個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

MAツール

個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドEC研究所

一斉配信メルマガで売れたあの頃が懐かしいですが、もう時代は後戻りしてくれません。個々別々に最適情報を最適時に最適導線で継続的に接触する、いわゆる「 個客対応 」がEC必須となった今、マーケティングオートメーションは導入するか否かではなく、いかに活用するかのスキームに突入したのです。


I miss those days when I was sold in the broadcast e-mail magazine, but the times will not turn back anymore. With the so-called “customer-specific” approach, in which ECs are required to continuously contact the optimal information individually with the optimal conductor at the optimal time, marketing automation enters into a scheme of how to utilize it, not whether to introduce it or not I did it.


マーケティングオートメーションというキーワードが脚光を浴びるようになってから4年以上が経っている。当初はその概念の斬新さが注目されたが、今では多くの企業が導入し、その活用を日常的に行い、成果の出し方に頭を悩ませているフェーズに来ている。そこで今回は、マーケティングオートメーションをeコマースのようなBtoCビジネスにおいてどのように活用して成果を出していくべきかを考えていく。



個客対応 MAをECで活用すべき理由

前後の境目は、スマホ・ソーシャル普及によるウェブ環境のパーソナライズ具合かと思いますが、マスメディア自体への接触時間が減少していることも、マーケティングそのものが変わってしまった要因ではないかと。

ビフォアー=マスマーケ=認知の高い商品の提供
アフター=1to1マーケ=特定客への満足度の提供

マスマーケでは「売ること自体がサービス」であったため、商品価値の理解は「質」よりも「量」の方が効果的だったと言えます。より多くの人が知っている商品を買う方が正しい、とね。

ネットによって情報発信者が劇的に増加したことで、自分にとっての正しい情報への価値が高まり、質そのものも個人に帰属するようになったのが、スマホで見てソーシャルで拡散する現代なのでしょう。

確かに全然別世界なので、マーケティグ手法もプロセスも変わるのが当然です。

蓄積した会員へメルマガ一斉配信すれば一定の売上が見込めた自体がもう遼か昔の話のようですが、少なくもLINEが普及するまでは、有効だったワケで、つい最近まで常套手段です。

ECにおけるマスマーケから1to1へのシフトはまだまだ「これから」って段階ですが、つい先日まで通常した施策が陳腐化するデジタル界隈においては、進化のスピードが速すぎるのも確かです。1to1への対応が遅ろかになればそれだけ機会損失をしていると言えるでしょう。

周回遅れではないがノンビりしている余裕もないってところでしょうか。


The boundary between the two is probably the personalization of the web environment due to the spread of smartphones and social media. However, the decrease in contact time with the mass media itself is also a factor that has changed marketing itself.

Before = Masmark = Providing products with high awareness
After-sales = 1 to 1 = Providing satisfaction to specific customers

In mass marketing, “selling itself was a service”, so it can be said that “quantity” was more effective than “quality” in understanding product value. It’s better to buy products that more people know.

The Internet has dramatically increased the number of information senders, increasing the value of the correct information for me, and the quality itself belongs to the individual, it is the time of social diffusion seen on smartphones .

Indeed, it’s a completely different world, so it’s no surprise that the marketing methods and processes will change.

It seems like a long time ago when the e-mail magazine was distributed to the accumulated members at the same time, a certain amount of sales could be expected, but until at least LINE became popular, it was a valid reason, and until recently it is a common practice.

The shift from mass marketing to 1to1 in EC is still in the “future” stage, but in the digital world, where measures usually taken until recently have become obsolete, the speed of evolution is certainly too fast. The slower the response to 1to1, the more opportunity loss.

Isn’t it a lap delay, but I can’t afford to be non-stop?


で、MAツールで何ができるワケさ?

顧客セグメントの細分化
年齢、性別、購買商品、閲覧行動などの「サイト内行動履歴」を取得・分析し、顧客セグメントを細分化し、メールやプッシュ通知、LINEやSMSなど複雑多岐化した接触チャンネルから、相手の好みや都合の良いタイミングで、情報やコンテンツを提供することができます。これを「手動でヤレ」とは相当酷というものですね。


Obtain and analyze “ history on the site ” such as age, gender, purchased products, browsing behavior, etc. Information and content can be provided at a convenient time. This is called “manual tearing”, which is quite severe.


施策の自動化
複雑細分化した顧客個々へのマーケティング活動や施策の実行は、気合いと根性と人海戦術でどうかするなどナンセンスなのです。個客対応によって、メール開封率が15%から40〜60%と劇的に増加、CVは1.5〜3倍など成果は上々に。
自動化に向けた設定自体は、サイト分析やシナリオの改善など踏むべきステップが存在しますが、改善チューニングが成果や結果に繋がりやすい分だけ、前向きに取り組めるというものです。


The execution of marketing activities and measures for each customer, which is complicated and subdivided, is nonsense, such as determination with spirit, guts and human tactics. The mail opening rate has increased dramatically from 15% to 40-60%, and the CV has been improved 1.5 to 3 times.
Although there are steps to be taken in the setting itself for automation, such as site analysis and scenario improvement, as much as improvement tuning can easily lead to results and results, we can work positively.


ツール連携
実は導入したツール毎にデータが異なるというのはよくある話で、ツールで成果を引き上げる為の運用業務と同時に、ツール導入成果を確認する為の検証業務において、それはバラバラになりがちです。他のツールの指標値と異なる場合、特に検証業務は混乱を極めて、せっかくのデータもツールも何が正しいのか憤怒のビーストと化すワケです。
ECにおいて重要となる会員や商品などのデータ分析や活用においては、Googleアナリティクスなどのようなトラッキング型よりも、データベース連携型の方が精度が高いのは当然なので、重要なデータに連携するソリューションは信頼性が何よりも大事なんですね。


In fact, it is often the case that data is different for each tool that has been introduced, and it tends to be scattered in the operation of improving the results with tools and the verification of checking the results of tool introduction. If it is different from the index values ​​of other tools, especially the verification work will be very confusing, and the data and tools will be a beast of anger at what is correct.
In data analysis and utilization of members and products that are important in EC, it is natural that the database linkage type has higher accuracy than the tracking type such as Google Analytics, so the solution to link important data is Reliability is more important than anything.


こんなMA運用はイヤだ!

1:解決すべき課題が見えていない
  面倒で見たくないというなら、その業務姿勢こそが課題です。

2:課題解決の優先順が適当
  出来ることだけコツコツやっても、それは後退を意味する場合も。

3:EC担当者だけの解決しようとする
  課題は会議室で云々、責任は分散した方が気がラクになりますが。

4:買ってくれる客と顧客像が剥離しすぎ
  ペルソナ設定で陥るワナです。机上の設定は上書きしていきましょう。

5:設計シナリオが妄想の域へ
  数人程度で考えたシナリオ構想に、数万人規模の行動が当てはまるワケがありません。
  大枠シナリオに対して、条件分岐を加えていく方が現実的です。

6:厳密すぎるデータ連邦共和国
  DB連携はその負荷も相当なモノで、連携過多はサイト運営自体に支障がでるというオチ。
連携ツールも厳選限定しないと潜在リスクを高めることに。

7:拘りが強すぎるブランドコンテンツ
  残念ながらコンテンツは質よりも量が相対的な正義です。
  頻度こそが品質の担保になりえるのです。だってメディア事業じゃないですよね。

8:業績改善まで自動化してくるという誤解
  導入したらすべての業務業績改善を自動的に行ってくれる魔法のツールではありません。
  使い手がいてこそ、魔法はかけられるのです。



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    Amazonキラー の本命 家賃要らずのFacebook Shopsが小売を変える

    短だったり入店制限だったりと利益確保が困難な店舗運営を強いられるアフタ…

  2. B2B取引,展示会,広報宣伝,検討トリガー,MAツール,メルマガ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    B2B取引 新規獲得機会は展示会よりもウェブマーケティングにあり | BCラボ ブランドEC研究所

    B2B取引 において、新たな取引先の獲得に欠かせないのが「展示会」へ…

  3. プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    チャットコマース

    プラットフォームチャット サスティナブルなお買い物体験のリアルへ

    ウェブ接客がEC必須となりつつある今、その会話を成立させる場所をどこに…

  4. アジアEC,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    グローバルEC

    アジアEC ショッピング体験ベスト&ワーストの愛想劇場

    世界のジョーシキ、ニッポンの非常識というズレはECでも同じようで、 ア…

  5. 越境EC実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    越境EC実態 インスタグラムが10代女子をグローバルに道標

    EC鎖国なジャパンの 越境EC実態 におかれましては、業者も消費者も言…

  6. チャット接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    チャット接客 CVも満足度も引き上げる応対のポイント

    ふと思いついた疑問が即座に解消されるとわかれば、購入に関わる障壁は取り…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. EC構築システム市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. メジャーソーシャル最新動向,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP