自社EC運営,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングトレンド

自社EC運営 それはビジネスを決めるマーケティングであり経営でもある

コロナによるECへの影響は、その利便性や社会性が、より多くの消費者に認識されたことでの「重要性」の増大にあります。もはや店舗売上不振の売上不足分の補填レベルの位置づけではなく、ブランドビジネスの中心的役割を担うことが、 自社EC運営 に求められているのです。

これからのEC市場では、単にチャネルを持つだけでオートマチックに売上が伸びる訳ではありません。あらゆる規模のチャネルがひしめく中で、適切な投資を行える環境なのであれば、有効的な手段といえるのが自社ECです。

情報源: ライバル多数参入のEC市場で再確認しておきたい「自社ECならではの強み」



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


自社ECを取り巻く環境

・国内EC市場は、2010年の約7.8兆円から2018年時点では約18兆円と、約2.3倍の規模に。
・伸長率で見ても、毎年概ね7〜10%の間で安定して推移。
・BtoCにおけるEC化率は2018年時点で6.22%
・EC化率は、平均で毎年伸長率10%程度で順調に伸びている

「ECの存在はマストとなり、実店舗の売上は、ECチャネルもしっかりと整備されている企業がパイを多く取る」ということになると。そう、大小規模入り混じった群雄割拠のカオスがモバイルという小さなスクリーン上を中心に、24時間臨戦体制で繰り広げられるのです。

自社EC運用にはあらゆるマーケティングエッセンスが詰め込まれている

・「便利だから」とか「安いから」といった即物的な理由を乗り越えて、ECでも実店舗でも自社の商品を繰り返し購入してくれるようなお客様を増やしていく点で、自社ECは無視できないチャネルとなった。
・魅力的な自社ECの有無が顧客ファン化の要
・自社ECはいわばオンライン上の「フラッグシップショップ」
・そこを訪れる理由1:利便性
 使いやすいUI
 少ないクリック数で決済が完了できるシンプルさ
 クリックアンドコレクトの選択
 購買すればするほど増えるインセンティブ
・そこを訪れる理由2:世界観
 商品の裏側にあるストーリー
 ブランドを形成するカルチャーや周辺情報
 買い物をするつもりがなくても訪れてしまうコンテンツがあることが理想的
・利便性と世界観、この両輪が揃って“オンライン上のフラッグシップショップ”足り得る自社ECとなる。
・自社の商品をどう販売していくか、という全てに関わってくる類のプロジェクトであり、それはすなわちマーケティングそのものである。
・自社のビジネスの在り方を決めるマーケティングである
・意思決定には経営者による明確なディレクションが必要

自社EC運用のフレームワーク

SWOT分析
自社の強み(Strengt)
弱み(Weakness)
外部環境におけるポジティブな機会(Opportunity)
脅威(Threat)
を洗い出し、客観的に把握するための、最も基本的な分析フレームワーク。

PEST分析
Poritics(政治)
Economics(経済)
Sciety(社会)
Technology(テクノロジー)
に着目し、外部環境をさらに細かくブレイクダウンして分析するためのフレームワーク。

5Force分析
「売り手」
「買い手」
「新規参入者」
「代替サービス」
「競合他社」
に着目し、外部環境をさらに細かくブレイクダウンして分析するためのフレームワーク。

クロスSWOT分析
SWOTを用いて導き出した分析結果をマトリクスに落とし込んで経営方針の策定に活用するためのフレームワーク。
4象限それぞれのマス目を埋めることで、定めた市場において全方位的に具体的な方針を生み出す一助となります。

アマゾフの成長マトリクス
この4象限は、「市場」と「商品・サービス」をそれぞれ「既存」と「新規」に分けて、自社の事業がどのような戦略を取るのかを把握するためのもの。
既存商品×既存市場なら「市場浸透戦略」
既存商品×新規市場なら「新市場開拓戦略」
新規商品×既存市場なら「新商品開拓戦略」
新規商品×新規市場なら「多角化戦略」
と捉えることができます。構築しようとしている自社ECで扱うべき商品、狙いたいターゲット層を当てはめれば、構築しようとしている自社ECのポジショニングが可視化できるため、それを念頭に置きつつ、検討を進めることができます。



自社ECの運営には時代が求めるあらゆるマーケティングエッセンスが詰め込まれており、売上に直結しているだけに、それ自体が経営そのものといえるでしょう。では、その運営を「他社に委託代行してお任せ」という選択が、経営放棄そのものであることはお気づきであるとは思いますが、あらゆるマーケティングスキルを自社スタッフだけでまかなおうというものナンセンスです。
求める結果を手に入れるための最短手段に、そのスキルの習得が並行しない限りにおいて、何を託して何を育てるかの、選択と集中こそが経営センスなのかもしれません。


GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. コマーストレンド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    コマーストレンド

    コマーストレンド D2Cの盟主Shopifyが予測する日本のECシーン新潮流

    「イケてるD2CならShopifyを使わなきゃ」とか本質とはズレた認識…

  2. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    動画広告

    ライブコマース これも接客術 配信前に知っておくべき3つのポイント

    中華の小売トレンドでもある ライブコマース 。ヤフーショッピングでさえ…

  3. 越境ECのPayPal,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    越境ECのPayPal ジャパンの片隅で開国を宣言す | EC CUBE DAY 2019

    EC CUBE向けプラグインを提供したことで、ジャパンの自社ECサイト…

  4. ファッションテック,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 接客テクノロジー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    個客志向の 接客テクノロジー パーソナライズがモバイルECを切り開く

    アパレル界隈に欠かせない投資はファッションテックであり、その恩恵はモバ…

  6. MAツール調査レポート,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    MAツール調査レポート マーケティングの 「個客シフト」を浮き彫りに

    顧客というマス的なマーケティング思考から、個客というパーソナルにシフト…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. インスタ検索最適化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. ニューノーマルコマース,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ECトレンド予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC市場予測,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP