. At the time of registration / purchase, “e-mail magazine distribution” was rejected, and there is no way to maintain the relationship thereafter. For this reason, the higher the guest purchase rate of spot use, the higher the likelihood of repeat measures being headed.

However, it can be said that maintaining the relationship with LINE registration is extremely easy. The profile information required for purchase is promoted as friend registration promotion, advertising and marketing use is officially “ possible ”, and purchase through LINE tool includes continuity beyond that It is guessed that.

If AmazonPay guarantees “ trust ” in the Amazon shopping area, LINEPay can be said to have secured “ relationship ” in hopes of getting deals and coupon distribution even after purchase .

Now that cashless is a national policy, it is easy to imagine choosing the same brand and payment method for real and e-commerce. Acquiring a pole position in the payment market, which is estimated to be about 4 trillion yen in Japan alone, is a key factor in the subsequent development.

AmazponPay, which has a firm position in EC, has little or no presence in physical stores. Rakuten Pay was condemned by the future shop to be “fewer users”, but on the other hand, in actual store usage, recognition and achievements are currently the number one.

Even the offensive PayPay will take a long time to switch to Yahoo! ID, and this delay may be behind that you can not easily reverse even if you get ZOZOTOWN. In other words, the settlement brand that is used by both real and e-commerce has not yet been established, and it can be said that real and e-commerce “Unified Sengoku Emaki” is still in the midst of a hot battle.

It is good that there are plenty of payment methods available for your EC, but it is not practical to have everything. If LINE is listed as a lead that should be strengthened, focusing on current user trends, the only payment method that should be chosen to unify the continuous lead of purchase and relationship has been reduced to one.

Create new customers’ awareness with the timeline and LINE NEWS, foster continuous communication by making friends, and link to the site member ID to build a state where payment is always possible. This is not a prerequisite for visiting the store, but since it is like a foreign business, you can go to the customer’s spare time and be able to serve customers, so what is hesitating to hesitate to introduce it?

If so, the “+ message” of the LINE counter service will implement carrier billing, but since it is a service that has progressed poorly, you may be losing opportunities as much as you expect.



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ログインID決済,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    ログインID決済 自社ECに導入必至なお支払い四天王

    キャッシュレスの主戦場は、現金主義が横行する実店舗にありますが、ついに…

  2. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    Amazonキラー の本命 家賃要らずのFacebook Shopsが小売を変える

    短だったり入店制限だったりと利益確保が困難な店舗運営を強いられるアフタ…

  3. インスタコマースで売上UP ,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    ソーシャルコマース

    インスタコマースで売上UPを狙うなら検討すべきvisumoとその導入効果

    期待に溢れかえったインスタショップナウも今やすっかり沈静化ムード。カタ…

  4. プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    チャットコマース

    プラットフォームチャット サスティナブルなお買い物体験のリアルへ

    ウェブ接客がEC必須となりつつある今、その会話を成立させる場所をどこに…

  5. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    メジャーモール 出店数におけるファッション通信簿

    消費税増税の際もその恩恵は メジャーモール に集約された感がありますが…

  6. 3大メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    3大メジャーモール 売上伸長ランキングが映し出すコロナ市況のリアル

    新型コロナによる行動自粛は、「巣篭もり」という消費スタイルを確立させ、…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 送料コスト高騰,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP