シニアのスマホ利用実態,https非対応サイト ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

マーケティングトレンド

https非対応サイト にGoogle様 怒りの鉄槌 | BCラボ ブランドEC研究所

ウェブの神たるGoogleの裁定は絶対なのです。そして神は「サイトのセキュリティを俺様が決めた通り実行しやがれ」とお告げされました。この神様、それほど気長な性格ではないので、 悠長でダラダラと呑気な https非対応サイト には、裁きを下されることでしょう。


The ruling of Google, the god of the web, is absolute. And God said, “Do the security of the site as I have decided.” Since this god is not so durable, you will be judged on a long and sloppy and non-https-compatible site.


キーワードの選定やコンテンツ対策など、さまざまな施策が考えられるSEO。これをやれば確実に上位表示されるという正解がないだけに、マーケターの皆さんは日々頭を悩ませているのではないでしょうか。
こうしたSEO施策の一つとして、近年注目されるようになってきたのがサイトのHTTPS化です。導入することでサイトはどのように変わるのでしょうか。SEO面でのメリットや実装時の注意点などをまとめてご紹介します。

情報源: GoogleがSEOでの優遇を明言!HTTPS導入のメリットと実装における注意点 :: 株式会社イノーバ


ウェブにおける全知全能の神はGoogleであり、唯一神として絶対的な正義を掲げた存在です。その正義は「ウェブにおける情報伝達の最善最良化」であり、検索エンジンの改善はそのプロセスの一端に過ぎません。

昨年末に行われたいわゆる「健康アップデート」において、不適切で事実性の乏しい不確実な情報を掲載する「医療関連」や「健康食品関連」のサイトの検索順位を軒並み大幅に下落させました。待ったなしの問答無用です。

順位が下げられたサイトの多くは、アフィリエイトサイトだったり、いわゆるキュレーションサイトだったりと、社会的に問題となったDeNA問題へのGoogleなりの「回答」であり、それは「神の鉄槌」でもあります。

ウェブの神たるGoogleの決断は、それがクロであろうがグレーであろうか潔白のシロであろうが、神が下した裁定が「クロ」といったら「クロ」なのです。

そして神は「サイトのセキュリティを俺様が決めた通り実行しやがれ」とお告げされました。期限設定はされていませんが、このお神はそれほど気長な性格ではないので、下界の我々に残された時間は僅かといっていいでしょう。


The omnipotent god of the web is Google, the only god who has absolute justice. Its justice is “optimizing the best way to communicate on the web”, and improving search engines is only one part of the process.

In the so-called “health update” held at the end of last year, the search ranking of “medical related” and “health food related” sites that post inappropriate, less factual and uncertain information has dropped significantly across the board . No need to wait and answer.

Many of the sites whose ranks were lowered are affiliate sites, so-called curation sites, etc., Google’s “ answer ” to the socially problematic DeNA problem, even if it is “ God’s hammer ” There is.

The decision of Google, the god of the web, whether it is black, gray, or innocent white, is “kuro” if the ruling God gave is “black”.

And God said, “Do the security of the site as I have decided.” There is no time limit, but since this god is not so durable, we have little time left for us in the lower bounds.




あらゆるサイトのあらゆるページのHTTPS化

 HTTPS化? 簡単に言えば@「サイト通信の暗号化」であり、一定レベルのセキュリティが保持された状態を示します。確認方法はURLの「http://〜」が「https://〜」と表示されますし、クロームブラウザでアクセス・表示すれば、ブラウザのアドレスバーに「保護された通信」いう文字と「鍵アイコン」が表示されます。異なる場合は「保護されていない通信」と「?」が表示され、利用者にもわかりやすく判断されます。

ことECサイトにおいては、近年の「不正アクセス発覚」は日常的化しつつあり、それによる被害額は少ないとしても、事業社としての信頼は著しく低下することは間逃れません。

以前は「入力フォームページ」などの重要なページのみの実行で「望ましい」としていましたが、すべてのページの「セキュア化」は必須であり、知らなかった、わからない、別に影響はないでしょうと「舐めた真似」をすると、最悪サイト存在そのものを検索結果に表示しない「抹消」ぐらいの措置はしかねません。

Googleは破壊神ではなく「全王様」なのです。


HTTPS? Simply put, it is “encryption of site communication”, which means that a certain level of security is maintained. As for the confirmation method, the URL “http: // ~” is displayed as “https: // ~”, and if you access and display it with a chrome browser, the word “protected communication” and ” Key icon “is displayed. If they are different, “Unprotected communication” and “?” Are displayed, and the user can easily determine.

In recent years, on the EC site, recent “unauthorized access detection” is becoming commonplace, and even if the damage amount is small, the trust as a business company will not be reduced significantly.

Previously, only important pages such as “input form page” were executed as “desirable”, but “secure” of all pages is essential, and it was not known, unknown, or otherwise affected If you imitate a lick, you may be able to do something like “delete” that does not display the worst site itself in search results.

Google is not the God of Destruction, but the King.


https非対応サイト の事情 コストと業者の一部対応姿勢

 HTTP化を実行するには、利用サーバーでの「SSLサーバー証明書」の発行が必要となります。発行にはコストが発生し、サーバー種類やSSL強度によっても色々ですが、年間数千円から数十万円と決して安くはありません。それも「年間」ですから「更新」が必要です。
このコストの不透明さが対応を躊躇させていた要因でもありますが、もう待ったなしです。
 
 さらにやっかいなのが、どうゆうわけか「サイトの一部」だけ対応で、その一部がトップページだけという、ある意味面倒な状態となっているサイトも散見されます。無論、これでは神の裁きが下る対象です。ここは面倒ですが、すべてのページをキチンと閲覧チェックすることを推奨致します。

 HTTPS化は、サーバー証明書の発行やリダイレクト設定、内部リンクの修正など、思った以上に手間と時間が掛かります。サイト規模や構築環境にもよっても、移行コストや時間は異なりますでの、ご不安の場合は、ご契約のサイト制作会社やサーバー社などにお問い合わせしてみると良いでしょう。

 弊社でも「無料サイト診断」で、HTTPS化の全ページチェックを実施しています。
お申込みは下記URLのフォームからどうぞ。
キチンとHTTPS化してますよ。


To execute HTTP conversion, it is necessary to issue an “SSL server certificate” on the use server. Issuance costs money and varies depending on the type of server and SSL strength, but it is not cheap at several thousand yen to several hundred thousand yen per year. Since it is also “yearly”, “update” is necessary.
The uncertainty of this cost was a factor that kept us from responding, but we have no choice but to wait.

Even more troublesome is that some parts of the site are only part of the site, and some of them are only the top page. Of course, this is the subject of God’s judgment. This is a hassle, but we recommend that you check all pages carefully.

Making HTTPS requires more time and effort than expected, such as issuing server certificates, setting redirects, and modifying internal links. The migration cost and time will vary depending on the site size and environment, so if you have any concerns, you may want to contact your contracted site production company or server company.

で も In our “free site diagnosis”, we carry out all pages of HTTPS conversion.
Please apply from the form of the following URL.
I’m making HTTPS with Chitin.




AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    不正アクセスと情報漏洩 ヤマダとコジマを襲った異なる手口とリスク | BCラボ ブランドEC研究所

    不正アクセスと情報漏洩 ニュースの常習化は、その重大性が麻痺するほどに…

  2. LINE配信,LINE公式アカウント活用,LINE機能,売上拡大,集客,販売促進,基本機能,便利機能,オプション機能,メッセージ配信,通知メッセージ,LINE Official Account Manager,Messaging API, BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

    LINEマーケティング

    LINE配信 今知っておくべきメッセージ機能のキホン

    何も考えず一斉配信の方がお手軽お気楽であるのは間違いありませんが、無料…

  3. 令和のEC市場,2018年EC市場,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    令和のEC市場 ターニングポイントEC化率10%への攻防は長期戦へ | BCラボ ブランドEC研究所…

    平成という時代がついに拭えなかった「不況」「市場縮小」という構造変化は…

  4. スマホだけ民,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    モールも動画もシニアも あらゆるサービスを支える「 スマホだけ民 」

    メジャーモールも動画もシニア向けも、あらゆるサービスがスマホファースト…

  5. 小売テックトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    音声検索

    小売テックトレンド プラットフォームで生きる潔さを身に付けよ

    モバイルスクリーンで展開されるアプリは、あらゆるサービスの入り口として…

  6. 巣ごもり消費,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    巣ごもり消費 今そこにある休眠客というお宝を掘り起こすのだ

    残念ながら、一度習慣性を失った消費行動を取り戻すことは容易ではありませ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 給付金10万円,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. EC対実店舗,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  2. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP