自社EC決済,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングトレンド

自社EC決済 導入すべきお支払い方法選手権

経済産業省発表の電子商取引に関する市場調査によれば、クレジットカード決済は66.1%の利用に留まり、EC決済の全てカバーできるものではないことがわかります。 自社EC決済 はクレジットカード決済と組み合わせて、機会損失防止にも複数の決済手段を整えておく必要があるのです。

ECの決済方法は多種多様です。各決済方法のメリットとデメリットを紹介し、あなたのECサイトに最適な方法な決済方法の選び方とポイントをご紹介いたします。

情報源: 【徹底解説】自社ECサイトで使うべき9つの決済手段 | ebisumart Media



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


ECで利用される代表的決済方法ランキング

1位:クレジットカード決済:66.1%
2位:コンビニ支払い:30.9%
3位:代金引換:26.9%
4位:口座振込:23.7%
5位:ネット・モバイルバンキング:12.4%
6位:キャリア決済:11.5%
7位:電子マネー決済:4.2%
8位:現金書留、小切手など:1.6%
9位:その他:1.0%

相変わらずクレカ決済がメインではありますが、唯一の手段というワケでもありません。

・個人情報リスクを避けるためクレジットカード情報の送信を控えたい
・多様な決済サービスの普及
・10代、20代のクレジットカード離れ

不正アクセスのリスクは今後も拡大し続けます。選ばれるECサイトとなるには、「結局クレカ決済しか使わないないでしょう」といって決済手段の多様性を否定するのではなく、つまるところ、顧客利便性の追求なのです。

自社EC決済 顧客属性と商材とのマッチング

顧客属性と決済方法のマッチング
・M1層 / 20-34歳 男性
 ◎ = クレカ決済、後払い、
 × = コンビニ支払い、海外決済ブランド

・F1層 / 20-34歳 女性
 ◎ = 後払い、キャリア決済
 × = コンビニ支払い、口座振込

・M2層 / 35-49歳 男性
 ◎ = クレカ決済、ID決済
 × = コンビニ支払い、キャリア決済

・F2層 / 35-49歳 女性
 ◎ = クレカ決済、ID決済
 × = キャリア決済、電子マネー

・M3層 / 50歳以上 男性
 ◎ = 代引き、コンビニ払い
 × = コンビニ支払い、キャリア決済

・F3層 / 50歳以上 女性
 ◎ = 代引き、コンビニ払い
 × = キャリア決済、電子マネー

・インバウンド
 ◎ = 海外決済ブランド、クレカ決済
 × = 他全部

商材と決済方法のマッチング
・衣料、服飾雑貨など
 ◎ = 後払い、クレカ決済
 × = 電子マネー、口座振込

・化粧品、医薬品
 ◎ = クレカ決済、後払い
 × = 電子マネー、口座振込、

・家電、AV機器、デジタル&周辺危機
 ◎ = クレカ決済、代引き
 × = コンビニ支払い、電子マネー、

導入すべきお支払い方法選手権

クレジットカード決済
手数料を嫌って客に現金払いを強いる都合勝手な実店舗と違って、ECにおいては、利便性が高く、最も普及しているお支払い手段ですね。ただし、こと不正利用などの事案と呼応してチャージバックのリスクは高まっているのも事実です。

クレジットカード多通貨決済
グローバルECなど海外ユーザー向けの決済手段。常に為替変動リスクがつきまといますが、ジャパンの市場とは10倍にも広がる可能性に目を背けたままというワケにもいきません。

代金引換
宅配業者が配送時に代金を回収してくれる通販黎明時代からの名残のように定着したサービスですが、再配達を強いられる温床としても「嫌われる」存在です。ユーザーからすれば、クレカカード情報などを登録する必要もなく、不正使用なのどリスク軽減手段ではありますが、手数料は高く、自宅というプライベートで逃げ場のない場所での支払い行為を歓迎する無邪気な女性も少ないでしょう。後払いサービスの普及によって、消滅しつつある手段かもしれません。

コンビニ払い
商品に同封された請求書を使って、コンビニで支払う方法。徒歩生活圏範囲にコンビニがあれば重宝しますが、移動に無理がある場合は積極的に選択する手段ではないとも。回収リスクがつきまとい、債権保証サービスも充実していますが、利用が増えて欲しい決済手段ではありませんね。ブラック率が最も高いのもこの決済手段ではあります。ただし、この後24時間店舗自体が減少する時流にあって、ラストワンマイル拠点にコンビニが相応しいかは疑問を残すのではないでしょうか。

キャリア決済
通信キャリアへの支払いに含まれるカタチで購買額が請求される方法。ガラケー時代からキャリアそのものが決済代行料をビジネスとしていたため、スマホ移行によって生じたキャリアサービス離れを補完するためのサービスとも。クレカが作れない未成年向けに、契約者である親での支払い管理を容易する都合もありますが、クレカ決済の1.2〜1.5倍もの手数料は考えものです。

PayPal決済
いわゆる海外決済ブランドですね、それも最大手の。英語圏ECユーザーの7割がアカウント登録しているともいわれるグローバルECには欠かせない決済ブランドです。銀行口座連携も可能で、クレカが不要なことから、日本でももっと登録者が増えてもおかしくないのです、その普及率の低さたるさ、やる気あるのでしょうかねPayPalは。

ID決済
AmazonPay、楽天Payなど、ショッピングモールへの登録IDを外部ECでも利用可能にしたのがID決済。今後の自社ECには導入不可避とも。このラインナップに、LINEPayやPayPayが並ぶにおいて、契約すべき決済代行社も絞られてくるとも。
キャリア決済ブランドを並立された柔軟性を持つソフトバンクペイメントで、楽天Payが導入できる日がID決済の夜明けかもしれません。

銀行決済 / 口座振替
公共料金並に信頼を得たサービスならいざ知らず、定期購入であっても銀行口座から定期引き落としsなどさせたくはありませんね、実際。わざわざこの支払い手段を選ぶユーザーにも疑念を抱かざるを得ません。

銀行決済 / 振込
通販時代から最も浸透した支払い手段。ATM機器の普及台数に伴い拡大しましたが、それももう昔の話。金融業界のリセッションによって、ATM支店さえも減少する今後、もっとも面倒で手間と移動と時間を強いられる支払い手段になるかもしれません。実店舗でのキャッシュレス支払いの普及、アフターコロナ下でのソーシャルディスタンスでも、行列を伴うサービスは廃れてゆくことでしょう。



機会損失の防止になるならと、あらゆる決済サービスを導入しようとも、「決済ブランド全部入り」のカートを実現するのは容易くありません。まずは、自社で利用しているEC構築システムで対応される決済事業者とそこが提供しているサービスの確認が必要です。
話題のPayPayを導入したくても、契約している決済代行社がソフトバンクペイメントでない場合は、先の対応を待つしかないのです。


GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. fsコマースクリエーター,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    fsコマースクリエーター スマホECが捗り平均124.65%の成長に貢献

    EC構築プラットフォームとして存在感を示すフューチャーショップ。スマホ…

  2. カート落ち.BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    カート落ちがアナタの過ちでないと確信される5つの理由 | BCラボ ブランドEC研究所

    安心してください、あの カート落ち も、その カート落ち も、運営担当…

  3. ECアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    ECアプリ が使われないワケが「 なんとなく 」な深刻具合

    あらゆるサイトはアプリに置き換わる予言も虚しく、スマホ社会が浸透しても…

  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選

    従課金制移行が着目されるLINE公式アカウント。顧客とのエンゲージメン…

  5. 越境EC実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    越境EC実態 インスタグラムが10代女子をグローバルに道標

    EC鎖国なジャパンの 越境EC実態 におかれましては、業者も消費者も言…

  6. 緊急事態宣言,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    緊急事態宣言下での物流プライド 感染抑制と自粛を支える

    緊急事態宣言 によって、行動自粛が浸透し、各種デリバリー業務が社会生活…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. バーチャサイズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. ECのアプリ化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. チャット決済,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. デジマのビジネス貢献度,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. MOJ(ものすごくオシャレな女子)笑,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
PAGE TOP