インフルエンサーマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

ソーシャルコマース

インフルエンサーマーケティング 影響力よりもリーチ重視なコスト都合

もはや「インフルエンス」など求めていないマーケティングなのでは? と根本的な疑問を抱かずにいられませんが、重力も引力も引かれて、1から10まで君次第というワケではないようです。存在するだけで影響与えている「ハズ」の インフルエンサーマーケティング の「今」を覗き見してみましょう。

インフルエンサーのクラウドソーシングサービスを運営する「スナップレイス」は、2020年のInstagramインフルエンサーPR案件を分析した結果を公開した。

情報源: 高額商品の紹介が約2割に InstagramのインフルエンサーPRの実態【スナップレイス調査】



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


インフルエンサーマーケティング ホントのところランキング

頼んだぞ!インフルエンサー!! 依頼の多い業種トップ10

1位:美容・健康:29%
2位:飲食店:27%
3位:宿泊・レジャー:11%
4位:食料品:8%
5位:ファッション:7%
6位:雑貨:5%
7位:ワークショップ:4%
8位:電化製品:3%
9位:ITサービス:3%
10位:ペットグッズ:1%

上位2業界でインフルエンサーマーケティングシェアの6割近くを占める結果となりました。4マスメディアのプリント広告費のシフトから、ファッション業界の割合が高いと思っていましたが、意外にもわずか7%とヒトケタに止まり、それは業界としてコスト概念が冷静なのか単なるケチなのかは別として、インフルエンサーマーケティングのべースには、見知らぬアカの他人の評価を重視するレビュー要素が濃厚であることをうかがわせる次第です。

依頼商品の価格は?

1位:5000円ー1万円内:31%
2位:1000円ー3000円内:22%
3位:3000円ー5000円内:20%
4位:1万円ー3万円内:19%
5位:1000円内:6%
6位:3万円ー5万円内:1%
7位:5万円以上:1%

どんな単価であろうとマーケティングフィーが発生する以上、コスト勘案可能な適性な商品単価というものがあるワケですが、一般的な小売やサービスで該当しそうな単価は網羅されているようです。
先の利用業種上位と利用単価がマッチするのであれば、それらの売り物は「1万円以内」が主流という次第で、失われた30年でデフォルトと化したデフレの根深さが伺えます。

深い影響よりも浅くても広いリーチが希望

1位:3000フォロワー以上:37%
2位:5000フォロワー以上:36%
3位:1000フォロワー以上:13%11%
4位:制限なし:
5位:1万フォロワー以上:3%

「私のフォロワーは53万ですよ」と言ったか定かではありませんが、インフルエンサーたるものフォロワーは10万ないと名乗れませんよ、というジョーシキも今や昔、1000人レベルで案件投稿が可能という現状自体、もうインフルエンサーマーケティングの終焉を物語っている気がします。
マイクロインフルエンサーなどの「素性も知らない一般人」のくくりに一定のコストを掛けるより、自社商品やサービスの価値を知り、語る資格を持ち得る「顧客」に広めて努力やサービスを提供する方が「至極真っ当」だと思うのは当たり前の帰結というものです。


調査主体:スナップレイス
調査対象:同社が把握するそれぞれのデータ軸で条件が設定されている案件を集計・分析
調査対象条件:インフルエンサーPR案件
有効回答数:1,432件
調査期間:2020年1月~2020年11月末


影響力よりもリーチという言い分は単なるコスト都合

10万フォロワーを抱えるインフルエンサーへの投稿依頼が数十とか数百万とか「その単価はウォンですか」とか都度確認したくなるレベルのインフレ具合に、片手年数内には、ブログマーケ衰退を再現するだけと思いきや、パフォーマンスレベルの低下を、肝心の影響力からリーチ力に「変換」するズル賢さはサービス事業社の延命力やビジネス力を示しているようですが、単純に利用事業社側の「広告費に乏しい」というお恥ずかしい実態をオブラートに包むに最適な「言い分」だったりしますので、その投稿のほとんどは、実売に寄与することはないでしょう。




GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. インターネット広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    インターネット広告 動画広告は本当にアゲアゲのトレンドなのか

    メディアの王者たるTVの広告費を超えたとして、 インターネット広告 に…

  2. 消費者行動調査データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    消費者行動調査データ 2020年ネットショップの歩き方

    消費者行動調査データ が示すとおり、基本彼らはわがままであり、身勝手…

  3. エックスサーバー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    エックスサーバー 無料ECサービスで取引先ECCUBE制作会社に爆勝宣言

    エックスサーバー といえば、サイト制作者であれば誰もが知る高品質サー…

  4. 上場アパレル23社,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    上場アパレル23社 3月売上は9割が大幅減へ 緊急事態宣言の影響は不可避

    帝国データバンクより、 上場アパレル23社 の3月販売状況の分析が発表…

  5. ログインID決済,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    ログインID決済 自社ECに導入必至なお支払い四天王

    キャッシュレスの主戦場は、現金主義が横行する実店舗にありますが、ついに…

  6. ファッションショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ピンタレスト,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. ファッション検索トレンド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. インフルエンサーマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
PAGE TOP