インスタ検索最適化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

ソーシャルコマース

インスタ検索最適化 キーワード検索で加速するGoogle化に備えよう

ニーズの不純物を排除してきたGoolge検索ですが、結果の最適解判断にページ遷移という手間を排除するには至りません。画像で一目判断するインスタグラムが買い物ニーズに加え、検索ニーズを満たしてしまうなら、 インスタ検索最適化 はECマーケティングの最優先事項に引き上げねばなりません。

2020年11月から英語圏6カ国(アメリカ、イギリス、カナダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド)でスタートした、Instagramのキーワード検索機能は、今後のデジタルマーケティングで大きな変革をもたらすかもしれないとマーケターの間で既に話題になっています。

情報源: 「インスタのGoogle化」とは!? 2021年マーケトレンドを予測する3つのキーワード (1/3):MarkeZine(マーケジン)



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


「インスタグラムのGoogel化」で勃発するマーケティングシフト

これまでのインスタ検索

・F1層では「タグる」で検索ツールのポジションを確立済み
・検索できることは、 
 アカウント
 位置情報
 ハッシュタグまで
・AND検索はできないというク○仕様

インスタグラムで検索するということは、検索機能としては陳腐であっても、検索結果自体がビジュアライズされているため、必要情報の取捨選択だけでなく、潜在的意識の感性まで掘り起こす場合もあり、検索という行為自体が「便利」なだけでなく、新たな出会いと発見という「娯楽」に昇華させたといえます。

インスタのGoogle化とは

・キーワード検索の解禁
・タグ記載の有無に関わらず、投稿のすべてが検索対象に
・AND検索にも対応
・検索対象は、
 ハッシュタグ
 キャプション
 投稿画像
 他ユーザーからのコメント
 アカウントのプロフィール
 普段の投稿内容
 など、あらゆる要素から複合的判断される模様。

検索プロセスでは、キーワードに対してインスタグラムが独自のアルゴリズムでサジェストされたワード結果を選択する仕様となり、基本的な動作は従来のハッシュタグ検索と大きな違いはありません。
つまりこれまでの「タグる」という検索がより高精度になり、検索ツールとしての利便性を向上させることを意味しています。

PCからスマホシフトによるアプリ普及が検索という行為を減退させましたが、行為自体の「代替先」は存在しませんでした。ソーシャルメディアという「日常性」を情報源とするインスタグラムの検索が「メインストリームとしてGoogleを凌駕する可能性」を秘めていることは、Googleが対象とするウェブという大海には、あまりに「不純物」が漂いすぎていることへのアレルギー反応なのかもしれません。

インスタ検索最適化 に向けてすべきこと

・検索機能アップは英語圏6カ国から提供開始
・日本語対応は2021年内の開始を予想
・ソーシャルコマースのファーストポジションを確立したインスタグラム。
 検索+ショッピング=消費行動や市場に大きな影響力を保持

タグの記載に関わらずキーワードヒットすることが前提であるとすると、キーワードという単語の認識が重要となるため、基本的な検索最適化に向けたツボは、GoogleSEOとほぼ同じになると思われます。

いまだ英語ベースのSEO判定ツールが、日本語にまともに対応できず、記載単語数を判読できないように、英語ベースのインスタグラム検索が、日本文から単語を認識することは困難であることは想定内にしておかなければなりません。
つまり、「英文 表記 のように 半角アキ で 構成 された 文章 でないと キーワード を 認識 できない」と考えられるのです。

#結局 #ハッシュタグ が #一番大事 ってことなんです

検索順位がKPIとなるGoogleSEOに対して、インスタSEOはサジェスト結果に対応することが達成目標となり、結果に現れる投稿やアカウントを調べれば、傾向と対策は取りやすいとも言えます。

画像内容に対するキーワードの適正度はもちろんのこと、頻度や記載ポジションなどもサジェスト入りには意識すべき点ですが、最優先は「ハッシュタグ」であり、「 #ハッシュタグ の #使い方 や #頻度 が #最良 の #検索最適化 となる」ことは間違いありません。




GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. アパレル市場,キャッシュレス社会,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    マーケティングトレンド

    スマホとおサイフは別よ キャッシュレス社会へのブレイクスルーは増税還元ポイント

    リアル店舗でのお支払い事情は依然として現金派が主流を占めているます、令…

  2. 国内メジャーECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    国内メジャーECモール いまさら聞けないキホンの基

    国内メジャーECモール という括りに、アマゾン、楽天市場、ヤフーショ…

  3. インフルエンサーマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    ソーシャルコマース

    インフルエンサーマーケティング 影響力よりもリーチ重視なコスト都合

    もはや「インフルエンス」など求めていないマーケティングなのでは? と根…

  4. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    コマースアプリ 増加する購入率 その代償は高い施策コスト

    顧客の購買プロセス多様化によって、コマースシーンはオンライン、オフライ…

  5. 会話データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    会話データ ヒアリングこそ体験価値を引き上げる最重要施策

    諸表数値を暗記するのは当然と、買ってことも触ったことさえもない商品を評…

  6. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    国内化粧品市場 コロナ禍で再編必死な小売販路の今

    従来、ブランドビジネスにおいての優先される小売スタイルは、直販よりも百…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. インスタ検索最適化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. ニューノーマルコマース,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
PAGE TOP