背徳のインスタグラム,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

ソーシャルコマース

背徳のインスタグラム 矢継ぎ機能アップはマネタイズへのタグ付け

創業時の主要メンバーを追い出して以降、マネタイズ体制を加速させてゆくインスタグラム。広告配信は無論、あらゆる投稿にショッピング機能を付与させるなどのスキのなさは、ソーシャルコマースという新たなEC領域の将来的有益性を証明するようなもので、それだけ投資価値は揺るがないと言えます。 背徳のインスタグラム がコマースの未来を切り開く。


10月の主要SNSニュースまとめ!ショッピング投稿を広告として配信する機能が全世界で開始!



背徳のインスタグタム ショッピング投稿を広告として配信機能をすべてのビジネスアカウントに解放

未来を見通したかのような視点からして、ショッピング投稿機能開始以降のインスタグタムは破竹の勢いで、「オシャレソーシャル」を「ビジュアルショッピングモール」に変質してゆきます。

ついにショッピング投稿そのものの広告配信を可能にし、全ビジネスアカウントへ機能解放を宣言しました。世界で最もショッピング機能を満喫しているのがやパンのユーザーたちのようで、インスタ国内ユーザーの80%、実に2,600万人がインスタ上で商品やサービスに出会い、購入に至っているという状況です。

ECサイトにとって重要な導線となることは間違いありません。えっインスタ経由で流入していない?売れない? それはフォロワー数やエンゲージメントがそがどうのというより、企業活動自体の自社情報力の決定的な欠如を露呈しているのです。


アラハタ女子の8割、遊ぶ場所はインスタで検索

インスタ女子たちの検索ツールがインスタになるのはある意味ナチュラルなことですが、こと日本でのハッシュタグ検索はグローバルの3倍もの頻度であり、検索の唯一神であるGoogleは不動としても、その価値と影響力は世代間格差を生じ始めているようです。

若年層の女性にとって、検索ツールとしてもはや当たり前に利用されているInstagramですが、例えば食べログやWEARなど、検索エンジン経由で閲覧される大手の情報メディアから、Instagram内の検索に移行していることが調査結果から判断できます。

ターゲット次第では「インスタで見つからないアイテムはこの世には存在しない」と同義となり、購入検討から除外されることは間違いありません。片手間で投稿して「とりあえずやってます」程度な、その他のソーシャルとは全く異なる向き合い方が必要といえるでしょう。


背徳のインスタグラム インスタがマネタイズに躍起になるほどECには追い風

そのための機能強化はもちろん、使い勝手や発見のしやすさなど様々なアップデートが繰り返され、快適なショッピングフィールドとなることは当然の帰結といえます。

対抗馬であるPinterestの存在感とその資本に楽天が入っていることの認識が同じ薄さである限りにおいて、グローバルでも国内市場でも、自社展開たるブランドECにおける最重要導線が、インスタグラムであることは変わりがありません。

モバイル決済市場でのIDの奪い合いは、LINEの活況と必要性を高めることは間違いありませんが、市場を国内だけにしておくのが錯誤な今、世界で売ることを意識したサイト運用とブランド構築に、インスタグラムほど好都合をプラットフォームはありません。

縮小傾向な国内市場にあって、様々な業種が不況下と構造変化に晒されますが、アパレルほどラッキーな業界は見当たらないのかも知れません。だって、最もインスタグラムと親和性の高い業界ですよ。ブランドのアカウント開設は、それすなわち「世界デビュー」なのですから。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  3. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  4. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  5. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…

関連記事

  1. ソーシャルコマース,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    ソーシャルコマースのメインステージ LINEとインスタは新機軸へ | 4月第3週 トピックスまとめ

    新料金体系にシフトしたLINE、ソーシャルの軸ともいえる「いいね」のカ…

  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドEC研究所

    一斉配信メルマガで売れたあの頃が懐かしいですが、もう時代は後戻りしてく…

  3. ウェブ接客,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    COMMERCE TREND

    ウェブ接客はEC標準装備化へ パーソナライズ対応待ったなし | BCラボ ブランドEC研究所

    「いらっしゃいませ!」から始まる接客も、リアルでは常識としてもECでは…

  4. チャットコマース,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    デジタルソリューション傑作選

    【ソリューション傑作選】チャットコマースを切り開く会話広告fanp

    「2019年のECリアルトレンド」でも掲げた チャットコマース 。LI…

  5. LINEcheckout,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    ソーシャルコマース

    LINEcheckout 爆誕!EC担当者が知っておくべきID決済トレンド

    偶発的に訪れたサイトでのお買い物ですが、やはり氏名や住所、ログインのI…

  6. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    COMMERCE TREND

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選

    従課金制移行が着目されるLINE公式アカウント。顧客とのエンゲージメン…




人気記事

  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. インバウンドビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. SNS Marketing,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. スマホだけ民,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. チャットコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    COMMERCE TREND

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
PAGE TOP