インスタ検索,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

ソーシャルコマース

インスタ検索 ファッションもレジャーもタグってキャッチ | BCラボ ブランドEC研究所

「ググれカス!」が検索万能感を誇示すように、ソーシャルスキルを嘲笑う「タグれボケ!」も「情報格差」が生み出した軋轢であり、 インスタ検索 もソーシャルという絆をインフラにする割に、選民意識が溢れる優しくない世界だったりします。


Just as “Gugure Kas!” Boasts a sense of search versatility, “Tag Bokeh!”, Which ridicules social skills, is also a friction created by “Information gap”. It is an unfriendly world full of people’s awareness.


ジャストシステムは「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度)」を実施し、結果を発表した。



グーグルよりもインスタなファースト検索ジャンル

インスタ映えを意識した消費行動をベースとした場合、当然ながら「ビジュアル」が重視されるワケで、画像という一覧性の高い情報ソースが重宝されるのはある意味当たり前の帰結とも言えますし、日常的に利用素地が高いアプリに依存するものですから、検索もシェアもいいねもグーグルにその出番は乏しくなってきても仕方ありません。Google+も消滅しましたし。^


If the consumer behavior is based on instagram, it is natural that the “visual” is emphasized, and the use of images as a highly readable information source is, in a sense, a natural consequence. Because it depends on apps that have a high use base, search and sharing are good, but it’s unavoidable that Google’s turn is getting scarce. Google+ has also disappeared.


スマートフォンで流行のファッション情報を調べる方法

1位:インスタグラム:29.4%
2位:グーグル:28.3%

うーん、僅差というか誤差というレベルで、トピックスにあげるレベルにもないのかもしれませんが、3年前でのインスタグラムの調査スコアが17.1%という点においても、その利用拡大ぶりが伺えるものです。

そのインスタグラムの年代別利用率は、
10代:52.9%
20代:39.3%
30代:28.9%
40代:16.5%
50代:13.2%
60代:8.0%

となり、若年層特有のソーシャルというポジションから脱しつつあると思われます。ソーシャルコマースの視点からも、より利用世代と利用率の拡大が見込まれ、インスタ投稿キャンペーンやインフルエンサーの高齢化問題が語られる日が来ることもそう遠い日ではないかと。


It seems that you are getting out of the youth-specific social position. From the perspective of social commerce, it is expected that the number of users and usage rates will increase, and it will be a day far from the day when the Instagram post campaign and the aging issue of influencers will be talked about.


スマートフォンでSNSのネタになるようなレジャースポットを探す際の情報源

1位:グーグル:34.9%
2位:インスタグラム:19.3%

結果的には「安定のグーグル」と言えますが、3年経過した前回調査からグーグルはマイナス13.2ポイントも大幅に減らした結果です。その減少分を奪い取ったのがインスタグラムと言えるでしょう。5.7%の利用率から大きく飛躍しています。

グーグルの利用ポイントを稼いでいる30代以降のインスタ利用素地が高まれば、これも逆転する日が訪れることは間違いありません。


As a result, it can be said that “Google is stable”, but Google has significantly reduced by minus 13.2 points from the previous survey after three years. You can say that Instagram took away the decrease. It is a big leap from the 5.7% utilization rate.

There is no doubt that the day will reverse if the amount of Instagram usage after the age of 30 who earns Google usage points increases.


ウェブの支配者はソーシャルを支配できず

検索でウェブを支配したグーグルの根幹を揺るがす現象が目前で展開されている次第です。少なくともソーシャルメディアという領域では、グーグルの影響力も存在感も乏しいと言えます。

スマホが登場・普及して10年、検索というウェブ行動の基本は、アプリの登場により絶対的な支配権はほころび始め、そのアプリが利用素地となったソーシャルメディアが、検索自体に影響を及ぼしています。

ことECやサイトにおいて、基本的な集客ベースに「検索」が始点となる以上、ウェブベースの「ググる」に加えて、ソーシャルベースの「タグる」も決して無視できない「最適集客施策」となるワケで、タギってタグらせる独自のキャッチコピーやネームが強みを発揮することでしょう。

この調子で日常検索シーンを支配したとき、ソーシャルメディアはコマース領域での重要ポジションを確立、その中心となるインスタグラムは「最も手軽な世界進出ツール」として崇め奉られていることでしょう。


It is up to the moment that Google is dominating the web in search. At least in the social media arena, Google’s influence and presence are poor.

Ten years after smartphones have appeared and spread, the basics of the web behavior of search are that the absolute control of the app has begun to fall off with the appearance of the app, and the social media that the app became a base for has influenced the search itself You.

In EC and websites, since “search” is the starting point for the basic customer attraction base, in addition to the web-based “Guguru”, the social-based “tag” can be an “optimal customer acquisition policy” that cannot be ignored. So, the unique tagline and name tagging tags will demonstrate their strengths.

When dominating the daily search scene in this vein, social media has established an important position in the commerce space, and its central Instagram will be worshiped as “the easiest global entry tool.”




AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 越境EC実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    越境EC実態 インスタグラムが10代女子をグローバルに道標

    EC鎖国なジャパンの 越境EC実態 におかれましては、業者も消費者も言…

  2. 企業公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    企業公式アカウント ソーシャルミスマッチを解消しコマース収益を見込む

    SNSは企業が宣伝する場所ではないとする通説がありますが、ユーザーが …

  3. チャットコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    チャットコマース ユーザー行動と心理にアプローチしEC標準化の道へ

    B2CのECマーケティングにおいて、ユーザーのサイト内行動分析を軸にし…

  4. プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    チャットコマース

    プラットフォームチャット サスティナブルなお買い物体験のリアルへ

    ウェブ接客がEC必須となりつつある今、その会話を成立させる場所をどこに…

  5. インスタショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタショッピング 公式資料から考察する「これからの姿」 | EC CUBE DAY 2019

    インスタグラム公式資料から、インスタの今を知りどう活用すべきかを考察し…

  6. ガラパゴスEC,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    グローバルEC

    ガラパゴスEC 市場拡大を阻む越境食わず嫌い王の「分からない」理論

    東京五輪以降の景気観測は後退局面というネガティブな雰囲気が支配的ですが…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 送料コスト高騰,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
PAGE TOP