インスタショッピング機能,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

ソーシャルコマース

インスタショッピング機能 売上アップを実現する5つの活用ポイント

インスタグラムが小売シーンを支配する「ちょっと先の未来」に向けて、EC事業社が取り組むべきは、実装された インスタショッピング機能 うち、どれが自社の製品やサービスに適しているのかを見極めることにあります。もはや組織的取り組みでないとインスタ活用は満たせない領域となりつつあるのです。

Instagramは「EC機能」を強化させる動きを加速させており、EC事業に取り組む企業にとってInstagramの活用は注目すべき施策となっています。そこで今回は、InstagramがEC化を進めることになった背景から、Instagram×EC施策を効率的に取り組むための5つのポイントについて解説します。

情報源: SMMLab|【InstagramでEC売上をアップ!】ショッピング機能を効率的に活用するための5つのポイント



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


そしてソーシャルコマースは訪れた

アライドアーキテクツがインターネットユーザー約2,900名に行った調査では、SNSをきっかけに商品を購入したことがありますか?との問いに対し、主要SNSの全てにおいて半数以上の人が「ある」と回答。特に、Instagramが最も多く、60.7%の回答者が、Instagramの情報をきっかけにECサイトで商品を購入したことがあると答えています。


SNSの情報をきっかけや参考に、初めて利用するECサイトで商品を購入したことがあるソーシャルベスト5

1位:インスタグラム:60.7%
2位:ツイッター:55.2%
3位:フェイスブック:54.4%
4位:YouTube:53.1%
5位:LINE:51.9%

SNSで初めて知り、そのままSNS経由でECサイトへ訪問、商品購入したことがあるソーシャルベスト5

1位:インスタグラム:42.7%
2位:フェイスブック:40.5%
3位:ツイッター:38.1%
4位:LINE:36.8%
5位:YouTube:36.6%


インスタショッピング機能 押さえておくべき5つのポイント

インスタグラムがただの情報収集やコミュニケーションの場ではなく、より「消費行動」に密接に関わるメディアへと変化していることがうかがえます。Instagramは生活者にとってより消費行動に近いSNプラットフォームなりつつあるのです。ソーシャルコマースですね。

ポイント1:ショッピングタグを活用せよ

フィードやストーリーズの投稿に、商品の情報をタグ付けできる機能であり、ユーザーは、タグ付けされた商品について、商品の詳細や購入ページへのリンクを見ることができ、Instagramでスムーズな商品購入が可能となります。

それまでオーガニック投稿にはURLリンクモ許すまじとクローズだったインスタが一気に来店導線となり、実装時の待望感はハンパなかったですが、まぁ時間が経つとワリと、「リンクなんて普通のことだよね」と冷めてしまうのも現実ってモンです。

その後、ショッピング投稿は、
・フィード広告として配信可能になったり、
・まとめ機能に対応
することで、新規獲得素材として応用可能となりました。

特にまとめ機能は、インスタ内のUGMとして確立することが予想され、まとめ役の投稿者がインフルエンサー並みの影響力を発揮することが期待されます。発見タブ内の新機能「インスタショップ」に掲載されるなど利用が活発化すれば、アフィリエイトブログの終了を意味するかと。その時マーケティングの歴史が動くのです。

ポイント2:インスタグラムショッピングの活用

ビジネスアカウントやクリエイターアカウントがInstagram上で店舗をもつことができる機能で、プロフィール画面にショップへの導線となるアイコンが表示されます。

活用のポイントとしては、
・コレクション機能を使って、テーマ別などでまとめてブランドの世界観を表現したり、
・まとめて見てほしい商品を表示させる、
・商品ごとに詳細ページの作成し、価格や訴求点などを提供する
などが挙げられます。

さらに今後実装が予定される機能として、
・インスタ内で決済まで完結するダイレクトチェックアウト機能
・FaceBookPayサービスの提供
・新作発売のリマインダー設定
・クリエイター投稿に商品タグを付与するクリエイターズショッピング
など、もはやインスタグラムはソーシャルショッピングモールとして、新たな小売チャネルに変貌をとげるのです。

ポイント3:ライブコマースの舞台にせよ

ライブの配信映像の下に商品が表示され、視聴ユーザーは、タグ付された商品をタップするだけで、その商品の詳細情報にアクセスしたり購入することができます。

動画コマースがライブコマースと同義となりつつあるのも、リアルタイムにユーザーの要望に応えるダイレクト感が購買意欲を高い状態に引き上げることにあり、そのプロセス事態がブランドとユーザーの距離感を縮め、エンゲージメントを高めることにも繋がるワケで、ライブの回数を重ねるほどに成果を高めることが期待されます。

今後インフルエンサーに求められるスペックは、フォロワー数よりも、アンミカのような「トーク力」になるのです。

ポイント4:あらゆる投稿に躊躇なくショッピングタグ

・長尺ブランディング動画IGTVでもショッピング投稿
 動画内で紹介した商品をタグ付けし、IGTV動画内のショッピングボタンから商品購入へ
・短尺TikTokライク動画リールでもショピング投稿
 豊富なエフェクトで創作性に溢れた動画で、商品インパクトを与えたまま購入へ

ショッピングに適した仕様というよりは、コンテンツ特性とユーザー嗜好のマッチングの多角対応といったところでしょうか。

ポイント5:アカウント運用はブランディングから実売へ

Instagramショップは発見タブの中の「ショッピング」を選ぶと表示されるショッピングのまとめページです。

各ユーザーごとの興味関心に合わせ、ショッピング投稿やコレクション、商品まとめが表示され、ユーザーは自分に合った新しい商品と出会うことができるのです。

これまでのアカウント運用が投稿をベースにした新規ユーザーとの出会いの創出やいいね数などのエンゲージメント向上という、比較的ブランディングという言い訳に逃れた「放牧的」な運用エリアでしたが、これからは、実売成果という「狩猟的」なアクティブで肉食的な運用姿勢が求められる次第です。

ショッピング機能が充実したインスタは、もはや「映え」など求められない

ハッシュタグで検索して、発見タブで新しい投稿やアカウントと出会い、フィードに流れるあらゆる投稿がショッピング要素が盛り込まれることで、フルタイムで物欲を刺激することを目的とした無限の商業施設が手のひらで展開されることとなるのです。

重要なショッピングチャネルとして、センスなど二の次の商魂丸出しのアカウントが成果を勝ち取ってゆくことは容易に想像されますが、肝心のユーザーにとっては、「気軽で都合の良い購入機会」でしかなく、自身の価値観を共創するエリアを別に求めるか、「お買い物用アカウント」を設置して目的別にアカウントを使い分けることになるのでしょう。

ちなみに、未成年層が支えたインスタの快進撃も、クレジットカード情報が必要なダイレクトチェックアウトはさほど普及するとも思えず、銀行口座連携のPayPal次第ともいえますが、まぁ期待できるワケもなく、ダイレクトチェックアウトは、「海外通販用」と割り切る方が良さそうです。





GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. PayPay,全国チェーン飲食店,吉牛,吉野家,松屋,全国6500店舗以上,#BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

    コマーストレンド

    PayPay が2月1日から吉牛や松屋など全国6500店舗以上の飲食チェーンで40%還元を実施

    初回の熱狂がまるで別会社の出来事のように「上限」に縛られた PayPa…

  2. ウェブ接客,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    ウェブ接客はEC標準装備化へ パーソナライズ対応待ったなし | BCラボ ブランドEC研究所

    「いらっしゃいませ!」から始まる接客も、リアルでは常識としてもECでは…

  3. 越境EC実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    越境EC実態 インスタグラムが10代女子をグローバルに道標

    EC鎖国なジャパンの 越境EC実態 におかれましては、業者も消費者も言…

  4. キャッシュレス主婦,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    キャッシュレス主婦 昼下がりのお支払い事情を家政婦はミタ

    合計金額を提示されてから財布をカバンから探す、ポイントカードの有無を聞…

  5. SHOPNOW,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ中の人が語るSHOPNOW機能活用のポイント | BCラボ ブランドEC研究所

    SHOPNOW は待望のショッピング機能ですが、実装当初の待望感ほど…

  6. 小売テックトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    音声検索

    小売テックトレンド プラットフォームで生きる潔さを身に付けよ

    モバイルスクリーンで展開されるアプリは、あらゆるサービスの入り口として…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. EC改善ニーズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC決済ブランド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. クチコミ意識調査,レビュー,ファンくる,ECサイト意識調査,ファンくる(株式会社ROI)調べ, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ダウンロードドキュメント

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP