インスタチェックアウト,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

ソーシャルコマース

インスタチェックアウトで加熱する ビジュアル衝動買いの背景と行方

圧倒的な待望感で開始されたインスタショップナウが「えっ全然売れないよね、広告の方が成果あるんだけど」という「空砲のオーガニック」と残念感に包まれる最中に、アプリ内決済の インスタチェックアウト が登場します。ビジュアルコマース機能で先行するピンタレストに加え、グーグルも追走する模様。加熱する「画像からの衝動買い」の行先とは。



インスタショップナウと インスタチェックアウト の違い

Instagram(インスタグラム)ショッピングの最も大きな障害は、外部の小売事業者のサイトで決済しなくてはならないことです。新機能の「Checkout(チェックアウト)」を利用すれば、インスタグラム上で決済まで可能になります。 インスタグラム経由で商品を購入する時の最も大きな障害を取り除く機能です。

簡単に区分すると、
・インスタ「ショップナウ」
・オーガニック投稿画像から商品カートページへ送客。
・お支払手続きはあくまでもECサイトで実行するもの
・サイト毎や都度の購入手続きが必要となり、それはそれで結構面倒。
・投稿にも決済にもインスタ側には何も支払うことはありません。

・インスタ「チェックアウト」
・画像内の商品タグをタップすると、商品詳細ページへ遷移。
・ページ内にチェックアウトが表示され、お支払へ。
・氏名・住所などの購入に必要な情報は、インスタグラムが保管。
・決済は、メジャークレカやPayPalなどをラインナップ
・インスタへの支払いが発生、「登録」などの手続きが必要に(なるでしょう)

大きな違いは、
・ECサイト決済かアプリ内決済か
・インスタへの支払いの有無(決済ブランド経由かも)

となりますが、細かい点では、チェックアウトしたユーザー情報をどう提供されるのかなど、基本的な流れはまだつかめていません。ECサイト自体とインスタグラムとの機能連携具合が密になるため、利用状況によっては、ECサイト自体のプラットフォームを見直す必要が生じるかもしれません。

その点、Shopifyは直接連携が予定されている模様です。

ユーザー視点でいえば、現時点でも「お支払情報」を登録できます。日本版でもPayPalロゴが登場してますので、事前に決済ブランドを決めて登録しておけば、タイムライン表示から「衝動買い」は捗ることでしょう。

英語圏でのEC決済の大半を占めるPayPalが利用できれば、インスタグラム自体がグローバルECのプラットフォームとなる次第です。

ビジュアル衝動買いは広がるのか

ビジュアルコマースを先行しているのは実はピンタレストであり、上場を控えさらなるお買い物機能の強化を図っています。さらにGoogleもさえも追随し、「shoppable ads on Google Images」という広告メニューをテストしているとのニュースも。画像検索結果で表示される画像への「複数の商品登録」が可能になり、商品単体画像だけでなく、イメージ画像からそれぞれの商品情報への遷移を可能にするようです。ブツ撮り白バックのショッピング広告とイメージ雰囲気画像の新広告で、ビジュアル購入を促すようです。

さて、インスタチェックアウトのサンプルを見る限り、その掲載情報は極めてシンプルであり、商品をより良く知る・伝える手立てはなさそうです。このあたりのあっさり感は、海外ECサイトの商品ページを見た感覚とそう変わりません。返品上等なEC習慣に染まったお国柄を感じさせる次第で、ノークレームノーリターンを信条とし、あらゆる返品の可能性を排除する為に情報を詰め込むジャパンの商品ページとは異なります。

返品が当たり前でガンガンにカートクリックするアメリカンなお買い物習慣には、ソーシャル上でのビジュアル衝動買いは捗るでしょうけど、慎重かつ丁寧なオモテナシなジャパンには不向きかも知れません。
チャットで問い合わせぐらいは機能付与して欲しいところですが、FBメッセンジャーが立ち上がった瞬間、漂うFacebookのビジネス臭が購買衝動を冷やしてしまう気もしますので、そこはあくまでも「インスタ内」で貫徹して欲しいところです。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ソーシャルの口コミ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルの口コミでお買い物したよ!購買転換率選手権 | BCラボ ブランドEC研究所

    ソーシャルの口コミ によって物欲や購買意欲が動くなら、日々コツコツと投…

  2. 自社EC運営,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    自社EC運営 それはビジネスを決めるマーケティングであり経営でもある

    コロナによるECへの影響は、その利便性や社会性が、より多くの消費者に認…

  3. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    Amazonキラー の本命 家賃要らずのFacebook Shopsが小売を変える

    短だったり入店制限だったりと利益確保が困難な店舗運営を強いられるアフタ…

  4. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    WhatsAppビジネス で実現する訪日インバウンドのオムニチャンネル

    毎年観光客数を更新する観光立国ニッポンですが、訪日客にも買い物予算の限…

  5. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  6. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    コマースアプリ 増加する購入率 その代償は高い施策コスト

    顧客の購買プロセス多様化によって、コマースシーンはオンライン、オフライ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Shufoo!の意識調査,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. YouTube,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. バーチャサイズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. ECのアプリ化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. チャット決済,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP