インスタコマースで売上UP ,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

ソーシャルコマース

インスタコマース 導入方法と効果事例 | BCラボ ブランドEC研究所

インスタコマース の日本実装がアナウンスされた6月5日のタイムラインやフィードは、あらゆるメディアからのピックとシェアに溢れ、ちょっとした「祭り」でしたね。ただ、冷静に考えれば「画像クリックして商品ページに遷移する」だけのことです。
当たり前のことが出来なかった弊害と、それに反しての効果と手応えが一層のジレンマだったのでしょう。さぁ、インスタコマースはじめまるよ!


6月5日、Instagramは米国で3月から開始していたショッピング機能を日本でも開始すると発表した。ユーザーにとってInstagramでのショッピングとはどんな体験になるのか、すでにテスト導入した国内3社はどんな手応えを感じているのか、また、Instagramの製品マーケティングディレクターが語ったInstagramのビジネス利用の現状はどんなものなのかをまとめた。

情報源: Instagramの「ショッピング機能」を解説! 導入方法&活用事例&支援サービスまとめ | ネットショップ担当者フォーラム



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


まずは「祭り」の様子から

インスタコマースのトピックス的には、先行導入アカウントを見ても「主役はアパレル」です。様々なメディアがイベントに招待され、デジタル&テック系メディアよりも優遇されたとの話も。
なので、ウェブ系のファッションメディアの主要どころの記事を振り返ってみましょう。

WWD JAPAN
「インスタグラムがついに国内でEC機能導入、初回パートナーに「ゾゾタウン」やベイクルーズなど」
https://www.wwdjapan.com/622222

「インスタグラムのEC機能導入でアパレルECはどう変わるのか」
https://www.wwdjapan.com/624987

FASHIONSNAP.COM
「インスタグラム、フィード投稿から商品が購入できる「ショッピング機能」を国内で導入開始」
https://www.fashionsnap.com/article/2018-06-05/instagram-shopping/

F.M.J
「インスタグラムからECに直接リンクする「ShopNow」機能が日本でも解禁。インスタで“気になった商品そのまま買い物”を可能に」
http://fashionmarketingjournal.com/2018/06/instagram-shopnow.html

ApparelWeb
「インスタグラム、ショッピング機能を導入 フィード投稿で商品画像に「価格」や「説明」など記載可能に 通販サイトへのリンクも」
https://apparel-web.com/news/tsuhanshinbun/47047

どこも内容は一緒です。
プレスリリースより中身がないというお粗末さ。

実はデジタルメディアやEC関連メディアの方が「詳細」にプレスリリース内容を記載しています。こちらも記事内容は一緒とはいえ、充実度は違います。
アパレルウェブに関しては、元々が「ママ転」記事なのだから、元記事を吟味すればいいだけの話なのに。

ファッションメディアを閲覧しているブランドEC担当者は、どうやって「インスタコマース」を導入方法を知るのでしょう。

と、いうことで一番分かりやすくまとまっていた元記事からピックしていきます。

インスタコマース 導入条件として

・導入利用は無料
 送客導線としてクリック課金もいたしません。

・提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品の販売
 デジタルコンテンツなどの無形商材はとりあえずNG
 FacebookPageとECサイトが連携され、なおかつ「製品カタログ」を登録

・Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済

・そのInstagramアカウントがECサイトと連携したFacebookPageと接続されている。

・FacebookPageで登録する「製品カタログ」には審査が必要

上記を満たした上で、Instagramによるアカウント審査が実施され、晴れて「画像に製品タグが晴れる」のです。

ちなみに、ShopifyやBASE、ECCUBE(3系)ではカタログ制作のサポート機能があり、基本ECに登録した商品がそのままタグ付け可能になり、相当の手間が省けます。
こちらは、元記事にリンクが貼ってありますので、そちらをご確認ください。

さらに言うと、Facebookのカタログ制作ですが、結構審査が厳しく、誇張した表現などは「見事に審査落ち」になります。何回審査落ちしてもアカウント停止というワケではありませんが、あまり「洒落」は通用しません。

テスト運用参加アカウントの声に注目

先行テスト運用に参加したのは下記の6アカウント

• BAYCREWS(@baycrews)
• BOTANIST(@botanist_official)
• creema(@creemajp)
• Gilt Japan(@giltjapan)
• minne(@minne_official)
• ZOZOTOWN(@zozotown_official)

ベイクルーズの声
・ショッピング機能によってユーザーが気になったり欲しいと思ったりしたモチベーションが高い状態のときに購入への導線を作れるので、今まで以上にエンゲージメントが高められると思っている。
・サイト流入で新規率が他のソーシャルよりも高い

ボタニストの声
・ショッピング機能を導入してまだ1週間ぐらいだが、CTRで他に類を見ない数値が出ている
・フィードを作るのがちょっと大変だった

ミンネの声
・これまでInstagramでもらっていたコメントに「どこで買えるんですか?」というものが多かった。買える場所のURLやキーワードは載せていたが、購入までのハードルが高かったようだ。
・各投稿からの流入が増えている

インスタは日常プロモーションと実売が共存する最良エリアに

最後に、インスタグラムの製品マーケティングディレクターからのデータから、今後の見通しを。

・アクティブアカウント2,000万以上の日本人は1日に何度も頻繁に利用している
・その20%は毎日インスタでハッシュタグ検索し、42%は何かしらのアクションを実行
・ビジネスアカウントはフォローよりもDMでのやり取りが重要

ということで、従来の「フォロワーを増やす」という単純な数値を追いかけるより、自社ブランド独自のハッシュタグの浸透に努めたり、サーチヒットしやすいタグを欠かさず入れておくなど地道な努力が身を結びそうです。

また本質的にコミュニケーションであることはユーザー側に意識が強いようで、DMやコメントへのリアクションなど、何気ないつながりが最良のエンゲージメントを育んでいきます。

つまり、本気でインスタコマースで成果を獲りにいくなら、「専任者」が必要ってことです。






BCLab.ソリューションラインナップ








 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. Yahoo!ショッピング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    メジャーモール

    Yahoo!ショッピング 楽天やアマゾンと同格に扱うのはもう無理なの

    ECモールの動向を語るに、楽天市場とアマゾンの2大メジャーは外せません…

  2. FBAマルチチャネル,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    メジャーモール

    FBAマルチチャネル EC事業社が知っておくべきその先の物流シーン

    ヒトケタ台のEC化率にあって、すでに限界を向かえている物流事情。社会イ…

  3. チャットコマース,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    ソーシャルコマース

    【ソリューション傑作選】チャットコマースを切り開く会話広告fanp

    「2019年のECリアルトレンド」でも掲げた チャットコマース 。LI…

  4. ソーシャルコマース,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルコマースのメインステージ LINEとインスタは新機軸へ | 4月第3週 トピックスまとめ

    新料金体系にシフトしたLINE、ソーシャルの軸ともいえる「いいね」のカ…

  5. インスタチェックアウト,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタチェックアウトで加熱する ビジュアル衝動買いの背景と行方

    圧倒的な待望感で開始されたインスタショップナウが「空砲のオーガニック」…

  6. Chat接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    Chat接客 ユーザーの意識変化に向き合い売上に貢献する

    オフラインだからこそ実現できたサービスまでもが、ECで提供することが求…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. インスタ検索最適化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. ニューノーマルコマース,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP