LINEチャットボット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

チャットコマース

LINEチャットボットでエンゲージメント自動化の夢を見る | BCラボ ブランドEC研究所

男女全世代の国民的ツールであるLINEの有効活用は、あらゆる企業やブランドにとって「ユーザーとの重要タッチポイント」に位置づけされ、購入はもちろん、問い合わせ、予約申し込みなどあらゆるCVに寄与する可能性を示しています。ただ1対複数のコミュニケーションには自ずと限界があり、有人でリアルタイムに対応するのは非現実的です。そこで待望の LINEチャットボット の登場です。



LINEのチャットボットとは、「LINE上でユーザーに自動で対応してくれるプログラム」のことです。これにより問い合わせ対応の効率化や、ユーザーの要望に合わせたサービスの改善が可能です。まずはこの記事で、LINEのチャットボットについてざっくり理解しましょう。

情報源: LINEで使うチャットボットとは?メリットや使い方を簡単にご紹介

従来LINEの企業活用は、メッセージの一斉配信でのサイト誘導などが一般的で、クーポンやディスカウントなどの特定提供を用意したCV施策は、その配信数量に比例して成果を獲得しましたが、高すぎる頻度のメッセージ配信は、コミュニケーションというよりは「強制伝達」に近く、鬱陶しいという結論を容易に導きました。

無論、LINEにとっても不都合であり、従課金制の強制執行は、企業やブランドへの相互コミュニケーション実施への布石であり、LINE運用法自体を見直すことを促してています。

LINEチャットボットを実現する「メッセージAPI」はビジネスコネクトプランでも提供されていましたが、LINE公式アカウントへの統合を機に、設定次第でどのアカウントでも運用を可能とします。

LINEチャットボット 導入方法

導入ステップはわずか2つだけです。

1、LINE公式アカウントを取得する
2、MessageAPIを使ってボットを作成する

これだけです。
だたボットの作成プログラムは専門知識が必要ですので、現実的には「外部に制作委託する」か「作成しやすい連携サービスを利用する」ことになります。

今後あらゆるベンダーがこのLINEチャットボットに対応し、選択肢も豊富になりますが、現状では「Repl-AI」などが、容易なチャットシナリオの作成と連携を実現してくれます。

誘導シナリオと自然言語処理のミックスボットですが・・・

さて、導入事例を見てみると、EC利用では、ユニクロのお問い合わせ専用アカウントや日本直販などが利用されていますが、購入CV誘導というよりは、購入後の対応やお得情報の発信での購買トリガー化が運用方法となっています。

賃貸物件情報のCHINTAIが提供するアカウント「チンタイガー」で動作確認をする限り、お友達とメッセージをやり取りするような「口頭感覚の会話体」を投稿しても、あまりレスポンスは良好ではありません。過去、散見されたツイッターボットの方がお利口な気がします。

ユーザー側に検索などボット発動トリガーのセンテンスを委任する言語処理ベースをA.I人工知能に任せるには、もう少し運用頻度が高くないと実用には足りないようです。

設計は非常に手間ですが、誘導のシナリオを選択肢でタップ誘導する方がユーザーには明確であり、この点においても、シナリオ設計が豊富に用意し、ユーザーとの会話からセグメント配信を実現するSYNALIOのが当ラボのオススメとなります。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. LINE公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. チャットコマース,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    デジタルソリューション傑作選

    【ソリューション傑作選】チャットコマースを切り開く会話広告fanp

    「2019年のECリアルトレンド」でも掲げた チャットコマース 。LI…

  3. チャット利用意識調査,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    チャット利用意識調査 リピーターほど積極利用する導入効果 | BCラボ ブランドEC研究所

    決済機能も実装し、チャットボットソリューションの群雄割拠ぶりは相変わら…

  4. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC研究所

    この時期になると多くのマーティングサイトで展開されるECトレンドのお題…

  5. Chatbot,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    COMMERCE TREND

    Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランドEC研究所

    Chatbot の導入と活用があらゆる企業に求められ標準化されるいう…

  6. WEB接客,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    COMMERCE TREND

    WEB接客 導入ガイド | CVR30%増へ ツール選びのポイントとキモ | BCラボ ブランドEC…

    今最もホットなECツールのトレンドが「 WEB接客 」です。実店舗と同…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. インスタ検索,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ウェブ接客,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. MEO,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. オムニ施策,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. クレカ情報漏えい事故,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP